北朝鮮による日本人拉致

拉致問題は、被害者全員が無事に帰国するまで決して風化させてはいけない


(ノД`)・゜・。





北朝鮮拉致被害者増本るみ子の父正一氏亡くなる直前の病床で「るみ子、父ちゃんもこんな姿になった。お前を待っていたがまだ帰ってこないから、もうこちらから
迎えにはいけないから、どこかで待っていて。わしも日本を信じるだからお前も日本を信じろ」




■編集者・閲覧者へ
拉致問題の早期解決と事件の風化を防ぐためにも、当ページの積極編集と情報提供をお願いします。
情報提供→外部掲示板

<目次>

はじめに

救う会:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会   (公式HP)

あなたにもできること(救う会HP内)
是非ご協力を。できることで結構です。
署名する。ブログユーザーならリンク先に救う会を加える。募金をする(ネットからも可)。ブルーリボンを身につける。


DVD「拉致問題『何故?』に答える」(20分30秒)
企画協力:特定失踪者問題調査会 / 制作:映像教育研究会
カンパ付き価格:2,000円(税込)
※ お求めは特定失踪者問題調査会まで(TEL 03-5684-5058 / http://chosa-kai.jp/


DVD
舞台劇 めぐみへの誓い
1977年、わずか13歳の少女横田めぐみさんが北朝鮮工作員に連れ去られました。当初は霧に包まれていたこの事実は、政府の足並みの悪さもあり、なかなか市民の関心を呼ぶものではありませんでした。しかし市民レベルでの支援運動の動きは確実に国を動かしていきました。明るみにでる多くの信じられないような独裁国家北朝鮮の実態。多くの日本人拉致被害者と家族が辿った困難の道・・・。ベテランから若手まで実力のある俳優が力一杯演じ、様々なメディアを通して紹介されたこの演劇舞台は、 希望をつなげる為に努力する人々の感動の物語です。公演期間中は多くの観客を集め、この問題に新たに接する人々も含めて、改めて重要な問題を提起しました。

詳細⇒http://www.jvd.ne.jp/cine/megumi/top.html

概要

北朝鮮による日本人拉致問題(きたちょうせんによるにほんじんらちもんだい)は、1970年代から1980年代にかけて、北朝鮮の工作員などにより、多数の日本人が極秘裏に北朝鮮拉致された問題。日本では国民の生命と安全に大きな脅威をもたらすテロとされている。北朝鮮は長年事件への関与を否定してきたが、平成14年、平壌で行われた日朝首脳会談で、ようやく日本人の拉致を認め、謝罪し、再発の防止を約束した。

日本政府が認定した拉致事案は12件、拉致被害者は17人。 北朝鮮政府側はこのうち13人(男性6人、女性7人)について拉致を公式に認めており、5人が日本に帰国しているが、残り12人については「8人死亡、4人は入境せず」と説明しており(2008年3月30日現在)、その後の捜査協力を拒否している。
北朝鮮による日本人拉致問題

年表

1990年以降も、拉致の疑いのある事件が発生しています。
(北朝鮮スパイは日本にどの位いるのか:【青山繁晴】中韓朝の工作員はどれぐらいいるの? (youtube))

1977年9月19日、宇出津(うしつ)事件。久米裕が石川県宇出津海岸で拉致される。
1977年10月21日、女性拉致容疑事案(鳥取県)。松本京子が自宅近くの編み物教室に向かった際に拉致される。
1977年11月15日、少女拉致容疑事案。横田めぐみが新潟市において下校途中に拉致される。
1978年6月頃、元飲食店店員拉致容疑事案。田中実は出国した後拉致される。
1978年6月頃、李恩恵(リ・ウネ)拉致容疑事案。田口八重子 が拉致される。
1978年7月7日、アベック拉致容疑事案(福井県)。地村保志と濵本富貴惠が拉致される。
1978年7月31日、アベック拉致容疑事案(新潟県)。蓮池薫と奥土祐木子が拉致される。
1978年8月12日、アベック拉致容疑事案(鹿児島県)。市川修一と増元るみ子が拉致される。
1978年8月12日、母娘拉致事案(新潟県)。曽我ミヨシ、曽我ひとみの母娘が拉致される。
1980年5月頃、欧州における日本人男性拉致容疑事案。石岡亨と松木薫が欧州滞在中に拉致される。
1980年6月中旬、辛光洙(シン・グァンス)事件。原敕晁が宮崎県の青島海岸に連れ出され、 拉致される。
1983年7月頃、欧州における日本人女性拉致容疑事案。有本恵子が欧州にて失踪。
1987年11月29日、大韓航空機爆破事件。12月1日、金賢姫がバーレーン空港で現地警察に逮捕される。
1991年、「李恩恵」が行方不明となった田口八重子と同一人物であると判明する。
1997年、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)」が結成される。
2002年9月17日、小泉首相第1回訪朝、拉致問題について金正日が謝罪。
2002年10月15日、拉致被害者5名が帰国。
2002年11月5日、内閣官房拉致被害者・家族支援室の発足。
2004年5月22日、小泉首相第2回訪朝、地村・蓮池夫妻の家族5名が帰国。
2004年7月 9日、インドネシア国ジャカルタにおいて曽我ひとみ一家再会、7月18日曽我一家日本に帰国。
2006年7月5日、北朝鮮がミサイル発射、日本政府は経済制裁を含む対応策を発表。
2009年3月11日、 韓国釜山において金賢姫は田口八重子の長男飯塚耕一郎と会い、田口八重子は生きていると伝えた。

平成14(2002)年10月15日に帰国した5人の方

地村保志・地村(浜本)富貴恵夫妻
蓮池薫・蓮池(奥土)祐木子夫妻
曽我ひとみ

政府に正式に拉致被害者と認定された日本人拉致被害者

氏名 性別 拉致(失踪日) 年齢(失踪時) 失踪場所 補足
寺越昭二 1963.05.11 36 石川県沿岸
寺越外雄 1963.05.11 24 石川県沿岸
寺越武志 1963.05.11 13 石川県沿岸
加藤久美子 1970.08.08 22 福岡県北九州市
古川了子 1973.07.07 18 千葉県市原市
久米裕 1977.09.10 52 石川県能登町
松本京子 1977.10.21 20 鳥取県米子市
横田めぐみ 1977.11.15 13 新潟県新潟市
田口八重子 1978.06頃 22 拉致場所不明
市川修一 1978.08.12 23 鹿児島県吹上町
増元るみ子 1978.08.12 24 鹿児島県吹上町
曽我ミヨシ 1978.08.12 46 新潟県佐渡市南部
小住健蔵 1960年頃 45位 拉致場所不明
原敏晃 1980.06頃 43 宮崎県宮崎市
福留貴美子 1976.08頃 24 海外旅行中
田中実 1978.08.08 28 欧州
石岡亨 1980.06上旬 22 欧州
松本薫 1980.06上旬 26 欧州
有本恵子 1983.08頃 23 欧州
(データは救う会のもの)


参考サイト
救う会拉致被害者リストhttp://www.sukuukai.jp/index.php?itemid=1160
北朝鮮拉致被害者・失踪者リストhttp://www.bitway.ne.jp/bunshun/ronten/sample/jikensi/file09_01.html

政府から正式に拉致被害者と認定されていないが拉致された疑いがある日本人


特定失踪者問題調査会「失踪者公開リスト」

【1997年2月3日】衆議院予算委員会にて初めて拉致問題が実名で取り上げられた日(西村眞悟)

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1539073
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7907059

参考サイト

日本国政府:拉致問題対策本部 http://www.rachi.go.jp/
救う会   http://www.sukuukai.jp/
特定失踪者問題調査会 http://www.chosa-kai.jp/
北朝鮮による日本人拉致問題(wikipedia)

北朝鮮を擁護、日本人拉致を捏造と言い張った売国党


2003年11月2日放送の報道2001では司会の「かつて社民党は拉致はでっち上げということをおっしゃっていましたよね」 との質問に対し土井たか子は「そんなことを党として言った事は無いですよ、それはおかしい報道ですねそれは事実と違います」と発言 社民党土井たか子「拉致事件について事実と違うことが流布されている影響が有ったのなら選挙妨害だ」(03.11.13)Jチャンネル

上記の2つの動画では旧社会党~社民党時代に「拉致はでっちあげといっていない」「偽情報(北朝鮮擁護)の為選挙に影響が出た」などといっているが下記の党季刊誌にも証拠として残っている。

月刊社会民主7月号「食糧援助拒否する日本政府」社会科学研究所 日韓分析編集 北川広和
http://rachigiwaku.at.infoseek.co.jp/kitagawa.html

また北朝鮮による日本人拉致問題にも拉致被害者の家族が旧社会党に助けを求めて、冷淡に扱った様子が記載されている。
(以下引用)
石岡・有本家は日頃から北朝鮮とパイプがあることをアピールしていた日本社会党系の政治家に助けを求めることにした。石岡の家族は札幌市の日本社会党北海道連合にも相談したが、「本部に連絡をする。国交がない国なので口外しないように」と言われた。 「国交がないから」という言葉は、それ以降も外務省や様々なところで言い訳に使われることとなる。
一方有本の両親は日本社会党委員長土井たか子の事務所(兵庫県西宮市)に相談。当初土井は有本夫妻に同情する姿勢を見せて暖かく対応したため有本夫妻は安心したが、その後土井事務所からは返事はなくなり、一切連絡が途絶えてしまった。
このため有本夫妻は上京して自由民主党の政治家に助けを求めることを決め、1988年9月、東京都千代田区永田町の衆議院議員会館に自由民主党幹事長の安倍晋太郎を訪ねる。
安倍は夫妻の訴えを聞き届け、当時秘書だった次男の安倍晋三に夫妻を外務省と警察庁に案内するよう命じ、夫妻はここに至って事の次第を外務省・警察庁に伝えることができた。
以後有本夫妻は安倍父子に連絡するようになり、安倍父子はこの問題に取り組むことになるが、1989年6月、晋太郎は癌を発症し入院。幹事長も退任した。以後入退院を繰り返したが、1991年5月、晋太郎は他界した。
後継者となった晋三はに亡父の地盤を引き継ぎ、1993年、第40回衆議院議員総選挙に立候補し当選。以後国会議員としてこの問題に取り組むことになった。

拉致被害者地村保志父 「土井党首なんかは、拉致はありえないと北朝鮮の口上をそのまま私たちにぶつけて、拉致ということはそんなことはありえないと」
4人の売国奴を名指し! 拉致被害者地村保志父 土井たか子辞任時の故江藤隆美議員のコメント「良い事じゃない、彼らは限りない害毒を及ぼした」
(02.09.17)ズームイン朝にて、北朝鮮拉致疑惑を否定し続けていた、旧社会党・自民党の一部 拉致事件家族 共産党・社民党土井たかこを批判


■朝鮮総連と非公開組織
詳しくは 朝鮮総連の正体 をご覧ください。

■社会民主党
詳しくは 旧社会党の正体社民党の正体 をご覧ください。

■民主党の大多数
詳しくは 民主党の正体 をご覧ください。

■日本共産党
詳しくは 日本共産党の正体 をご覧ください。

■自民党の一部
参考 北朝鮮利権の正体

■朝日新聞
詳しくは 朝日新聞の正体 をご覧ください。

■日教組
詳しくは 日教組の正体 をご覧ください。

■東京大学
  • 和田春樹
  • 坂本義和
■埼玉大(現在は大阪経済法科大)の吉田康彦
参考 反日大学教授リスト

拉致なんてないと言ってた人たちリストより

他にも加担した者がいると上記のサイトには掲載されている。
加担した組織・人物などは当サイトでは売国反日認定された、許されない  国賊   ばかりである。
広義でいえば我々一般国民も、パチンコで使った金や北朝鮮の経済制裁の解除に賛成する(しようとする)政党や政治家に投票するなど間接的に拉致に加担しているとも いえなくもない。

【関連】安倍晋三の真実パチンコの正体

TV報道

北朝鮮工作船ニュース
工作船ニュース01・12・26(NHK7時)

工作船ニュースNHK(北朝鮮工作船との関連を否定)
工作船ニュースNHK
北朝鮮工作船ニュースフジFNN(軍事評論家の岡部いさくがコメンテーター)事件発生から2日後くらいの報道
北朝鮮工作船ニュースフジニュースジャパン
北朝鮮工作船ニュースフジ目覚ましテレビTV
北朝鮮工作船ニュース特だねTV
北朝鮮工作船ニュースズームインスーパー

海上保安庁広報「海からの警鐘 工作船事件のすべて」



日テレ 080524-1800北朝鮮工作船事件、当時の海上保安庁の船長のインタビュー

北朝鮮拉致被害者帰国時のTV報道
北朝鮮拉致被害者帰国時(2002年10月15日)のライブ映像NHK01
北朝鮮拉致被害者帰国時のニュース01(ニュースステーション)
北朝鮮拉致被害者帰国時のニュースワイドスクランブル
北朝鮮拉致被害者帰国時のニュース03(よど号メンバー元妻のインタビューニュースステーション)
北朝鮮拉致被害者帰国ニュースの森
北朝鮮拉致被害者帰国時のニュースNHK01
北朝鮮拉致被害者帰国時のニュースNHK02
北朝鮮拉致被害者帰国時のニュースNHK03
日朝首脳会談北朝鮮拉致被害者帰国時のニュース(ニュース23)

元赤軍幹部塩見孝也が拉致被害者を連れ戻すと発言するも結局駄目でした(03.09.24)ワイドスクランブル


追跡5千日北朝鮮拉致スクープ3つの新事実(03.09.15)

ブログランキング応援クリックをお願いいたします(一日一回有効)。




    当サイトは日本唯一の愛国放送・チャンネル桜を応援しています!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
トップページ /常連用
選挙期間対応について
戦いの始まり
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
枚!
報告フォーム
詳しくは→こちら
マスコミが隠す反日の実態を暴く!     右翼団体=在日の自作自演     民主党の正体=反日・売国     アサヒる=捏造     偏向報道     変態記事     日中記者交換協定     日本解放第二期工作要綱     【嘘】南京大虐殺     【嘘】従軍慰安婦     人権擁護法案     外国人参政権     移民1000万人受入     沖縄売り飛ばし     ガス田献上     竹島問題     在日特権     カルト宗教     部落解放同盟     日教組     自治労     税金泥棒     パチンコ利権     毒餃子うやむや     チベット虐殺     東トルキスタン虐殺     売国議員     外国人犯罪     人口侵略     通名報道     国籍法改悪     <丶`∀´>     (`八´ )

 日本の裏社会について
重要⇒ネット右翼の正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする









  サイト運営  

サイト編集











周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所




政治家関連








民主党










自民党








その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障




amazonランキング1位
(2010.3.22現在)










 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









内容精査の必要なページ
単なるアジテーションではなく確りしたロジックに基づいた問題の検証が求められるため当面ペンディングとする


必要なページだが内容が大幅に不足しており正式ページと認めるのは時期尚早。

表現規制は反日問題ではなく「表現の自由」の制限に関する憲法問題であるのにその点を論理的に説明出来ないまま一方的なアジテーションに走ってしまっている。

TPPを賛否両面から考察したページ作りが必要であるのに一方に偏ったアジテーションに終始している。

以上は内容が 無責任に過激 なせいで管理者によって 閲覧禁止になってしまった ページ。

以上は同様の懸念があり、 今後閲覧禁止になりかねず早急な改善が必要 なページ。

興味深い内容を含むが現状では論理的な説得力が不足しており偏った印象を閲覧者に与えかねないため保留とする。

主要連動サイト






【現在のランキング】

更新履歴
全ページ(更新順)
取得中です。





アクセスランキング