※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FME Automatorとは(自動枠取りツール)


自動で次枠を取得し、自動で配信を開始することが出来るソフトです<br>
FlashMediaLiveEncoderを通常より軽く動作させることが可能

コメントビューワー連携機能もあります



ダウンロード&インストール

+  FlashMediaLiveEncoderのダウンロード&インストール
+  ランタイムのインストール
+  解凍という単語の意味がわからなければ、まずはこちらをクリック
+  本体のダウンロード

使い方

+  初期設定(ここだけ読めばとりあえず使える)


+  放送枠の取得のやり方(次枠自動取得も可能)
+  枠を終了させる
+  音量と映っている範囲の確認
+  コメントビューワー連携
+  アプリケーション連携(ブラウザ起動など)
+  録画保存機能

困った

Q.困ったわぁ
A.困ったときはヘルプみれってばーちゃんが言ってた

Q.なんか使えない
A.スカイプ用留守番電話ツールのTapur(ver2.3)を使用していませんか?
それをアンインストールして再起動すれば解決すると思います
引き続き使用したければ、公式サイトから最新版(記事作成時点で5.1)を利用ください

Q.VirtualAudioMixerと組み合わせて使いたい
A.実際に配信が始まっているときにVamGuiを起動して設定してください


XSplit Broadcaster連携

有料ソフトのXSplit Broadcasterでの自動枠取り用ソフトとしても一応使用することが出来ます
解説はXSplitBroadcasterと組み合わせて使えるソフトの、自動枠取りの項目を御覧ください





















































|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|