背番号10~19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

背番号10 藤本敦士(ふじもとあつし) 内野手

2010年に,FAで阪神から移籍。現在のショートのレギュラーである。通称はフジモン。
2000年にドラフト7位で阪神に入団し,2003年度の阪神優勝時のレギュラーメンバーである。
2003年には,打率.300を越える好成績を残した。

しかし,その後の打撃は低迷気味で,阪神に鳥谷が加入したこともあり,ショートのレギュラーの座を追われた。
もともと守備能力に関しては,非凡な能力の持ち主であり,何度も好守備でチームを救っているのであるが,
得点圏打率の低さや,「ぽp本」と呼ばれるくらい,内野ポップフライが多いという,打撃上の難点が彼のブレイクを邪魔している。

なお,5月の横浜戦で,球審深谷の誤審に対し,熱い抗議で退場になったことから,ヤクルトファンからの評価は上がっている。
打撃が向上すれば一気にチーム有数の人気キャラになるかもしれない。

背番号11 由規(よしのり) 投手

2008年のドラフト1位投手。本名は佐藤由規。
何よりも剛速球が売り。2010年開幕第2戦で,読売相手に好投し,村中とともに投手陣の柱になることを期待された。
しかし,2回目の登板となる横浜戦では,3回8失点の大炎上で,相変わらずの炎上癖を披露した。
その後も初回に大炎上をすることが度々で,5月には2軍に降格した。しかし,その2軍でも,湘南戦で3回8失点
の炎上(試合は26-20でヤクルトの勝利)。
何よりランナーを出すと弱く,大炎上してしまう。また,球種の少なさも伸び悩みの原因と言われている。
なお,新球種の「由規フォーク(≠フォーク)」は,自爆兵器。

背番号12 林昌勇(イム チャンヨン) 投手
ご存じ不動の抑え。
一昨年去年と,夏場に疲れから大きく調子を崩す傾向にあったが,今年は春先暇なので,問題ないと思われる。
去年,イムを強奪されないようにするために,燕フロントは早々と今季の契約を結んだ。
フロント陣グッジョブとしか言いようがないが,今のままじゃ宝の持ち腐れに・・・。

しかしチームの調子上昇とともに大活躍!セーブ王も狙える位置になってきた
漫画の読み過ぎに注意
パチンコのやりすぎに大注意

背番号16 加藤幹典(かとう みきのり) 投手
進学校出身のリアルインテリ慶應ボーイ
大学BIG3の呼び声も慶應時代に肩を故障か
球速はないもののタイミングをずらす投球で試合を作れるようになりつつある
7月ついに念願の初勝利
まだチームは脱落していない という名言を残し 2週間後二軍へ脱落

背番号19 石川雅規(いしかわ まさのり) 投手
愛称カツオ。燕のエースだが,今年は5月14日時点で0勝6敗。
ただし投球内容はそんなに悪くない。誰かに呪われているとしか思えないよ~(*´〓`)
彼が勝てるようになれば,ウチも少しは変わると思うんだけど。。。

8月、呪いはとけて8勝8敗のタイに持ち込む。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。