※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

火ソーサラー考察


基礎編


初級編


中級編


火ソーサラーのスキル振り例と解説

  • 火氷型
http://feskill.omiki.com/FE_sor.html?1I0LLL0
通称:火氷皿・ジャベ型
特徴:万能タイプ。ジャベ→ヘル→ライトの自己完結型コンボが狙える。Pwが無かったり状況が適切でないときはジャベ→ランス→ライトの王道コンボでダメージをきっちり当てれる。
長所:ジャベヘルコンボが狙える、ジャベランスライトコンボが狙える。比較的キルをとりやすい。
短所:接近されたときの防御が甘い。慣れないと突っ込みにくい。

一番オーソドックスな火ソーサラーのタイプと思われる。ジャベがあるため、自ら凍らせて…のコンボが狙えるため、攻撃を当てていきやすく、またキルもとりやすい。反面、防御に使えるスキルが(あえて挙げても)単体に対するジャベ程度で、防御は心もとない。
スキル振りが決まらないときのお勧めパターンとしてあげておく。
スキル取り順は、
ファイア3→詠唱2→ヘル3→ジャベ3→ライト3
であろう。何はともあれ、まずはヘルがないと話しにならない。

http://feskill.omiki.com/FE_sor.html?1I0LLII
通称:火氷皿・ウェイブ型
特徴:突撃・自己防衛タイプ。防御能力が非常に高いウェイブがあるため、多少の無理が利くのと、自己防衛がやりやすい
長所:多少無理に突っ込んでヘルをあてにいける。自己防衛能力が高め
短所:足止めができない。弓に対して最も弱い型。コンボは決めづらい

防御能力を向上させたタイプ。ウェイブがあるため、自己防衛能力が高く、寄ってきた敵のスカを吹き飛ばしたり、ヘルを撃った帰りにコケさせられた時などの防御手段となる。反面、攻撃性は若干控えめで、コンボなどは決めにくく、ダメージは出にくい。
スキル取り順は、
ファイア3→詠唱2→ヘル3→ウェイブ3→ライト3
であろう。

  • 火雷型
http://feskill.omiki.com/FE_sor.html?2IILLC0
通称:火雷皿・通常型
特徴:キル最優先タイプ。ライトニングとサンボルがあるため、とどめを最もさしやすい。防御能力も悪くはない。詠唱が3なのも利点の1つ。
長所:キルをとりやすい。サンボルを利用した自己防衛や崖落としなどのテクニカルな戦闘が可能。
短所:コンボは決めづらい。防御性能がサンボルの腕次第。Pwのやりくり。

非常にテクニカルなタイプ。サンボルがあるため、一番とおくまで攻撃が届くので、キルを取るのには最も適している。反面、サンボルの使い方がヘタだと、キル数は他のタイプと同じにもかかわらず、防御性能が低く、逃げる敵の足を止めるのもできない、という状況になってしまいがち。サンボルの腕前が貢献度に直結する型であろう。
スキル取り順は、
ファイア3→詠唱2→ヘル3→サンボル3→詠唱3→アイスボルト2
となる。

http://feskill.omiki.com/FE_sor.html?2L6LL00
通称:火雷皿・槍型
特徴:ダメージ最優先タイプ。ランス→スピアコンボが出来るのが最大にて唯一の利点。詠唱が3なのも利点の1つ。
長所:ヘルを使えないときの瞬発火力が大きめ。
短所:防御性能が皆無なので立ち回りが非常にピーキー。立ち回りだけでデッドをいかに抑えられるか。Pwのやりくり。

超攻撃的なタイプ。ライトニングでのキル取りとランス→スピアコンボでの中距離破壊力は抜群。反面、それ以外がまったくといっていいほど無いため、防御に大きく不安がある。サンボルがあるとはいえ1なので、自己防衛以外では使いづらい。また、ランスとスピアが用途がかぶることが多いため、使い分けが大きく難しい。
スキル取り順は、
ファイア3→詠唱2→ヘル3→スピア3→詠唱3→サンボル1
となる。

スキル考察

ファイア


ファイアランス


スパークフレア


ヘルファイア



  • 通常魔法攻撃・詠唱は三色ソーサラーの項にあります。


火サラvs他職の動き方


対火サラの動き方