サンプル2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-




日常の中のほんの非日常


*プロローグ
;■■■背景(黒)
;■■■半透明でユリア(真面目な顔)
「世界は、あと一年で崩壊します」

突然、そいつは言った。自分のことを姫と名乗り、後ろには鎧を着た奴をひきつれていた。
;■■■半透明でレン(睨んでる顔)
なんで鎧? 腰に挿してるのが剣だとしたら、銃刀法違反ですよ?
それより、こいつは男なのか女なのか……

「貴様、姫様の話を聞いているのか?」

……女か! いや、もしかしたら、声が高いだけの男の可能性も?
だが声だけの印象なら、ハスキーな、少しエロチックなおねえさんだ。
よし、おねえさんということにしよう!
で、なんだって? 世界がどうしたって?
宗教に興味はない。壷を買うつもりもない。前世なんて信じてない。
住宅街の真ん中でコスプレする奴のことなど、まともに聞くつもりもない。

「よくわかりません、さよなら」

二人に背を向けようとした瞬間、首筋に、冷たい感触。

「今ココで死ぬか?」

おねえさん、ちょっと、目が笑ってません。首に当たってるのは何ですか?
もしかして腰にあった剣ですか?

「剣をおろしなさい、レン」
「しかし姫様……」
「これは命令よ?」
「わかりました」

トンッと俺の肩を押しておねえさんが言った。

「次はない、姫様の話を聞け」

聞かなければ殺されるということですね? なんでこんなことになってるんだ?
;■■■背景変更→アイキャッチ的なものかタイトルみたいなもの

*01|ありふれた日常
;■■■SE(目覚ましの音)
;■■■背景(黒からFIでヒロトの部屋)
「おい、兄貴。目覚ましうるさいんだよ! とっとと起きろ」
;■■■SE(目覚ましの音、STOP)
「んあ? 美羽? おはよう」
;■■■美羽(怒ってる顔)
「おはようじゃない! 起きる時間でしょ?」

目覚まし時計を手に取る、時間は八時十五分。
学校まではチャリで飛ばして十五分、一限は八時四十分から開始だから……
遅刻ギリギリか。HRは間違いなく間に合わない。どうするかな?

;※選択1 ・「なあ美羽……遅刻確定なんだが……」 ・「目覚ましは止まった。俺は寝る」

「なあ美羽……遅刻確定なんだが……」
「アタシもこのままだと遅刻なの。チャリで飛ばしてくれるよね?」
;■■■美羽(にっこり)

断る権利なんてありません。
俺は、制服に急いで着替え、美羽を後ろに乗せて、学校へ向かった。
;■■■美羽(立ち絵なし)

;■■■背景(通学路→学校の正門)
;■■■SE(チャイムの音、3回くらい?)
;■■■美羽(笑顔)
「サンキュ! 兄貴! チャイム鳴ってるから、アタシはここから行くね!」
;■■■美羽(立ち絵なし)
「マジかよ、チャリ置いていたら間に合わないじゃないか」
校門に自転車を置いたままにするわけにもいかない。自転車置き場は校舎の裏だ。
遅刻確定。重い思いして、美羽を乗せてきたのに、なんだか理不尽だ。
二度寝してれば良かった。お腹すいた……

;■■■自転車置き場(体育館裏、校舎裏でも可)
「あれ? ヒロ君がいる! 美羽ちゃんは一緒じゃないの?」
;■■■陽菜(笑顔)
「沢井、おはよう。美羽には校門で捨てられたよ」
「アハ やっぱり仲良しなんだね! 今度は陽菜も乗せてよ!」
「さすがに、三人は無理」
;■■■陽菜(しゅんとした顔)
「だよねー。一緒に来れば遅刻しなくなるかもって思ったんだけどな。
 小学校のときは、四人一緒で、遅刻ゼロだったんだから!」

そんな昔のことをいつまでも……
小学校の六年間は、毎日一緒に学校に行っていた。
妹が入学してからは、ずっと四人だった。
でも、中学にもなれば、まわりの目が気になって、そんなこと出来なくなっていった。
沢井陽菜は、遅刻常習者になっていって――
つまり、沢井に会ったら、遅刻。いや、遅刻だってことはすでに確定事項だったが……

;■■■陽菜(ふてくされた顔)
「ヒロ君は、相変わらずあんまりお話しないね! ちょっとつまらないよ?」
「そんなことは、ない。必要だと思ったことしか口に出さないだけだ」
;■■■陽菜(笑顔)
「陽菜は思ったことそのまましゃべってるのに!」
「少しは考える癖を付けたほうがいいかもしれないぞ? 授業が始まる、またな」
;■■■陽菜(驚いた顔)
「えーっ! せっかく会ったんだから、遊ぼうよ!」
「ない」
;■■■陽菜(ふてくされた顔)
「ぶーっけちぃー! じゃあ、明日起こしにきてくれるだけで良いよ」

なんだそれは? どこから出てきた条件なんだ?
別に、学校へ行く途中だから、家によることくらいは出来るが……

;※選択2 ・わかった、明日は迎えに行ってやる ・だが断る ・迎えに行くのはめんどくさいから、これから遊ぼう

「わかった、明日は迎えに行ってやる」
;■■■陽菜(笑顔)
「やったぁ! 約束だからね!」

;■■■陽菜(立ち絵なし)
;■■■背景(廊下→教室)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。