産科


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2012-02-08 16:21:56 (Wed)

問題1
糖尿病合併妊娠で正しいのはどれか?2つ選べ。

①治療にはインスリンを用いる。
②新生児は高血糖をきたしやすい。
③妊娠高血圧症候群を合併しやすい。
④血糖値の管理は妊娠中期以降に開始する。
⑤食後2時間の血糖値を150mg/dl以下に保つ。
+ ...

問題2
次の又を読み,50~52の問いに答えよ.
34歳の1回経産婦.妊娠31週5日に周産期管理目的で紹介され来院した.
現病歴:半年前に無月経を主訴として自宅近くの診療所を受診し,妊娠7週と診断された.診療所で
健診を受けていたが,妊娠10週時に胎児頭殿長〈CRL〉から分娩予定日が補正された.補正後の妊
娠16週ころから尿糖陽性が時々認められていたが,27週時から尿糖強陽性(定性試験で3十)が出
現したため29週時に75g経ロブドウ糖負荷試験〈OGTT〉が施行された.負荷前値:llOmg/dl, 1時間値:204mg/dl,
2時間値:168mg/dlであった.
既往歴:特記すべきことはない.耐糖能低下を指摘されたことはない.
月経歴:初経11歳.月経周期28日,整.持続5~6日.月経障害なし
妊娠・分娩歴:25歳時に正常経腔分娩(妊娠39週, 3,790g)
家族歴:母が糖尿病.
現 症:意識は清明.身長156cm,体重76kg (妊娠前体重62.5kg, BMI = 25.7).体温36.7℃。.脈拍
88/分,整.血圧136/86mmHg。.心音と呼吸音とに異常を認めない.下腿浮腫を認めない.内診で
胎児先進部は児頭で子宮口は閉鎖.超音波検査で子宮頚管長は4.2cmで胎児推定体重は2,200g (十
1.8SD),明らかな奇形は認めない. Biophysical profile score は10点である.
検査所見:尿所見:蛋白(十),糖2十,ケトン体(-).血液所見:赤血球305万, Hb 10.2g/d/, Ht
31%,白血球6,900,血小板11万.血液生化学所見:血糖148mg/dl, HbA1C 6.8%.総蛋白7.0g/dl,
アルブミン4.2g/d/,尿素窒素16mg/dl,クレアチニン0.6mg/dl,尿酸7.8mg/dl,総コレステロール
240mg/dl,トリグリセリド130mg/dl,総ビリルビン0.8mg/dl,直接ビリルビン0.5mg/dl, AST
401U/l, ALT 48IU/l, LD 3201U/l (基準176~353), ALP 2701U/l (基準115~359).
B50 この患者で正しいのはどれか.
  a 妊娠高血圧である.          b 糖尿病合併妊娠である.
  c 肥満は本病態の危険因子となる.    d 年齢は本病態の危険因子とならない.
  e 家族歴は本病態の危険因子とならない. 
B51 入院後の検査項目として重要でないのはどれか.
  a 尿蛋白                 b 胎児発育
  C 凝固・線溶検査            d 血糖値の日内変動    
  e 75g経ロブドウ糖負荷試験〈OGTT〉                
B52 その後の経過:入院後1週間加療を行った時点で治療継続を拒否し,退院した.退院後は受診
していなかったが,妊娠35週4日に少量の性器出血と右季肋部痛とを主訴に来院した.再入院時の
脈拍104/分,整・血圧160/104mmHg.尿蛋白lOOmg/dl.血液所見:赤血球270万, Hb 9.0g/dl,
Ht28%,白血球9,200,血小板9.0万.血液生化学所見:AST 4801U/l, ALT 4601U/l, LD 7001U/l (基
準176~353).緊急帝王切開を行うこととした.
注意すべき母児の合併症はどれか.3つ選べ.
  a 子癇発作               b 播種性血管内凝固〈DIC〉
  c 胎児肺低形成             d 新生児高カルシウム血症
  e 新生児呼吸窮迫症候群〈RDS〉 

出典:104回B50~52
+ ...

問題3
HELLP症候群で最初に異常がみられるのはどれか?1つ選べ。

①中枢神経機能
②心機能
③肝機能
④膵機能
⑤腎機能
+ ...

問題4  
30歳の2経妊未産婦。妊娠26週時に超音波検査を行った。
胎児に皮下浮腫を認めるが、胸水と腹水とは認めない。
検査として適当でないのはどれか?1つ選べ。
①染色体
②不規則抗体
③胎児心エコー
④中大脳動脈血流速度
⑤ヒト乳頭腫(human papilloma)ウイルス抗体
+ ...

問題5
母体に投与した薬物と児への影響の組合せで誤っているのはどれか?1つ選べ。

①インドメタシンは胎児動脈管収縮の危険性があり、妊娠中は使用禁忌である。
②塩酸リトドリンは切迫早流産の治療薬で、児への安全性は確立されている。
③副腎皮質ステロイドは胎児肺成熟の目的で使用される。
④硫酸マグネシウムは子癇の治療目的で使用されるが、予防には使用しない。
⑤ワルファリンは胎盤移行があり、胎児脳出血をきたすことがある。

出典:104A17改題 スレ6 689氏
+ ...

問題6
1.牛乳より母乳に多いのはどれか。
①カルシウム ②カゼイン ③乳糖 ④リン ⑤鉄

2.母乳より牛乳に多く含まれているのはどれか。2つ選べ
①蛋白 ②脂肪 ③乳糖 ④鉄 ⑤リン

出典:1.97G54 2.91A38
+ ...

問題7
帝王切開術に際して脊髄くも膜下麻酔を施行したところ、低血圧を生じた。
対応として正しいのはどれか。2つ選べ。
a.半坐位にする。
b.エフェドリン静注
c.オキシトシン静注
d.乳酸リンゲル液輸液
e.重炭酸ナトリウム静注

出典:103G38
+ ...

問題8
子宮収縮促進薬はどれか。すべて選べ。
 a β刺激薬
 b β遮断薬
 c オキシトシン
 d 硫酸マグネシウム
 e プロスタグランジンF2α

出典:スレ24 561氏
+ ...

問題9
産褥について正しいのはどれか.

a 血栓塞栓症の発症は妊娠中よりも多い.
b 産褥出血の原因は頸管裂傷が最も多い.
c 初乳中の蛋白質は成熟乳中よりも少ない.
d 産褥熱の起因菌はグラム陽性球菌が多い.
e 赤色悪露-黄色悪露-褐色悪露-白色悪露と変化する.

出典:102F6
+ ...
問題10
以下の記述で正しいものはどれか
a 経産婦では外子宮口が全開する前に子宮膣部が消失する
b 分娩を促すため、母親には分娩第1期から腹圧をかけるように指示する
c 分娩に伴う子宮体部の収縮と子宮下部の伸展によって生じるくびれのことをBandl収縮輪という
d 妊娠37週未満で破水場合を前期破水という
e 母親がHTLV1陽性であっても、一度凍結解凍した母乳ならば感染しない

出典:
+ ...
問題11
おい
ビショップスコア覚えられねーぞ
どうすんだこれ
+ ...
問題12
86C10の産婦の問題なんだが、SP+1cmの時の児頭先進部って闊部だよね?

出典:106スレ10 909氏、911氏
+ ...
問題13
超簡単ですまん正解を2つ選べ,

a 妊婦にACE阻害薬は絶対禁忌である
b 妊婦にCa拮抗薬は絶対禁忌である
c 腎盂腎炎に対する抗菌薬ね投与量は非妊娠の約半量とする
d てんかんでは妊娠の早期に抗けいれん薬を中止する
e HIV陽性妊婦では抗ウイルス薬投与によって垂直感染の頻度が下がる

出典106スレ11 417氏
+ ...
問題14
第100G55 [一般] 妊娠中期の超音波計測値で妊娠週数推定の精度が最も高いのはどれか。
a.胎嚢径 (gestational sac;GS)
b.頭殿長(crown rump length;CRL)
c.腹部周囲長(AC)
d.児頭大横径(biparietal diameter;BPD)
e.胎児胸郭横径
+ ...
問題15
95A44 母体から胎児への移行が少ないのはどれか.2つ選べ.
a ペニシリン
b ヘパリン
c インスリン
d 硫酸マグネシウム
e 硫酸アトロピン

出典106スレ12 889氏
+ ...


問題

出典:
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。