Fuso Class

Fuso Class

扶桑級
Type:BB
種別:戦艦
In Service:1915
配備:1915年
Displacement:39154brt
排水量:39154トン
Dimensions:698'0"x100'5"x31'9"
寸法:698フィート0インチ×100フィート5インチ×31フィート9インチ
Crew:1400
乗員:1400名
Speed:20kts
速度:20ノット
Armour:160
装甲:160
Weapons:
兵装:
12x14"/45 gun
14インチ45口径砲 12門
16x5.5"/50 gun
5.5インチ50口径砲 16門
8x5"/40 AA gun
5インチ40口径対空砲 8門
6x13mm/76 AA gun
13ミリ76口径対空砲 6門
6x25mm/60 AA gun
25ミリ60口径対空砲 6門

'Fuso' is an archaic name for Japan,and these venerable battleships
『扶桑』とは日本の古い名前で、この由緒ある戦艦は完全に
were the first IJN vessels to be built completely with Japanese
日本の技術と装備で建造された最初の大日本帝国海軍艦艇です。
technology and armament.Laid down in 1912,they are somewhat
1912年に建造開始されたこの船はいくらか時代遅れですが
outdated,but have been modernised with improved armour and
改良型の装甲板とエンジンで近代化されています。
engines.They are very large battery of secondary 5" guns in casemates
両舷に大量の5インチ副砲を並べた砲郭を持っているので、
along either side,making them a powerful adversary for any surface
水上の敵に対しては手強い相手となります。
opponent.
However,despite modernisation their armour is still relatively thin,
しかしながら、装甲を近代化したにもかかわらずいまだに薄いそれは
making engaging other battleships a risky proposition.Their AA
他の戦艦と交戦することをリスクのあるものとしています。対空装備は
armament is also quite light,and air attacks pose a serious threat
極めて軽微であり、航空攻撃は極めて脅威となっています。
to them.

Ships in class:Fuso,Yamashiro
同級艦:扶桑、山城
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。