根っからの神奈川県民なのにも関わらず関西弁を使い一生ヤナギーに寄生し血を吸い続けていくゴミ配信者

  • ヤナギーの狂信者として、ゲーム配信を中心に活動する配信者。
  • 他の配信者を織り交ぜたような独特な口調の可愛い声で媚びていく配信スタイル。
  • 身長が170cmオーバーにも関わらず、体重が50kg未満。
 そのせいで肺気胸になったことがある。
  • なぜか異常に年齢を隠したがる。
  • 面白のためにはなんでもすると公言しており、そのためにはうんこも食べる気概である。
  • 2017/6/28の配信にて童貞であることを公表した。

現在、wikiにヤナギーとのBL小説を書いてくれる人を募集中である。

ロダ
やなびり


BL小説

+【第1話】
「びりちゃん……」
名前を呼ばれ、はっとすると、眼前にはヤナギーの真剣な眼差しがあった。
やなびりはいつの間にか壁を背にしてヤナギーに追い込まれるような形になっていることに気づく。
「ヤナギーさん、どうしたんですか……?急にこんな……」
戸惑いを隠せないやなびりを閉じ込めるように、ヤナギーは両手を壁についた。
「俺のことが嫌いか?」
「そんな……」
問いかけるヤナギーの視線から逃れるように俯く。
しかしそんな抵抗は無駄だとでも言うようにヤナギーはやなびりの顎に手をかけ、
少し強引にこちらを向かせた。
2人の距離は先程より近くなる。
「びりちゃん」
「ヤナギーさん……」

続きはWEBで!!


+【第2話】
やなびりは初めてのことに、緊張を隠せないでいた。
ゆったりした心地の良いソファに腰掛けながらも、姿勢を正さずにいられない。
先日、ヤナギーに気持ちを伝えられてからというもの、まだ返事をできていないことに罪悪感を持ちつつもヤナギーの積極的なアプローチをかわすことさえできずにいる。
そして今日、とうとうヤナギーの家に誘われて、言われるがままについてきてしまった。
まだどう返事をしていいかも考えていないのに……。

「びりちゃん、飲みもん何する?」
「あ、み、水でお願いします」
「なんや、遠慮すんなって〜」
ヤナギーはそんなやなびりの気持ちを知ってか知らずか、リラックスした表情で笑うとキッチンへ入っていった。
「あ、適当にテレビとか見といてな」
一応気を使っているのか、キッチンの奥から声がかかる。
やなびりは緊張をほぐすのに役立つかと思い、テレビのリモコンで電源を入れた。
するとすぐに、ニュース番組が今日のできごとを足早に伝える。全く頭に入ってこないが、他の人の声があるだけで幾分かこの二人きりの状況から意識をそらすことができる気がする。

「はい、どうぞ」
気がつくとソファの隣に腰掛けたヤナギーが水の入ったグラスを差し出してくれていた。
「ありがとうございます」
そういえば、ひどく喉がかわいている……。
やなびりはグラスを受け取ろうとする。がーー。
「あっ」

パシャン!

変に力が入ってしまったのか指がグラスに当たり、中に入っていた水がヤナギーにかかってしまった。
「うわ、すみません!!」
「だいじょぶだいじょぶ、気にせんといて」
ヤナギーは濡れたグラスをテーブルの上に置く。
「僕、拭きますから!」
やなびりは慌てて立ち上がろうとした。
しかしここでも緊張が裏目にでてしまう。

どさっ

今度はヤナギーの足に自分の足をひっかけてしまい、自然とヤナギーをソファに押し倒すような形になっていた。
やなびりの顔が一気に紅潮する。なぜ自分はこんなにどんくさいのか、情けなさと恥ずかしさがこみ上げてくる。
「すみません……」
「くっ、俺が下なんか?」
半分パニック状態のやなびりに対して、ヤナギーはおどけてみせた。
「そ、そんなつもりじゃ……!」
上に重なった状態のまま、ヤナギーに顔を向ける。
瞬間。
やなびりの口にヤナギーの唇が重なった。
「びりちゃん、やっぱかわええな」
「な、なっ……」
とっさに離れようとするやなびりだったが、反対にヤナギーにぐっと引き寄せられ、今度こそ完全に密着した状態になる。
「濡れたままで悪いんやけど、俺もう平気なフリするの、限界かもしれん」
ヤナギーはそう言いながらやなびりの頭を撫でる。
もう片方の手がやなびりのシャツの下にもぐりこみ、背骨の筋に沿ってなぞられた。
「ん、あっ……」
反射的に体が反応して色っぽい声が漏れる。
ヤナギーにしがみつきながら、手の動きに翻弄されるようにやなびりはビクビクと動いてしまい。頭が正常に働かなくなっていった。


この続き書く?
wiki長くなりすぎて編集しずらいんだが。


+【第3話】
ソファの上から逃れようとするやなびり。
しかしそれを止めようとするヤナギーの腕の力は優しくも強い。

「ヤナギーさん、ふ、服濡れてる……」
立ち上がりたいが、体に力が入らない。
「今いいから」
ヤナギーはやなびりの耳元で囁くと、そのまま耳朶を軽く吸い上げた。
「あっ」
勝手に漏れる自分の声にますます恥ずかしくなる。

ヤナギーは抵抗するやなびりをよそに、その唇を首元へ移動させる。
甘い感覚に体を震わせながら、このまま身を委ねたい思いが胸をよぎった。
「ヤナギーさん、これ以上は……」
「言ったやろ、もう我慢できんから」
ヤナギーの胸を押し返すようにするが、まったく効果がない。

その間にもヤナギーはやなびりの背に沿うように指を動かしながら、
徐々に腰のあたりを撫でるようにしてくる。
「んん、あ」
それと同時にやなびりの体も熱を帯び始め、呼吸も荒くなる。
「や、ヤナギーさん……これは……」
やなびりは腰のあたりに固いものを感じ、思わず問いかけてしまった。
やなぎーはくっと笑うとやなびりの腰に手を這わせる。
「びりちゃんもやで」
密着していたせいで意識していなかったが、指摘されて初めて気付かされてしまった。



きついきついきついきつい


+【嫌よ嫌よも好きのうち】
「やだやだ!ヤナギーさんの馬鹿!!」
「いい加減諦めろって!こっちは毎度お預け食らってるんやぞ!」
「そんなん僕は知りませんって!あっ、ちょ、触らんとって!」

パシン、とびりちゃんに触れようと伸ばした手を弾かれ、そのままスッと距離を取られた。
微かに頬を赤らめ涙目で俺を睨むびりちゃんの姿はそそられるものがある。
けどそうじゃないんよな。

思いが通じて半年。キスどころか触れることすらも嫌がられ、男としては辛い。
人並みには性欲があるし、好きな相手が目の前に居るのに全く触れられないなんて生殺しも良い所。
もはや拷問に近い。
家でも外でも抱きしめようとすれば突っぱねられ、手を繋ごうとすれば弾かれていい加減にして欲しい。
こっちも溜まってるんやぞ、色々と。

「びりちゃん」
「何ですか?あとそれ以上近づかないでください」

あっ、今心が折れた。
きっと恥ずかしがり屋だから触れ合うのも苦手なんだろうと思ってたけど、もしかして俺の事嫌いなんか?
いやいや、好きやって告白した時に僕もですって笑ってたやんな?!
もしかして断りにくかったんか?
強引な所があったのかもしれんな、それやったら嫌がるのも納得できる。

「ヤナギーさん?」

あー、かわええわあ。俺が動かなくて不審に思ったんか、
俺をを覗き込むように近づいてくるびりちゃんに喜びを感じる。
触れたい気持ちがまた沸き立つが、触れたらまた拒否されるかもしれない。
今度は此方から距離を取れば目の前の恋人は目を見開いている。

「ごめんな」
「ヤナギーさん?」
「いや、なんでもないわ」
「なんでもなくないですよね」
「ほんまやって」

なんとなく居づらくなって手にしたスマホをポケットに滑らせる。
もうこのまま帰ってしまおうかな。
嫌われたかもしれないと気づいた今、これ以上びりちゃんの傍に居ったら気がおかしくなりそうだ。

「びりちゃん、俺帰るな」
「え?」

荷物をまとめて立ち上がる。
いや、立ち上がろうとしたが俺の腕をがっちりと掴むびりちゃんによってベッドに座り直す事になった。

「なんで帰るんですか?ご飯食べてから帰るって言ってたやないですか」
「あー…、ごめん。材料は買ってきてるし、びりちゃんが自分で作ってや」
「嫌です、ヤナギーさんが作ってください!」
「嫌ってお前、料理のええ練習になるやん」
「じゃあ一緒にやるから教えてくださいよ」
「はぁ?えっちょ、びりちゃん!?」

キッとこっちを睨んだびりちゃんは素早く俺の膝上に乗り上げると、身体を密着させ背に腕を回してきた。
予期せぬ展開に頭が回らない。びりちゃんからする爽やかな香りはどこか甘さを含んでいてくらくらとしてくる。
とりあえず帰って欲しくないということは伝わったから降りて欲しい。
嬉しいけど息子が危ない。

「びり…ちゃん?」
「……」
「帰らんから、とりあえず退いてくれんか?」
「嫌です」

可愛い。腕の力を強め、しがみつくようにするびりちゃんの背に同じように腕を回すと、
いくらか締めつけは弱まりすりすりと首に頬を寄せてくる。
ほんまにかわええな。

「びりちゃん俺の事嫌いやないん?」
「は?嫌いな訳ないじゃないですか」
「ほんまに?じゃあなんで触らしてくれんかったん?」

嫌いじゃないという言葉に調子に乗り確信に触れてみる。
が、うー…と唸って黙ってしまった。
無理やり聞くのもなあ。
ポンポンと背を叩いてやると、ヤナギーさんと呼ばれた。

「あの、」
「うん」
「ヤナギーさんに触れられると、凄いどきどきするんです」
「お、おう」
「ヤナギーさんの事がす、好きすぎて。その…恥ずかしいのもあるんですけど、
 僕いつも冷たくヤナギーさんに当たっちゃって」
「……」
「ごめんなさい、ヤナギーさんの事好きだから、嫌いにならないでください」

初めて聞けたびりちゃんの本音はびっくりするくらい甘くて、
安心したのはもちろん、一段とびりちゃんを愛おしく感じた。
あかん、頬が緩むのが抑えられん。

「そうやったん、気づいてあげられんくてごめんな」
「ヤナギーさんは悪くないんです、僕が」
「じゃあびりちゃんも悪ない。それでええやろ?」
「……ん」
「びりちゃん」
「…何ですか?」
「愛してる」

僕も、と恥ずかしげに笑うびりちゃんの額に軽く唇を落とすと
真っ赤に染まる目の前の顔にまだまだ先は長いなあと笑い声を上げた。


+【①】
何故、あの時助けてしまったのか。
今更後悔しても仕方がない事は分かっているがこれはないだろう。
同性に惚れられる、なんて。

「ヤナギーさん!おはようございます!」
「……」
「無視する事無いじゃないですか!」

キャンキャンと吠えているのを無視して目的地へ歩き出せば、
走って隣に並んでくる。
そして、毎日楽しげに昨日あった出来事を話し出す姿にため息が溢れた。

ひと月前に輩に絡まれてたやなびりを助けたのが切っ掛けで
惚れられてしまったらしく、行きも帰りも引っ付かれるようになってしまった。
俺にその気はないと伝えても諦める様子は全く無い。勘弁して欲しい。

続きはやなびりちゃん書いといてくれな


<今日のニュース>2017/11/19
ちなみに中東の地図はこんな感じ

イスラエルとパレスチナはこんな感じ
<今日のニュース>2017/11/18
サウジアラビア外相、ヒズボラに対し「武装解除を求める」と発言
米国政界で「レバノンへの既存の支援はヒズボラへの支援になる」との懸念広がる
<今日のニュース>2017/11/16
トランプ大統領の主な発言(気になったもの)
NATOは時代遅れ
NAFTAはおそらく史上最悪の貿易協定
自由で開かれたインド太平洋地域を構築していく
地球温暖化は嘘っぱち
金正恩氏を「チビでデブ」
<今日のニュース>2017/11/14
フィリピンのドゥテルテ大統領「南シナ海問題は棚上げしたほうが良い」と発言。中国による南沙諸島の軍事拠点化は止まらずに進行する可能性が高まった。中比は南沙諸島における衝突回避用の軍事プロトコルを策定する予定。今後中国が更に広範な領域主張をしたらどうなるのか
<今日のニュース>2017/11/13
米、レバノン情勢沈静化求める=サウジ・イラン対立けん制
複雑な内政事情を持つスンニ派国家(一応)レバノンの中の(テロ)組織ヒズボラ(シーア派)との融和を図ったハリリ首相が辞任。サウジアラビア(スンニ派の)の不満を買った模様。長年のサウジとイラン(シーア派)の対立の延長にある今回の出来事に対し英外相は「代理戦争の道具にするべきでない」と発言
<今日のニュース>2017/11/11
サウジの汚職対策委員会、王子や大臣ら拘束 反皇太子派を封じ込めか
サウジはついでにレバノンのハリリ首相を軟禁している模様
サウジは後継者候補の序列変更(?)が最近あったばかり
中東で何かが変わろうとしている
<今日のニュース>2017/06/26
<イラク北部>「人間の盾」でIS抵抗 大規模爆撃できず
過激派組織「イスラム国」(IS)がイラク国内の主要都市で唯一実効支配している北部モスルの奪還に向け、イラク軍の作戦が山場を迎えている。だが、IS戦闘員はモスル西部の旧市街に取り残された約10万人の市民を建物に閉じ込め、依然として「人間の盾」に利用。イラク軍側が大規模爆撃などに踏み切れない状況を作り上げている。
ISにとってはモスルはシリア北部ラッカと並ぶ要衝。イラク軍は昨年10月にモスル奪還作戦を開始し、今月18日に旧市街への突入作戦に着手した。

<今日のニュース>2017/06/22
サウジ勅令、公務員に23日連続の公休与える
ドバイ(CNNMoney) サウジアラビア政府は21日、イスラム教のラマダン(断食月)の終了などに伴い国家公務員に23日連続の休暇を付与するとの勅令を出した。
勅令は、ラマダン明けの大祭「イード」に伴う休暇を従来の日数から1週間拡大したもの。サウジ政府は従来、公務員に対し断食月の最後の10日間は勤務不要とし、大祭の休暇にも一定期間の休みを与えていた。
今回の休暇延長の勅令はソーシャルメディア上で熱い話題となっており、「勅令はなぜ民間企業を置き去りにするのか。サウジの国民でないかのような扱いだ」などの書き込みがあった。

<今日のニュース>2017/06/21
大分で震度5強 気象庁「熊本地震とはタイプ違う」
大分県佐伯市で震度5強を観測した地震を受け、気象庁は21日未明に記者会見した。今後1週間程度は同程度の地震が起こる可能性があり、揺れが強かった地域では土砂災害が発生しやすくなっている恐れがあるとして注意を呼び掛けた。

<今日のニュース>2017/06/20
シャープ 東証1部復帰申請へ
東証1部復帰、月内申請=鴻海傘下で初の株主総会―シャープ
経営再建中のシャープは20日午前、2016年8月に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入って初となる株主総会を堺市の本社で開いた。戴正呉社長は東証1部への復帰について「6月29日か30日に申請する」と述べ、月内に東証に申請する考えを表明した。

<今日のニュース>2017/06/10
観光バスと車衝突、1人死亡=東名高速、45人けが-愛知

<今日のニュース>2017/06/09
世界最大の鉱山会社BHPビリトンは、戦略シフトの一環として、鉄鉱石や石炭を運搬する巨大な自律航行貨物船の導入を検討しており、世界の海運業界を揺るがす可能性がある。(bloomberg)
<今日のニュース>2017/06/08
減速する中国経済 - 世界で2番目の高さ 超高層ビル「上海タワー」入居率3割のゴーストタウンに
<今日のニュース>2017/06/07
116人を乗せたミャンマーの軍用機、消息絶つ

イラン首都でテロか 7人死亡

英国の欧州連合(EU)離脱の行方が懸かる下院選(定数650)の投票が8日、行われる。続きを読む(Yahooニュース)

日本マクドナルドの宅配サービスで、UberEATSの活用が始まったようだ。都内の一部店舗で6月7日までに、UberEATSからオーダーできるようになった。

英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された論文によると、1週間に14~21杯の飲酒を数十年にわたり続けた男女は一切飲酒をしない人と比べて、海馬が萎縮する可能性が2~3倍高まるという。海馬は記憶や自らの位置の把握などを司る脳領域。
<今日のニュース>2017/06/06
米国の支援を受けるシリア民主軍(SDF)は6日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が“首都”と称するシリア北部ラッカ市内への進攻作戦開始を宣言した。市街地の北、東、西の3方面から攻撃を仕掛けるとしている。

アフガニスタンのカブール中心部で5月31日にあった爆弾テロ事件の死者数が150人以上に達した
佐川、週休3日ドライバー導入 賃金は週休2日と同水準
<今日のニュース>2017/06/05
サウジアラビアなど中東5か国 カタールと国交断絶←日本はカタール産の天然ガスに大きく依存している。
千葉沖350キロ 海底火山にレアメタル コバルトなどの層広がる
錦織 逆転勝ちで全仏OP2年ぶり8強、準々決勝は王者マレー<男子テニス>
<カール>販売縮小で売り切れ続出 「買えない」書き込みも

<今日のニュース> 2017/06/04

トヨタがテスラと提携解消 株売却 EV自社開発を強化

 トヨタ自動車が、一時は約3%を保有していた米電気自動車メーカー「テスラ」の株式をすべて売却し、提携を解消していたことが3日、分かった。トヨタは電気自動車(EV)の自社開発を強化しており、提携の必要性がなくなったと判断したとみられる。

南極で巨大棚氷が崩壊間近、世界最大の氷山誕生へ

グーグル、「Chrome」に不適切広告のブロック機能を2018年に導入

Intelが最新プロセッサ「Core X-series」を発表。最上位のi9は驚異の18コア/36スレッド

<今日のニュース> 2017/06/03
米電気自動車(EV)大手テスラ トヨタの膝元名古屋に国内最大店舗オープン=高級EVの普及拠点に
老舗Twitterクライアントの「ついっぷる」サービス終了
尚、Twitter上で話題になっているトピックスをランキング形式で紹介する「ついっぷるトレンド」は継続する。
<今日のニュース> 2017/06/02
国際/<米パリ協定離脱>政権内で激しい綱引き←これについて麻生財務相「その程度の国だということですよ」
ビジネス/東芝「6月後半までに売却先決定」 WD対抗策発表
<今日のニュース> 2017/05/29
米大統領娘婿クシュナー氏、ロシア大使と非公開の接触=関係筋
[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問が2016年の大統領選挙期間中と選挙後にキスリャク駐米ロシア大使と少なくとも3回非公開で接触したことが、7人の米当局者や政府OBの話で明らかになった。(ロイター)
「知能遺伝子」52個を特定、IQ差の2割を説明 国際研究
【AFP=時事】人の知能に関連する52の遺伝子を発見したとする研究論文が22日、発表された。うち40については、この種の遺伝子として同定されたのは、今回が初めてだという。(AFP=時事)
<今日のニュース> 2017/05/26
「共謀罪」29日参院審議入り=自民・民進が合意
トランプ氏、NATOを痛烈批判 防衛費の負担要求、各国首脳は困惑
<今日のニュース> 2017/05/25
<明治>「カール」販売終了 中部地方以東 販売低迷で
「軽いたばこ」が肺腺がん増加の要因に、肺の奥まで煙が到達