※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前: 鈴木三流
性別: 女
学年: 3
所属1(勢力): 妃芽薗学園(外部勢力)
所属2(部活・委員会): SLGの会


●基礎ステータス(合計15 各1~6)
心【3】技【2】体【4】知【3】魅【3】


●FSLV(初期経験値50)
(LV1~2は取得経験値5 3~4は経験値10 5~6は経験値20 7~8は30)
直感FS『FS名』【0】 (+心【3】+2D6で直感判定)
技術FS『FS名』【0】 (+技【2】+2D6で器用度判定)
肉体FS『FS名』【5】 (+体【4】+2D6で力判定)
情報FS『FS名』【0】 (+知【3】+2D6で知識判定)
交渉FS『FS名』【0】 (+魅【3】+2D6で交渉判定)
中二FS『FS名』【0】 (÷3=【1】(端数切捨)判定ボーナス 狂気・死亡↑)


魔人LV【5】(もっともレベルの高いFSの数字が魔人LVになる)


(体【4】+肉体FS【5】+魔人レベル【5】)×4=HP【56】
武器攻撃力【8】+体【4】+肉体FS【5】=基礎攻撃力【17】
技術FS【0】=追加ダメージダイス数【0】
防具防御力【2】+肉体FS【5】=基礎防御力【7】
技【2】+直感FS【0】-3=回避【-1】


特殊能力名『SLGの会』
効果範囲:【10】m(中)(能力射程距離 GKが目安として戦闘中は近・中・遠に分けます)
能力内容: SLGっぽい人にSLGだと告げる。SLGをバカにしている魔人はショックを受けると思う。その隙に攻撃とかできる。相手の能力内容を知らないと使えない。鈴木は誰に対してもSLG認定するので、誰に対してもつかえる。
能力原理:
●SLG指定能力者を見極める能力
●能力を使用するには以下の条件を満たす必要がある
1:対象を目視する
2:対象の魔人能力について知る
3:対象がSLG指定能力者である確証を得る

GK注)隙をつけるのは一瞬です


能力レベル【2】(能力の強さ GKが設定します これの2倍が能力コストになります)
能力コスト【4】×1D6(能力使用時に上昇する 死亡率と狂気のダイスの数) 
中二FS【0】(能力コストダイスを数値個数、軽減する事ができます)
制御知力【3】(能力を使うために必要な知力 GKが設定します 足りない知力×40%で能力が暴走します)




キャラ説:
●SLG指定能力者。鈴木 三流(すずきみりゅう)。
『SLGの会』創設者にして会長。
EFB指定能力があるのなら、その逆もあるのだろうか。と考えたことがきっかけで魔人に覚醒した。
SLG指定魔人の社会的地位向上を目指し、SLGの会を設立した。

●妃芽薗学園3年生。
中性的な顔立ち。ひそかに下級生に人気がある。
基本的に真面目。中二的なことはよくわからない。
魔人に覚醒したことにより、身体能力が異常に強化された。
さらに多くの部活にスケットとして参加しており、真面目にこなすためか、
魔人のなかでも優れた身体能力を発揮できる。



所持金:【0】円(初期所持金5000円)


武器名『SLGの会の槍』レベル【0】+重量【8】=武器攻撃力【8】
防具名『妃芽薗制服』レベル【0】+重量【2】=防具防御力【2】
持ち物(8個まで):
『   』『   』『   』『   』
『   』『   』『   』『   』



経歴・賞罰
特になし