SW2.0  種族説明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人間・・・ラクシア(世界の名前)に一番多く存在する人族。全ての技能に適正がある。15歳で成人し、寿命は100年。
初期習得言語:地方語、交易共通語の会話と読文
種族特性:『剣の加護/運命変転』ゲーム内の時間で一度だけ、でたサイコロの出目を裏返す事ができる。

エルフ・・・美しい姿をした、魔法を扱うのが得意な種族。手先が器用で素早いな反面、やや体が華奢。15歳で成人し、寿命は500年。
初期習得言語:エルフ語、交易共通語の会話と読文
種族特性:『暗視』暗闇でも平時と同じ様に物を見る事ができる。
     『剣の加護/優しき水』水中でも地上と同じ様に活動が可能。1時間水中で活動する度に、1分間の息継ぎが必要。

ドワーフ:人間より背が低いが、器用で頑丈な体を持つ。男はおっさん、女は人間の少女の姿のまま成長が止まる。ロリコンなテル君にはたまらn・・・げふんげふん。
15歳で成人として扱われ、寿命は200年。
初期習得言語:ドワーフ語、交易共通語の会話と読文
種族特性:『暗視』暗闇でも平時と同じ様に物を見る事ができる。
     『剣の加護/炎身』炎による攻撃では一切ダメージを受けず、着ている物なども焼ける事がない。

タビット:直立したウサギの様な外見で、身長は約1m。魔法に卓越した才能を持つが、動きは鈍く、不器用。10歳で成人し、寿命は50年。プリースト技能は習得できない。
初期習得言語:神紀文明語の読文、交易共通語のの会話と読文
種族特性:『第六感』危険感知判定を行なう際、「冒険者レベル+知力ボーナス+2d』で判定できる。

ルーンフォーク:魔動機文明の時に作られた人造人間。首が硬質素材に覆われており、他にも体のどこか一部が人工物でできている。筋力と器用さに優れる。寿命は50年は安定して動作するが、それ以降突然機能停止(死亡)する。プリースト、フェアリーテイマー技能は習得できない。
初期習得言語:魔動機文明語、交易共通語の会話と読文
種族特性:『暗視』暗闇でも平時と同じ様に物を見る事ができる。
     『HP変換』:ゲーム内の時間で一日に一度、HPをMPに変換できる。1ラウンド(10秒)消費する。

ナイトメア:人間やドワーフ等から生まれてくる、突然変異の種族。頭部に1〜2本の小さな角があり、体に痣がある。肌は色白。優秀な魔法戦士になれる。15歳から成人として扱われ、老衰で死んだ記録はない。
初期習得言語:生みの親の初期習得言語と同じ。
種族特性:『異貌』一日に何回でも、補助動作で瞬時にナイトメア独特の姿(角が肥大化して肌が青白くなる)に変わり、魔法の鎧による制限を受けなくなり、必要な発生や動作などをしなくとも魔法を使える様になる(発動体は必要)。姿を戻すには1ラウンド(10秒)かかる。

リルドラケン:直立した小型のドラゴン。卵から生まれ、三回目の脱皮(30歳前後)で成人し、寿命は300年。
初期習得言語:ドラゴン語の会話と交易共通語の会話と読文
種族特性:『鱗の皮膚』防護点+1
     『尻尾が武器』尻尾を武器として使える。
     『剣の加護/風の翼』翼を使い、約1分(6ラウンド)飛ぶ事ができる、その間、近接攻撃の命中力と回避力に+1。

グラスランナー:草原を旅する小さな人族。ロリコンなテル君にはたまらな・・・げふんげふん。マナ(魔法の源)に反応しにくく、魔法にあまり興味がない。15歳で成人し、寿命は200年。
初期習得言語;グラスランナー語と交易共通語の会話と読文
種族特性:『マナ不干渉』MPを持たないかわり、魔法の精神抵抗に成功すれば完全に魔法の効果が消滅する。
     『虫や植物との意志疎通』虫や植物から危険を感じとったりする事ができる。