光洋丸事件を知っていますか?

記憶せよ、玄界灘<第18光洋丸>


■事件の経緯

ウィキペディアより
「第18光洋丸」と「フン・ア・ジュピター」の衝突事故 2003年7月2日、福岡県沖の玄界灘でパナマ船籍、韓国興亜海運社所有の貨物船「フン・ア・ジュピター」(3372トン・16人乗り組み)が巻き網漁船
「第18光洋丸」(135トン・21人乗り組み)と衝突した[1][2]。「第18光洋丸」の乗組員17名が海に投げ出されたため、直後から日本の漁船の船団は救出活動を開始したが、貨物船は救助を行わず傍観していた。
死者1名、行方不明者6名、負傷者2名という民間船同士の衝突事故としては稀な惨事となった。

経緯
6月29日
0時0分 - 第18光洋丸が山口県下関漁港を灯船2隻とともに出港。
7月1日
21時45分 - フン・ア・ジュピターが韓国釜山港を出港し、広島港に向かう。
7月2日
1時54分 - 第18光洋丸は、沖ノ島灯台沖で、灯火などを点灯して投網を開始。
1時58分 - 第18光洋丸が7.1海里先にフン・ア・ジュピターのレーダー映像を確認。動静監視を行う。また、フン・ア・ジュピターも第18光洋丸などの船団を視認。
2時12分 - フン・ア・ジュピターが第18光洋丸から3.5海里の距離に接近する。第18光洋丸は他の漁船と網を張り揚網中で、移動することができなかったため、運搬船をフン・ア・ジュピター号に向かわせて注意を
喚起するとともに、網の大きさを示すために他の漁船に網の反対側に寄るように指示。さらに、船橋前部の作業灯を点滅させる。しかしフン・ア・ジュピターは十分な動静監視をしておらず、衝突の危険性に
気づかなかった。
2時21分 - フン・ア・ジュピターが第18光洋丸から1海里の距離に接近したので、第18光洋丸は網の位置を示すため他の漁船を網の北西側に沿って走らせ、サーチライトをフン・ア・ジュピターに向けて照射し、
汽笛を連吹する。
2時23分 - 第18光洋丸が船上の照明を全て点灯。フン・ア・ジュピターが第18光洋丸に接近しすぎたことに気づき、右転。
2時25分 - 第18光洋丸の左舷中央にフン・ア・ジュピターの船首が衝突。17名が海に投げ出される。

「フン・ア・ジュピター」の不可解な行動
「第18光洋丸」は他の複数の漁船間で網を張っていたため、回避不可能の状態だった(回避運動をしようとすれば、網が絡まり、他船との衝突の危険性も高かった)。
そのため、韓国の貨物船「フン・ア・ジュピター」へ、繰り返し漁灯や警笛で合図を送っており、回避義務は法的にも韓国船側にあった。だが、「フン・ア・ジュピター」は第18光洋丸をトロール船だと思い
(しかし海上衝突予防法18条により航行中の船舶には漁ろうに従事している船舶を避ける義務がある)、速度を落とさずにそのまま直進し、第18光洋丸に衝突した。また、「フン・ア・ジュピター」
は衝突後も航行に問題はなく、また自船にはけが人が1人もいなかったにもかかわらず、救出活動は一切せず、その場を離脱しようとした。

「からしま」と「コレックス・クンサン」の衝突事故 2003年7月6日、「第18光洋丸」と「フン・ア・ジュピター」の衝突事故による行方不明者を捜索中だった水産庁漁業取締船「からしま」
(499トン・16人乗り組み)が2隻の国籍不明船に遭遇した。1隻目の国籍不明船に対する回避操作中、2隻目の国籍不明船に接近されたため、衝突の危険性を回避するため「からしま」は停船した。しかし停船直後、
同海域にいた韓国の貨物船「コレックス・クンサン」(4044トン・13人乗り組み)に左舷より衝突され破損・浸水した。「からしま」を除くいずれの船も海上衝突予防法を無視していた。国籍不明船は
2隻とも逃走した。「からしま」の乗組員は、付近にいた同庁取締船「海鳳丸」に全員救助されたものの、1人が軽傷を負った。また、「からしま」の船体の損傷は激しく曳航不能の状態であり、
漂流ののち現場近くで沈没した。
「コレックス・クンサン」の不可解な行動海上衝突予防法第14条により、真向かいに行き会う場合はそれぞれ針路を右に転じなければならないと定められているにも拘らず、「コレックス・クンサン」
は左に転進して「からしま」と衝突した。また、この事故でも「フン・ア・ジュピター」同様に「コレックス・クンサン」は救助活動をしなかった。

マスコミに葬られた海難事故


韓国船が起こした死亡1名、行方不明6名という日本漁船沈没事故をなぜか隠し続る日本のマスコミ。

■1.「光洋丸」の事故を知っていますか?■


 韓国コンテナ船が違法な航行をして日本漁船に衝突、漁船は一瞬で沈没し、死亡1名、行方不明6名という惨事が起こった。
しかしテレビや新聞がごく限られた報道しかしないので、ほとんどの人が知らずにいる、という事件が起きている。

 韓国コンテナ船は海に投げ出された乗組員の救助活動もせず船主は謝罪もしていない。さらにその4日後、行方不明者を捜
索中の水産庁の取締船が、またも違法な航行をした別の韓国貨物船にぶつけられ大破、沈没するという事故が起きた。

 あの「えひめ丸」の事故と比べてみよう。平成13年2月9日(現地時間)、ハワイ沖で愛媛県宇和島水産高校の実習船えひ
め丸が、海中から急浮上してきた米海軍原潜グリーンビルに激突され、数分で沈没。原潜は26人を救出したが、学生を含む
9人が行方不明となった。米側はすべての責任を認め、ブッシュ大統領より森総理(当時)に謝罪の電話があった。

 被害規模から言えば同程度であり、加害者側の悪質さ、同様の事故が続いた点では、今回の方がはるかに問題は大きい。そ
れなのにマスコミはなぜかこの事件を「えひめ丸」ほどに報道していない。事件後、約2ヶ月間に報道された記事の件数が如
実にその差を物語っている。[1]

     えひめ丸  光洋丸  比率(光洋/えひめ)
朝日新聞 608件  19件   1/32
毎日新聞 644件  27件   1/25
読売新聞 629件  25件   1/25

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog308.html

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
トップページ /メニュー/常連用
選挙期間対応について
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
再始動
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2016-12-08 16:50:56 (Thu)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2119

更新情報Twitter



更新順にページ一覧表示 作成順[昇順]にページ一覧表示 ページ名順にページ一覧表示
タグ検索 :


タグ一覧 タグ登録が多い順

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→こちら
重要⇒ネット右翼の正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする








  サイト運営  

サイト編集











周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所


■ 国会・地方・世界


政治家関連



■ 売国議員リスト





民進党




■ 野田佳彦関連






自民党









その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障












 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









主要連動サイト





【現在のランキング】

更新履歴
全ページ(更新順)
取得中です。