※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

枚数 文明 コスト 名前 備考
4 4 《神令の精霊ウルテミス》 イカズチ進化元
1 5 《新星の精霊アルシア》 イカズチ進化元
2 5 《青嵐の精霊バルキア》 イカズチ進化元
2 7 《聖霊王イカズチ》 コンセプト
2 9 《光神龍スペル・デル・フィン》 フィニッシャー
2 5 《スーパー・スパーク》 防御
1 7 《威牙の幻ハンゾウ》 防御
2 6 《デーモン・ハンド》 防御
3 6 《ボルシャック・大和・ドラゴン》 アタッカー
1 7 《超竜バジュラ》 フィニッシャー
1 8 《ガトリング・フォース・ドラゴン》 対ブロッカー
2 9 《ボルシャック・クロス・NEX》 フィニッシャー
2 1 《キリモミ・ヤマアラシ》 カチュアにどうぞ
2 7 《地獄スクラッパー》 防御
2 自然 7 《幻想妖精カチュア》 コンセプト
3 自然 9 《緑神龍ザールベルグ》 シノビ封じ
3 自然 2 《フェアリー・ライフ》 マナブースト
3 自然 3 《ディメンジョン・ゲート》 サーチ
2 闇/自然 6 《無双恐皇ガラムタ》 フィニッシャー
作者:まじまん
カチュア+イカズチのコンボデッキです。

動かし方や考察

《幻想妖精カチュア》のタップ効果でドラゴンをバトルゾーンに出した時、《聖霊王イカズチ》の能力でカチュアをアンタップできる。これを繰り返して、山札の中のドラゴンを全てバトルゾーンに出し、スピードアタッカー化させて1ショットキルを狙うデッキ。
序盤。気が向けばマナブースト、それと同時にコンセプトカードのサーチ。いち早く《聖霊王イカズチ》と《幻想妖精カチュア》をバトルゾーンに揃える。この際、勝負をいち早く決めたいならばカチュアから召喚するのが道理。召喚酔いがとけるターンに《聖霊王イカズチ》を召喚すれば、即フィニッシュへと動ける。ただ低パワーによるカチュアの除去されやすさを危惧するならば、イカズチから出していったほうが得策。イカズチを出した次のターンに、《キリモミ・ヤマアラシ》でスピードアタッカー化したカチュアを出すのもよい。
相手のブロッカーが邪魔だと感じたら、さっさと《クリムゾン・メガ・ドラグーン》をぶっ放す。
そして2体揃ったところでカチュアの効果、俗称ドラゴン砲発動。《緑神龍ザールベルグ》でマナを削ってニンジャ・ストライクをほぼ封じ、《光神龍スペル・デル・フィン》または《無双恐皇ガラムタ》でS・トリガーを一切封じ、《超竜バジュラ》はもうオーバーキル。1ショット完成!

いうまでもなく弱点は速攻。あと1ショットキル全般に言えるとおり、《無限の精霊リーサ》+《無敵城 シルヴァー・グローリー》。

評価

薔薇城がはやってますが、マナ操作というのをかねて、《ソルハバキ》を1~2枚はつんだほうがいいと思います。
そして微妙なところではありますが、コンボ性を重視するならクリムゾン・メガ・ドラグーンよりも、ガトリング・フォース・ドラゴンなどのほうがいいと思います。      Astral

クリムゾンを外してガトリング・フォースにしました~。
ただソルハバキを入れるスペースに困っています。む…
まじまん