カレン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カレン

イラスト募集中。 詳しくは第二投票所の名鑑スレへ。

データ

  • 大陸:ユグドラル
    • 登場作品:聖戦の系譜(第2部)
    • 国籍:イザーク王国
  • ユニット:NPC

戦歴

  • FETS最萌‥不出場
  • 真FE最萌‥予選敗退(7組・11位/1票)
  • FE最萌2010‥予選敗退(11組・15位タイ/0票)

リンク


人物紹介

クラスは無しの味方NPC。ディムナの幼馴染。子供の頃は毎日ディムナを泣かせてたらしい。追撃持ちをやり込めるとは、何気なく強いなカレンさん!

なお、ここでのディムナのセリフは、けっこう秀逸。
うん、セリス様が帝国の支配から
世界を解放するために立ち上がられて
それでぼくも参加させてもらってるんだ
ディムナには「戦わされている」という意識は無い。きっかけはセリスであったとしても、あくまで自分の意思で武器を取ったんだ。庶民ながらそんな意識を持ち、「カレンや世界の皆が平和に暮らせるようになるため、もっと強くなるよ」とまで言い切るかつての弱虫を見て、カレンさんの胸にどんな想いが去来したんだろう。

初恋の思い出かもしれないし、戦えない自分に対する悲しみかもしれないし、それとも……。とにかくそんな思いに駆られ、彼女は母の形見のネックレスをディムナに託すのだ。ディムナはきっと返しに来るといって、出撃していった。それを明るく見送った後、「ディムナ……」と呟くカレンさんの表情は切ない。

ちなみにネックレスの効果は力+5。聖戦のパラメータは半分くらい兵種依存であり、個人持ちの能力は15ポイントしかないことを考えると、その1/3を一気に埋めるネックレスの効果はすさまじい。いや、ネックレスではなく、カレンの想いがそうさせたのだろうか?

前々回は最萌未登場。前回は予選1票で敗退。歴史に名前も残さないであろう彼女だから、これは仕方が無いのだろうか。

いや、だがしかし。庶民たちには血の加護は無いけれど、互いの想いが互いを守ってくれる。その力は聖戦士にだって負けはしない。そう思わせてくれたカレンさんに、どうか投票してあげて欲しい。

(文・準備スレ252様)

コメント欄

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。