準々決勝第3戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エピローグ

シーダ「ここまで、か…」
サラ「……ねえ、なんであなたはそんなに頑張れるの?」
シーダ「大切な人のためよ」
サラ「…この試合で勝つことが、そのひとのためなの?」
シーダ「それはわからないわ。でも、今の私が出来る事を精一杯やったの。結果は残念だったけれど…それを誇りに思えるわ」
サラ「それがあなたの強さ…そして幸せ…」
シーダ「ありがとう、サラ」
サラ「…うん」
シーダ「私には貴女みたいな不思議な力はないけれど、それでも貴女が私の事を気にかけてくれるとっても優しい子だってわかるわ。
   だからね、貴女にもきっと幸せな未来があるわ。こんな優しい子が幸せになれないはずないもの!」
サラ「シーダ…、ありがとう」

シーダお疲れ様!!支援人さん方お疲れ様!!!

(文・本スレ6-626様)

戦評

(募集予定)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル