勉強会:高浜原発再稼働問題をどう考えるか ~確実な原子力防災と民主主義尊重の必要性~

勉強会:高浜原発再稼働問題をどう考えるか

     ~確実な原子力防災と民主主義尊重の必要性~

    3・9(月) 衆議院第二議員会館1F 多目的会議室
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 原子力規制委員会は2月12日、関西電力高浜原子力発電所3・4号機に
ついて、新規制基準に基づく適合性審査書を公表し、設置変更許可を行いま
した。工事計画認可や保安規定認可はこれからですが、私たち原子力市民委
員会は、かりにこれらの認可が得られたとしても、高浜原発の周辺住民や関
西地域の住民をはじめ、国民の安全は保証されないと考えています。また原
発再稼働をめぐる合意形成において、国民・住民の意思が尊重され民主主義
が実現しているとは到底言えない状態にあると考えています。さらに、再稼
働を急がねばならない経済的理由はなく、確実な原子力防災と民主主義尊重
をないがしろにして拙速に再稼働を進めることは、道理に反するものだと考
えています。
 以上のような私たちの認識を、国会議員や秘書の方々をはじめ、多くの方々
に共有していただき、率直な意見交換を行うために、今回の勉強会を企画し
ました。ご多忙の時期とは存じますが、ふるってご参加ください。
_________________________________

◆ 日 時:2015年3月9日(月)14:00~16:30
◆ 会 場:衆議院第二議員会館1F 多目的会議室

◆ 原子力市民委員会からの出席メンバー:
   吉岡 斉(九州大学大学院比較社会文化研究院教授、元政府原発事故
        調査委員会委員、原子力市民委員会座長)
   大島堅一(立命館大学国際関係学部教授、原子力市民委員会座長代理)
   満田夏花(国際環境NGO FoE Japan 理事、原子力市民委員会座長代理)
   筒井哲郎(プラント技術者の会、元化学プラント技術者、原子力市民
        委員会規制部会長)
   細川弘明(京都精華大学教授、原子力市民委員会事務局長)

◆ 当日のプログラム:
   原子力市民委員会「自主的公聴会 in 小浜」の結果報告
                 ・・・・・・原子力市民委員会事務局
   話題提供1:原子力再建政策の動きと高浜原発再稼働(総論)
                        ・・・・・・吉岡 斉
   話題提供2:新規制基準とそれにもとづく適合性審査の弱点
                        ・・・・・・筒井哲郎
   話題提供3:原子力防災計画の不十分さと民主主義の軽視
                        ・・・・・・満田夏花
   話題提供4:原発再稼働を急ぐ経済的理由はない
                        ・・・・・・大島堅一
   質疑応答・自由討議

◆ 主催:原子力市民委員会
  協力:原発ゼロの会
◆問い合せ先:原子力市民委員会事務局(高木仁三郎市民科学基金内)
        〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
        TEL/FAX:03-3358-7064  E-mail:email@ccnejapan.com

 -----------------------------------------
 原子力市民委員会 事務局
 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4F
 TEL/FAX: 03-3358-7064  
 URL  : http://www.ccnejapan.com/
 e-mail : email@ccnejapan.com
 twitter: https://twitter.com/ccnejp
 facebook: https://www.facebook.com/ccnejapan
 -------------------------------------------
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。