戦法・テクニック

皆様が良く使うテクや戦法なんかを皆で共有できたらいいな、というページです。実用一点張りから、見た目重視テクまでお待ちしています。


ターン・レールアクションの発動時は先に十字キーを押しておく

ターンやレールアクションの発動は複数のボタンを同時に押す必要があるため、
ボタンを押すタイミングがズレると違う行動になってしまいます。
ただし十字キーは同時に押す必要はなく、発動前から押しっぱなしにしておけば良いので、
方向入力とボタン2つを同時にやらなくとも「方向入力しながら右手側のボタン2つを同時押し」とすれば発動させることができます。
またターンは先にその場でターンしてから方向入力を行っても構いません。
下記の 連続ターン も参照してください。

レールアクションの発動を止める

レールアクションの予備動作中は移動を開始する直前まで射撃に対してのみ自動で防御効果が発生します。
NPCは頻繁に考えなしでレールアクションを発動するので、近距離であれば即座に殴りかかったり、
距離があるなら機関銃などの出の早い連射武器を叩き込む事で、レールアクションを潰す事が出来ます。
ロックを切られても方向キーにさわらなければ自分の向きはそのままなので
ハンドガンを連射しても移動を開始しようとしたところを潰すことができます。
発動されてしまった場合でも下記 近RAをカウンター のように迎撃することは可能です。

レールアクションで敵を見失いたくない!

レールアクションは一部例外を除くとロックオンが解除されるタイミングは予備動作からレールアクション開始時の一瞬だけ
なので発動後即座にLボタンを押すことでロックオンしなおすことができます。
相手が近接なら後述の近接レールアクションのカウンターが狙え、遠距離なら死角から弾をぶち込まれることを回避しやすくなります。
きちんと正面でガードしてもよし。
対多数の場合、ロック範囲内にいる別の神姫をロックしてしまうので注意が必要です。

レールアクションにカウンター

タイマン勝負で相手のレールアクションが格闘系もしくは接近系のとき、と使用場面は限られますが、
対戦相手のレールアクションを再ロックオンしつつ、相手が接近してきたタイミングに合わせて攻撃すれば迎撃できます。
これらのレールアクションは過程の挙動こそ違えど、最終的にはこちらにまっすぐ突っ込んでくるものなので意外と潰しやすいです。
ハンドガンや機関銃がやりやすく比較的安全です。余裕があれば両手武器の溜め攻撃を狙ってもいいでしょう。

ただし、もし相手のレールアクションが大剣やハンマーだった場合、ガードポイントやスーパーアーマーの効果によって
耐えきられてしまうと返り討ちにあってしまいます。
また、実は射撃系のレールアクションだったという場合、こちらが無駄な隙を晒すだけになってしまうこともあります。
レールアクションは攻撃や△○再押しによってキャンセルが効くので、フェイントに使われる可能性も考慮しましょう。

NPCに近接攻撃を避けられてしまう時は?

近距離でNPCに殴りかかると高確率でターンによる回避を行いますが、ターンの硬直が解けた直後は
何故か後ろ向きに歩こうとする頻度が高いので、攻撃回数の多い武器であればそのまま連打していると3~4段目辺りがヒットします。
またターン回避された直後に空振りをキャンセルして他の格闘攻撃を出す事で、ターン後の硬直をうまく攻撃する事も出来ます。
この空振りキャンセル(空キャン)を使えば、大剣などの発生の遅い高威力武器をコンボ補正無しで1Hit目から当てる事も可能。
対人戦においても使えるテクニックですので、近距離攻撃主体のマスターは覚えておいて損はないです。


連続ターン

チュートリアルでは触れられていませんが、その場ターン中に方向キー入れをすることで連続ターンが出来ます。
特にターン性能が5以上あると実用的になり、連射武器や軌道ずらしRAなどにも対処できるようになります。

大剣で強行突破

敵の銃弾や攻撃を避けられない場合、大剣を使うことをオススメします。
大剣は攻撃モーションの一部に防御効果があり、攻撃中に敵の攻撃を受けても自動で防御してくれる為、
防御しつつ剣を振りおろす事が出来るので強引な突破力に優れます。

ハンマーで黒字決済

ハンマーは攻撃動作中のスーパーアーマーにより、吹き飛ばされるタイプの攻撃を受けない限り基本的に攻撃を出し切ることが出来ます。
これを利用して相手の繰り出す攻撃を真っ向から迎え撃ち、差し引きダメージで勝つという超強攻策が可能です。
ハンディキャップ戦等、序盤の速攻が有効な場面、RAの迎撃や終盤の詰めに使うと効果的です。
ただし大剣等の自動防御とは違い、攻撃のダメージをそのまま受ける事になる為、残LPの低い状況で使うと自殺行為です。

楽器でスーパーアーマー潰し

楽器のレールアクションによる演奏中は、被ダメ判定がなくなりあらゆる攻撃が無効になります。
これを利用することで、上述の大剣やハンマーのようなスーパーアーマーを真正面から潰すことが可能です。

連射武器でライドレシオ稼ぎ

機関銃やガトリングは弾数も多く、ガードの上からでもガンガンライドレシオがたまるので
ハンドガン等で固めてガードの上からでもガトリングを全弾ぶち込むと即座にライドレシオがMAXになります。
どの神姫でもレシオMAXは確実に役に立つので、まずはこれを狙うのも手。
レシオMAXの回数によって、戦闘終了後の取得LOVE値が増加するのでLOVE稼ぎにも使えます。

下入力格闘

脚装備は物によっては身長が大幅に伸び、その身長差によって格闘攻撃が外れやすくなりますが、
下キーを入れながら格闘すると攻撃モーションが変わる一部の武器では、
飛びあがる等の「外れやすい」攻撃モーションが別の物に変更される為、やや外れにくくなります。
大剣・ハンマー、ロッド、小剣など変わる物は多いので、それらの武器で試してみてください。
ただ、武器によってはHIT数が減ることがあるので注意。
それでも外れる場合、脚装備か武器か、どちらかを変更するしかないでしょう。
また、この下入力格闘はどのカテゴリでもチャージが可能です。
ダブルナイフ・槍・ダブルブレードは若干チャージしてもコンボになり、威力を上げる事が出来るので覚えておきましょう。
○下入力格闘チャージとコンボ組込について
カテゴリー 変化内容 コンボ可:不可 チャージ組込 コンボ数変化
ナックル ダブルパンチ 不可 5HIT⇒4HIT
ダブルナイフ 両手斬り 若干チャージしても繋がる 5HIT⇒4HIT
ドリル 下入力格闘変化無し
パイルバンカー 下入力格闘変化無し
小剣 回転打ち上げ チャージ開始直後発動(威力は増えてる) 4HIT⇒3HIT
ロッド 回転突き (非ダウン属性) チャージ開始直後発動(威力は増えてる) 4HIT⇒3HIT
回転溜め突き 半回転程チャージしても繋がる 3HIT⇒3HIT
ダブルブレード 回転溜め斬り 半回転~3/4回転程チャージしても繋がる 3HIT⇒3HIT
大剣 下段回転斬り チャージ開始後発動(威力は増えてる) 3HIT⇒3HIT
ホームラン 組込不可 3HIT⇒3HIT
ハンマー ホームラン チャージ開始直後発動(威力は増えてる) 3HIT⇒3HIT
※ DEX数値による変化,溜め動作短縮にスキルよる変化は無い模様
マメ知識・仕様足の長さと近接武器のスカり

壁の有効利用

弾を防いでしまう壁や建物は、キャラを密着させれば弾を貫通させることができます。(ビットは常に貫通)
またロックオンも貫通するので、廃墟の建物や砂漠の投棄物を盾に利用すれば、こちらから一方的に攻撃することができます。
回り込まれないように位置を調節さえすれば、LOVE値の低い神姫を育てるのにも使えます。
その際、ミサイルなどの誘導兵器と、一撃の大きなライフル・ランチャー・バズーカなどを持っていきましょう。

爆弾の有効活用

爆弾系の武器は当てにくいですが、使い方次第で便利な武器になります。
NPC相手なら、ダウン後起き上がり途中の敵に爆弾を投げると相手がターンで回避するので、その回避先を狙って攻撃するとボコスカ当たります。

制限装備無き素手

素手だけは武器の制限を無視したジャンルなので
狙撃スター杯などで近接戦闘がしたい紳士や淑女、出が早い遠距離武器が無い時に有効です。
※ただし装備制限を満たした武器を1つ以上装備しなければいけません。

コンボに近接レールアクションを組み込もう

チュートでも説明されていますが、コンボにレールアクションを組み込むことができます。
至近距離での近接攻撃系レールアクションは、発動前の構えや高速移動が省かれる為、即時攻撃可能です。
回避されやすい代わりに高威力なドリル用レールアクション等、この使い方がお薦めというかこうしないと当たりません。

空中でレールアクション発動

本来は空中でレールアクションは発動できませんが、何らかの空中攻撃をコンボキャンセルして出せば、空中でもレールアクションを発動できます。
安全性の高い空中射撃から繋ぎ、スキを消しつつ移動系のレールアクションで接近or後退するなど、かなり有用なテクニックです。

空中で高速移動

空中ではステップがなく方向キーを連打しても短いダッシュ扱いとなります。
またダッシュは初速が速いため、結果もっとも高速に移動できることになります。
ミサイルの回避や、長距離移動に有効ですが、加速→停止→加速を繰り返しているため近接系RAに簡単に食われたり、
ミサイル以外の射撃に対して意外と弱いので過信しないようにしましょう。

空中でチャージ

射撃武器のチャージ攻撃は強力ですがチャージ中は方向転換以外できず無防備です。
しかしジャンプからの落下を利用すれば敵の射撃に捉えられにくくなります。
特に武器限定杯での撃ち合いで有効なテクニックです。

ロングステップ

ダッシュ入力しダッシュが開始したらすぐ方向キーを離すと、ダッシュからステップが繋がって出る。ここから3段ステップも可。
ダッシュは初速がステップ並みに速いので、まるでかなりの時間ステップ移動しているように見える。
ぶっちゃけ、ダッシュをすぐに止めようとすると必ずステップに繋がってしまうだけだったりもする。

EMPTY状態を短縮

射撃武器は弾切れになると武器ゲージに「EMPTY」と表示され、しばらく射撃ができなくなりますが、
「EMPTY状態のときに該当武器の射撃命令を出さない(ボタンを押さない)」ことで、リロード時間が大幅に短縮されます。
具体的には、連射武器であれば、最後の一発が出た瞬間に射撃ボタンを離す。
単発武器であればボタンは常にチョン押しする。もしくは最後の一発を溜め攻撃で出す、などです。

特に、攻撃を撃ち切らないとリロードが始まらない武器を扱う上で、非常に重要なテクニックです。
常にチャージが行われている光学系の武器などでも、このテクニックでEMPTYを迎えないとEMPTYが長くなってしまいます。
便利な技ではありますが、連射武器でタイミングを誤ると弾が1発だけ残ったりしてしまい、
あとでリロード目的で弾の吐き出しを余儀なくされたりもします。

ヘビーガンの構え動作キャンセル

ヘビーガンからチェインでヘビーガンにつなげる際、一射目の発射と同時にチェイン入力することで二射目の構え動作をキャンセルできます。
ランチャー→ランチャーなら2発同時に飛んでいく形です。
タイミングは非常にシビアですが、ランチャー→ガトリング等と繋げることでガードブレイクを狙いやすいです。

アタックチェインでビットの硬直を軽減

ビットは射出後の硬直時間が非常に長いのが欠点ですが、ハンドガンなどの出が早い武器にチェインを繋ぎ、1発だけ撃つことで硬直を軽減させることができます。
ただし当然SPを消費しますので、SPには気を配りましょう。

空中での挙動

空中では空中ダッシュ、二段ジャンプ、グライディング、急上昇(急降下)、空中ターンの行動を行えます。
そこで、各々の利点、欠点を利用した戦法を紹介します。

+ 特徴、利点、欠点等

+ 単独での運用方法

+ 他動作との併用例
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。