Seminar


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西暦、月、日から曜日を割り出すプログラムを作り、その月を表すカレンダーを作りなさい。


<SCRIPT language="JavaScript"><!--
function myCalendar( myTodayOffset ){
myDate  = new Date();                                      // 今日の日付データ取得
myYear  = myDate.getFullYear();                            // 西暦取得
myMonth = myDate.getMonth();                               // 月を取得(0月〜11月)
if (myTodayOffset == -1){                                  // 先月のデータ表示か?
   if (myMonth == 0){                                      //   今月が1月なら12月へ
      myYear = myYear-1 ;                                  //   去年
      myMonth = 11;                                        //   先月(去年の12月)
   }else{
      myMonth--;                                           //   先月
   }
}else if (myTodayOffset == 1){                             // 来月データ表示か?
   if (myMonth == 11){                                     //   今月が12月なら1月へ
      myYear = myYear+1 ;                                  //   来年
      myMonth = 0;                                         //   来月(来年の1月)
   }else{
      myMonth++;                                           //   来月
   }
}
if (myTodayOffset != 0){                                   // 今月じゃなかったら
  myDate.setDate(1)                                        // '日'を1日にして..
} 
myDate.setFullYear(myYear);                                // '年'を変更
myDate.setMonth(myMonth);                                  // '月'を変更

myWeekTbl = new Array("日","月","火","水","木","金","土"); // 曜日テーブル定義
myMonthTbl= new Array(31,28,31,30,31,30,31,31,30,31,30,31);// 月テーブル定義
if (((myYear%4)==0 && (myYear%100)!=0) || (myYear%400)==0) // うるう年だったら...
   myMonthTbl[1] = 29;                                     //  2月を29日とする
myToday = myDate.getDate();                                // 今日の'日'を退避
myDate.setDate(1);                                         // 日付を'1日'に変えて、
myWeek = myDate.getDay();                                  //  '1日'の曜日を取得
myTable   = new Array(7*6);                                // 表のセル数分定義

for(i=0; i<7*6; i++) myTable[i]=" ";                      // myTableを掃除する
for(i=0; i<myMonthTbl[myMonth]; i++)myTable[i+myWeek]=i+1; // 日付を埋め込む

document.write("<table border='1' cellspacing='0' ");      // 表の作成開始
document.write("bordercolor='#808080' ");
document.write("bordercolordark='#000000' ");
document.write("bordercolorlight='#C0C0C0'>");

document.write("<tr><td align='center' colspan='7' bgcolor='#7fffd4'>"); // 見出
document.write("<strong>",myYear, "年", (myMonth+1), "月</strong>");
document.write("</td></tr>");

document.write("<tr>");                                    // 曜日見出しセット
for(i=0; i<7; i++){                                        // 一行(1週間)ループ
  document.write("<td align='center' ");
  if(i==0)document.write("bgcolor='#fa8072'>");            // 日曜のセルの色
  else    document.write("bgcolor='#ffebcd'>");            // 月〜土のセルの色
  document.write("<strong>",myWeekTbl[i],"</strong>");     // '日'から'土'の表示
  document.write("</td>");
}
document.write("</tr>");

for(i=0; i<6; i++){                                        // 表の「行」のループ
  document.write("<tr>");                                  // 行の開始
  for(j=0; j<7; j++){                                      // 表の「列」のループ
     document.write("<td align='center' ");                // 列(セル)の作成
     myDat = myTable[j+(i*7)];                             // 書きこむ内容の取得
     if (myDat==myToday && myTodayOffset==0)
                        document.write("bgcolor='#00ffff'>"); // 今日のセルの色
     else if(j==0)      document.write("bgcolor='#ffb6c1'>"); // 日曜のセルの色
     else               document.write("bgcolor='#ffffe0'>"); // 平日のセルの色
     document.write("<strong>",myDat,"</strong>");         // 日付セット
     document.write("</td>");                              // 列(セル)の終わり
  }
  document.write("</tr>");                                 // 行の終わり
}
document.write("</table>");                                // 表の終わり
} // function の終わり

<table border="1"
   cellpadding="4" cellspacing="1" bgcolor="#800000"
   bordercolor="#808080" bordercolordark="#000000"
   bordercolorlight="#C0C0C0">
<tr>
<td><script language="JavaScript"><!--
myCalendar(-1);
<td><script language="JavaScript"><!--
myCalendar(0);
<td><script language="JavaScript"><!--
myCalendar(1);
</tr>
</table>


必ずレポート提出

Labviewでトランジスタの回路を制作。原理を理解する。

植物の隣と、その反対側のPCが使えるようになっています。
植物側を使用するときはNI-ELVISに付け替えてください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。