DragonSlayers 1st Wiki アンタラス
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンタラス

 ここでは、アンタラスの能力や攻撃方法などに関して記述していきます。
 アンタラスはある一定のダメージを受けることにより地面に潜り、それを2回行った後にようやく倒すことが出来ます。その為、最初が第一段階、1回潜った後を第二段階、二階潜ったあとを第三段階として説明します。

アンタラスの能力

 アンタラスのデータに関して公表されているデータは、KRとJPでは違います。その為、幻影のアンタラスからの情報が重要になってくるのですが、KRとJPでのHP差と幻影のアンタラスの耐久性を考えると、JP版アンタラスはHPRに特化している可能性があります(テーベボスタイプ)。
 また、ACに関して90と公表されていますが、第一段階でのアンタラスのACは65~70と考えられます(実際の命中率より計算)。
 属性耐性に関しては、プレイフォーラムの武器属性の効果より求めています(ダメージ2になる耐性は41-62)。JP版とは違いますが、恐らく同じだと思われます。
アンタラス(KR版) アンタラス(JP版)
レベル 80 レベル 80
HP 84,000 HP 30,000
MP 12,000 MP 5,000
AC - AC 90
MR - MR 50
属性耐性(火) 0 属性耐性(火) -
属性耐性(水) 50 属性耐性(水) -
属性耐性(土) 100 属性耐性(土) -
属性耐性(風) 50 属性耐性(風) -
サイズ 大型 サイズ 大型

幻影のアンタラスに関して

 イベントで出現した幻影のアンタラスに関して、GMが直接本物と同じといっていること、竜言語が第三段階のものしか使用しなかったことから、以下の予測が立ちます。
  • 第一状態と第二状態アンタラスを出すと潜ってしまうため、倒せる第三段階アンタラスを使用した。
  • 本物とHPを同じにするため、第三段階アンタラスのHPを第一状態と第二状態と第三状態のアンタラスの合計とした。
 よって、幻影アンタラスはHPがかなり高い第三状態のアンタラスと予想されます。またそこから、竜言語の使用するタイミングに関してある程度HPが減少しないと使用しないのではないかという予測が立ちます。

アンタラスの登場と復帰に掛かる時間

 第一段階では2分(会話イベントの後に登場)、第二段階以降では完全に潜ってから約50秒から復帰します。
 ですが通常の敵と同じように、全ての段階においてプレイヤーが身近にいなければ動きません。
 画面沸きをするため、登場時間帯になった場合注意してください。また画面沸きを下場合に、左上のプレイヤーをターゲットに取りやすいみたいです。

アンタラスの命中率

 おおきくなりません 様の命中率の計算で求めています。

基本攻撃パターン

 基本行動パターンは鉤爪、イラプションブレス、呼寄せ、マナドレインの四種類、竜言語による複合攻撃になります。

左右の鉤爪

 1-7セルの左方面範囲攻撃と右方面範囲攻撃の二種類あります。ですが正面方向の1セルに関しては左右両方当たらない箇所があるみたいです。
 威力は500前後ぐらい。

イラプション ブレス

 イラプションと同じような地属性の魔法で、対象は完全にランダムな上射程は全画面です。
 魔法なのでカウンター マジックが有効で、地属性ダメージなので地属性レジストでダメージが軽減できます。
 カウンター ミラーも有効かもしれませんがInt23程度では反射できませんでした。
 1,000前後のダメージを受けます(地レジスト0、MR100、I2H無し)。
 サイレンスで封じることが出来ます。

マナ ドレイン

 300近いMPが吸収されます。
 サイレンスで封じることが出来ます。

呼寄せ

 アンタラスの付近へ対象者をテレポートさせます。

竜言語 追加行動パターン

 特定の攻撃パターンの組合せを行う宣言です。
 竜言語で組み合わさるのは上記鉤爪攻撃に加えて以下の物が追加されます。
 また、ダメージ等は同じ行動でも竜言語によって変わるため、注意してください。

広範囲ショックスタン

 アンタラスを基点とした6セルの範囲に対してショックスタンを行います。

プレス

 ターゲットを基点とした範囲攻撃で、組み合わさる竜言語により効果範囲とダメージが変ります。
 属性物理攻撃(ダメージ計算は地属性魔法扱いですが、命中判定が物理)でACが高ければ回避できる事があり(MD:スパルトイ等の回避も可能)、地レジストでダメージを軽減することが出来ます。

ダーク メテオ

 組み合わさる竜言語により、範囲とダメージが変る攻撃です。
 詳しい基点や範囲に関しては現在不明です。
 地属性魔法で、属性レジストによりダメージを軽減でき、カウンター・マジックで無効化することが出来ます。
 サイレンスで封じることが出来ます。

毒ブレス

 毒効果を持った範囲ブレスです。
 毒効果は麻痺かダメージのどちらかで、ダメージは不明です。
 麻痺になるまでの秒数がかなり短いので注意してください。

キャンセレーション(単体、範囲)

 単体の場合は現在ターゲットとなっている対象に、範囲の場合はアンタラスを基点として範囲(組合わせる言語によって広さが変ります)にキャンセレーションを行います。
 また範囲内にもかかわらずキャンセレーションが掛かっていないところを見ると魔法扱いでMRが高ければ無効化できるかもしれません。
 カウンター・マジックで無効化できると思われます(カウンター・マジックの発動エフェクトが発生しないが、使用時にはかからない)。
 サイレンスで封じることが出来ます。

広範囲位置入換

 広範囲のプレイヤーの位置を変更します。
 この動作が組み合わさった場合、アイス ランスでアンタラスを凍結し、再布陣しなおしてください。
 サイレンスで封じることが出来るかもしれません?(要調査)。

ウェポン ブレイク

 単体に対して使用してきます。
 サイレンスで封じることが出来ます(行動自体しなくなる?)。

ユニ ドラゴン召還

 ユニ ドラゴンを召還します。

尻尾

 アンタラスを基点とした中範囲の物理攻撃で、1600前後(I2H無し)のダメージを受けます。
 詳しい範囲に関しては現在不明です。

竜言語の種類

 竜言語で行われる攻撃のうち、プレスと落盤に関しては耐えられない攻撃として考えます。よってそれらの行動が組み合わせれる竜言語を特別に安息竜言語と呼びます(以下赤文字のものが安息竜言語に当たります)。
 竜言語は以下のものがあり、それぞれ使用しはじめる段階があります。
  • 第一段階
    • オーブモーク!リラフ・・・
    • オーブモーク!ルオタ・・・
    • オーブモーク!ケネシ・・・
    • オーブモーク!ケネシ(強化)・・・
    • オーブモーク!ティセトル・・・
  • 第二段階
    • オーブモーク!ティギロ・・・
    • オーブモーク!リラフ・・・
    • オーブモーク!ケネシ(強化)・・・
    • オーブモーク!ケンティギル・・・
    • オーブモーク!ケンティギロ・・・
    • オーブモーク!ミューズサム・・・
    • オーブモーク!ミューズシム・・・
  • 第三段階
    • オーブモーク!セイララフ・・・
    • オーブモーク!ケンティギル・・・
    • オーブモーク!ケンロウ・・・
    • オーブモーク!ティフサム・・・
    • オーブモーク!ティフシム・・・
    • オーブモーク!ナッツサム・・・
    • オーブモーク!ナッツシム・・・
  • 未確認
    • オーブモーク!ケンルウ・・・

オーブモーク!リラフ・・・

 ウェポン ブレイク ⇒ 毒ブレス(麻痺?)

オーブモーク!ルオタ・・・

 毒ブレス(ダメージ)⇒ 毒ブレス(麻痺)

オーブモーク!ケネシ・・・

 キャンセレーション(単) ⇒ 右爪 ⇒ 毒ブレス(麻痺)⇒ 左爪

オーブモーク!ケネシ(強化)・・・

 キャンセレーション(単) ⇒ 右爪 ⇒ 毒ブレス(麻痺)⇒ 左爪 ⇒ 尻尾

オーブモーク!ティセトル・・・

 広範囲位置入換 ⇒ ユニ ドラゴン召還

オーブモーク!ミューズサム・・・

 キャンセレーション(狭) ⇒ 広範囲スタン ⇒ プレス(狭)

オーブモーク!ミューズシム・・・

 キャンセレーション(広) ⇒ 毒ブレス(麻痺) ⇒ プレス(広)

オーブモーク!セイララフ・・・

 ウェポン ブレイク ⇒ 毒ブレス(麻痺)⇒ 尻尾

オーブモーク!ティフサム・・・

 キャンセレーション(狭) ⇒ 広範囲スタン ⇒ プレス(狭) ⇒ ダーク メテオ(狭)

オーブモーク!ティフシム・・・

 キャンセレーション(広) ⇒ 毒ブレス(麻痺) ⇒ プレス(広) ⇒ ダーク メテオ(広)

オーブモーク!ナッツサム・・・

 キャンセレーション(狭) ⇒ 広範囲スタン ⇒ ダーク メテオ(狭)

オーブモーク!ナッツシム・・・

 キャンセレーション(広) ⇒ 毒ブレス(麻痺) ⇒ ダーク メテオ(広)

以下転載(未編集)

ティフサム … キャンセ(狭) → スタン → ダメージ(極高/カンタマ貫通)

ティフシム … キャンセ(広) → ダメージ(イム可能/カンタマ貫通) → ダメージ(イム可能/カンタマ可能/範囲狭)

ミューズサム … キャンセ(狭) → スタン → ダメージ(高/カンタマ貫通)

ミューズシム … 使用頻度が非常に低く検証不能。

ナッツサム … キャンセ(狭) → スタン → ダメージ(微高/カンタマ貫通)

ナッツシム … ティフシムと全く同じでダメージが低く、イムを貫通しません。

ケネシ … キャンセ(範囲普通/確率低) → ブレス(麻痺毒付き/ダメージ1000/イム可能/カンタマ貫通)、ほとんどブラフにならない。

ルオタ … 床に毒撒き → ブレス(麻痺毒付き/ダメージ900/イム可能)

リオタ … ルオタ類似。高確率で何もしない。

ララプ … WB(確率低) → ブレス(麻痺毒付き/ダメージ900/イム可能)

リラフ … ララプ類似。高確率で何もしない。

セイララフ … ブレス(麻痺毒付き/ダメージ900)半々くらいの確率で何もしない。

セイリラフ … 高確率で何もしない。

ケンロウ … 高確率で何もしない。

ケンルウ … 高確率で何もしない。

ティギロ … 高確率で何もしない。

ティギル … 高確率で何もしない。

ケンティギロ … 高確率で何もしない。

ケンティギル … 高確率で何もしない。

ティセトル … 全員ランダムテレポ → 地属性のユニドラゴンを1~3匹召喚。パターンによって何もしない。