小型プレイヤーを使う


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレイヤーを小型化するにはPCWMPを使います。

PCWMPとは、Windows Media Player(以降はWMP) を可能な限り小さくした状態のものことです。

過去では、WMPを小型化するためのアーカイブをダウンロードしなければなりませんでしたが、現在ではPCYP2に内包されています。

よって、最新版PCYP2 と Windows Media Player 10 以上の組み合わせならば新たにダウンロードする必要はありません。

PCYP2の設定画面を開き、その他タブに移動して、一番下の専用プレイヤーのチェックを入れるだけです。

akuta_bi?cmd=upload&act=open&pageid=26&file=pcwmp.jpg

これで、日本でよく配信されているWMV形式ファイルは、限界付近まで省略されたWMPで見ることが出来るようになります。

※この小型プレイヤーはWMPを小さくしたものらしいので、WMP10が無いと正常に機能しない可能性があります。


PCWMPの操作

WMPがあまりにも省略されているため、最初は戸惑うかもしれませんが、右クリックからほとんどの操作はできますし、よく見ればショートカットも書かれています。

よく行う操作を抜粋

音量:カーソルキーの↑↓ ミュートはDelete

フルスクリーン:Alt+Enter

常に手前に表示:右クリックから 表示>常に手前をクリック

Windows特有の枠すらも取り去る:Alt+T

通常終了:Esc

緊急終了:Alt+X

 

細かい操作は、右クリックのメニューから探してください。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル