第2話029


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM:時間ないから共通EDしちゃおうかw
GM:はるか&なつきの仲直りと、後日談まとめて。
一同:はーい。

ED1

ED

シーンプレイヤー:PC1、筧秋彦
任意登場でOK。

 ※ 「部分編集」を押すとアレンジ可能になります。PL諸氏どうぞ御随意にw


 ダスクフレアは倒した。連続殺人事件も無事に解決し、はるかへの冤罪も晴れた。
‥‥だが、まだ決着のついていない問題が一つ。残されていたわけで。

GM/はるか:「‥‥‥‥」
GM/なつき:「‥‥‥‥」

 その日。ベーカー街221のB、諮問探偵エルロック=ショルメ氏の事務所(兼住居)では
事件解決を祝うパーティが開催されていた。ハドソン夫人の手料理が皆に振舞われる。

 だが‥‥2人の少女は互いの顔を見たとたん、石化してしまった。
相手の心中が判り過ぎてしまうが故に、御見合い状態になっているのだ。
先に謝った方が負ける。そんな気がした。‥‥負けていいのか悪いのかも謎だが。

紋/女魔神たち :(あらあらあらあら……w)×4
秋彦 :無言で見守る。‥‥大丈夫、だよな?

 秋彦がそう呟いた直後。

ばしぃーーんっ!! どごっ!!

 はるかの掌打がなつきの顔に叩きこまれていた。怪獣相手とはいえ、手加減は一切ない。
だが、同時に‥‥なつきの拳もはるかの鳩尾へ。エキストラ相手でも全く容赦なかった。
GM/はるか:「ごめんなさい。わたしが悪かったわ」 がく‥‥っ
GM/なつき:「‥‥ううん。謝るのはわた‥‥あたしの方」 ふらふら~ばったり。
GM:少女たちは仲良く気絶してしまいました。まぁ数秒後には復帰するけどねw

GM/ウィルソン女史:「‥‥後遺症はないわね。おつむの中身は知らないけれど」 ぷんぷん。
GM/ウィルソン女史:「喧嘩なら他人に心配かけない形になさいな、まったく」 がみがみがみがみ!
GM/はるか&なつき:そろって正座。反省の図。
GM/はるか&なつき:あらためて皆へと向き直り。「「御迷惑をおかけしました」」 ぺこり×2
紋/女魔神たち :「「「「まぁまぁ、気にしなくていい(わ)よ♪」」」」
カナタ :「うんうん」 微笑んでうなずきますよ。
:別段自分は迷惑かけられてないんだが。「‥‥‥‥」
GM/ハドソン夫人:「仲直りできてよかったですね。ふふ」
GM/ウィルソン女史:「まったく人騒がせな兄妹ね」 紅茶を飲むフリで口元の笑みを隠すw

GM/はるか:「もういいの。‥‥結局、“兄さん”と一緒に地球へ戻るのは、わたしなんだし」
GM/なつき:「そうだね。はるかはずーっと生涯“お兄ちゃんの妹”なんだものね。‥‥あたしと違って」
GM:互いの言葉に。むっとにらみあう2人。見る見る下がる室内気温。

GM/はるか:「‥‥この世界に残るんだから、真面目に相手を探した方がいいわね、なつき。わたし応援するわ」
GM/なつき:「一生独身を貫くつもりなの、はるか? 恋愛ぐらいはした方がいいよ。あたし応援するよ」
GM:そっくりの笑顔を交わす2人。目は笑ってない。見る見る上がる室内気温。ごごごごごw

秋彦 :「OK、後は任せろ! お兄ちゃんは二倍の勢いで愛すぞ!」 よく分からないテンションでw
GM/はるか&なつき:「「‥‥はぁ」」 そろって嘆息。この兄は本当に‥‥もうッ!(涙)

 ** ** **

エルロック :「まぁ、ともかくだ」
エルロック :「三人とも。 忘れないでおいて欲しいことがあるのだが」
エルロック :「一人増えたということは、その分の家賃もハドソン夫人に支払いたまえよ」
エルロック :といって、パイプ咥えつつ笑う。
GM/なつき:「あ、それなら‥‥あたし、働きます!」 どうせ地球には戻らないんだし。生活基盤は必要だもの。
GM/なつき:「新しい家が見つかるまでの間は、しばらく御邪魔させて欲しいンだけど‥‥ね?」 てへへ。
GM/はるか:「‥‥バイト探そうかな。社会勉強の一環として、だけど」 べ、別に張り合ってないからね。ね!

カナタ :「いやいや、学生の本分は勉強だよ?」
カナタ :「ここは皆まとめてリオフレードに来るっていうのは……」勧誘開始w
GM/なつき:「学生かぁ‥‥」 受験勉強を思い出して憂鬱にw
GM/はるか:「魔法の試験とかあるのかしら」と心配。入学失敗したら、どうしよう。
:「勉強か。……うん、まぁ、がんばれ」
:「魔法に関してだったら、ある程度は教えられるぞ」
カナタ :「大丈夫だよ」
カナタ :「リオフレードには、あなたたちみたいなフォーリナーや魔剣の生徒だって居るし、ね」
カナタ :「ついこないだも地球からの転校生が‥‥」

秋彦 :「…ま……家賃はともかくひとまず、これにて一件落着か」 その様子を微笑みながら眺めて
秋彦 :全力で地雷原を駆け抜けたな‥‥w

GM:そして。少女たちは優しい人々の手を借りて、新たな生活へと歩み出した。
GM:‥‥人よ、未来を侵略せよ!

シーンEND


GM:というわけで!
GM:とにかく終わった!
GM:アフターその他は掲示板で!
GM:いやーgdgdで申し訳ない。思った以上に時間かかったねw
GM:とりあえず、第3話は予定通り「初期作成+50点」環境です。
GM:リビルドOK。掲示板へと投稿よろしく。
GM:スケジュール調整は掲示板でね。
カナタ :11月をお楽しみにー
:了解ー
秋彦 :次は11月だね、了解です
GM:では、本日のセッションは終了です!
GM:おつかれさまでしたー!
秋彦 :お疲れ様でしたー
カナタ :おつかれさまでした~
:おつかれさまー!w
GM:解散!