創価学会の正体





創価学会と「公明党」は表裏一体である

創価学会が政治部門として作った政党が公明党であり

公明党議員の大多数が創価学会員である。


また創価学会は、会員に対して多くの情報を隠している団体でもある。






創価学会とは



創価学会とは


創価学会とは、 「入会すれば病気が治る」「幸福になれる」 と宣伝し、会員を増やしてきた宗教団体です。

まだ医療が発達していなかった昭和20~30年代に、 病人を中心に勧誘を行った結果、多くの信者を獲得しました。
現在所属する会員のほとんどは2~3世。 (入会すると子供・孫まですべて創価学会員となります)

また創価学会員の最大の特徴として、 組織にとって不都合な情報 はほとんど知らない(都合の悪い情報は与えられない)といった一面があります。





※創価学会が隠している情報

「入会すればあらゆる病気が治る」と宣伝してきた創価学会ですが、「池田大作」会長の息子は、29歳で病死しています(病名:胃穿孔)。

一般人でも20代で病死することはありますが、 特別な功徳を受けているとされる創価学会員にはなぜか障害者が多く、
池田名誉会長の息子 のように、高齢者でも完治可能な病気で落命するなど、学会員は幸が薄い傾向があります。

また「病気が治れば信心のおかげ」とする一方で、 早死にすれば「信心が足りない」 と言った教えを受けます。

創価学会の最大の問題点は、組織にとって都合の悪い情報を会員に教えたり、また自ら考える機会をあたえないことです。




創価学会のご本尊(カラーコピー)について


一部3000円


創価学会では、 日寛上人 が認(したた)めたご本尊から( 授与書き、文字のかすれた部分 )などを勝手に 加筆修正 したあとにカラープリントし、安価で販売しています。
(創価学会員は、本部職員がカラーコピーしたご本尊を熱心に拝みます。 幹部宅の本尊 は拡大して和紙に貼り付けてあります。(原版は同じ)




創価学会による犯罪



創価学会の犯罪 (個人情報の収集)


創価学会の幹部たちは、多くの事件を起こしてきたため、世間では 創価学会=カルト として扱われています。




創価学会の幹部たちは電話会社やプロバイダからの 個人情報盗難 で逮捕者が続出しています: 例 yahooBB恐喝事件
YAHOO BB事件では 460万人分の顧客データ をソフトバンクから盗み出しており、創価学会幹部2名逮捕。

幹部たちは、「創価学会が批判されるのは、外部から嫉妬されているから(学会員であることを羨ましく思われている)」と会員に教えていますが、批判される原因は 「幹部による犯罪」 です。
そもそも、犯罪者でも簡単に入会でき、世間ではカルト扱いされている団体に嫉妬する人はまずいません。



NTTドコモ通話記録抜き出し事件




この事件では 脱会者の女性 に組織的なストーカーを行い、創価学会員が3名逮捕される。その中の一人に懲役10ヶ月、執行猶予3年の判決。

近年は、 車両に搭載されたナビゲーションの位置情報(GPS) や、携帯電話の位置情報により居場所が簡単に特定できるため、脱会者に対する監視が容易。
(ちなみに電話会社等には多くの学会員がいます)

(上の写真) 中央の白い服を着た女性が被害者



創価学会の集団ストーカー



創価学会には、「広宣部」という、特殊な活動を行うグループがあります。「NTTドコモ通話記録抜き出し事件」を起こしたのも広宣部の活動家です。
新規の入会者に、功徳を実体験(※功徳を信じ込ませるために人為的な力で願望を実現)させたり、諜報活動(集団での尾行・張り込み行為)
車両の追跡・撮影・自宅押さえなどを行い、対象がどんな人物か調べるといった行動が知られています。


広宣部による電話盗聴事件


また 幹部 は、組織を強化するために敵をでっちあげることがあり、 創価学会の存在すら知らなかった人 がストーカー被害を受けていたケースがあります。
(創価学会を知らなかった被害者でも、創価学会の犯行と分かれば必ず反学会になります。)



国会で創価学会の集団ストーキングを追及








学会員すら知らない創価学会のシステム



かつて創価学会は、「貧人・病人のための宗教」と言われていましたが、現在は幹部がお金を儲けるシステムに変わりました。
収入だけでなく、学会組織に対する情報量にも幹部と末端会員では大きな格差があります。

ちなみに現在は廃止された「長者番付」を見ると、幹部たちが、年収5000万円以上稼ぐ高所得者であることが分かります。

四谷税務署の、「納税額」公示 (現在は「長者番付」の公示が廃止されています)







創価学会は、 「末端の学会員」 が活動・財務(寄付)に頑張るほど、幹部の懐が潤うシステムです。学会員の方はこのシステムに気づいてください。

もうひとつ・・・幹部の収入源である「マイ聖教=再生紙」には、大量の石油(原油)を浪費します。資源のムダですのでマイ聖教は断りましょう。



創価学会員による迷惑行為



町で騒音をまきちらしながら徘徊する「右翼」と呼ばれる人たちの多くは在日と創価学会員です。

彼らは愛国者を名乗りながら犯罪を繰り返すことで、日本人の 国家意識(愛国心)を低下 させようと日々活動しています。(逆宣伝行為)



右翼団体と創価学会が協力した事件が多いことから、右翼団体には創価学会員が多いことが分かる。

【参考サイト】右翼の正体


<目次>




公明党の評価


氏名(売国列伝) 順位 選挙区 Wikipedia 主な売国実績
(主導者は★印、準主導者は●印が付いています)
売国度
全議員 省略 省略 公明党 - Wikipedia ★国籍法改悪推進
★人権擁護法案推進
★外国人参政権推進
★日朝国交正常化推進
★従軍慰安婦肯定
★南京大虐殺肯定(自虐隷属史観)
★靖国神社参拝反対
★児童ポルノ規制法改悪推進
SSS+



■驚くべき 「反日主義者の精神構造」を持った団体

さて、「創価学会」というと、みなさんのほとんどは
「聞いたことはあるけどよく知らない」という印象ではないだろうか。

この創価学会という団体は 中国・朝鮮の利益を守るため の構造を取っている。


公明党・山口代表

具体的な構造を説明する前に、まず、創価学会という団体を説明すると、
一義的には単なる宗教団体だが、宗教だけでなく幅広い分野に干渉し、
公明党と密接な関係がある 極めて政治色の強い組織である。

その政治色を、単に「公明党の支持母体が創価学会」とだけ
認識する人も多いが、実は少し違う。
簡単な話、 「創価学会の政治部門が公明党」 なのである。

一時期、創価学会の強引な宗教勧誘が話題になったが、それらの勧誘で
「池田大作と北朝鮮の金正日が親しげに対談する布教用ビデオ」などが
使われていたことからも異常な政治思想を持つ組織であることはわかるだろう。

ちなみに 創価学会の幹部の多くは在日シナ人である。
彼らは貧・病・争に喘ぐ庶民階級に近づき財務を集め、幹部の生活を保障すると同時に
在日の権利拡大のために政治力をふるう。
公明党は、在日朝鮮人に選挙権をあたえるための 外国人参政権法案 に執着しており、
過去に29回も国会に提示し、すべて廃案させられている。

それ以外にも芸能会に多くのタレントを送り込んで広告塔として利用していることも比較的知られていることである。


具体的にいえば、
政治面では、公明党が政権を樹立する ことを目標にし、
精神面では、日本中を学会員(池田の弟子)にする ことを目標にし、
経済面では、学会系企業が財界を支配する ことを目標にし、
その他、 行政、司法、マスコミ、教育、芸能 等々の要所要所に学会員を
送り込んで 日本国の機構を掌握する ことである。 (総体革命)

そのために在日朝鮮人等に選挙権を与えるための『外国人参政権』を日本に
認めさせる工作が現在も公明党の手によって着実に進められている。


※(重要)

自民公明が連立している という理由での自民党叩きは推奨されません。
自民党は議席が減るとより公明党に選挙協力を依存するようになります。最悪の場合
今まで自民党が反対してきた「在日朝鮮人参政権法案」などが国会で通過する可能性があります。(公明党に配慮)
公明党の発言力は、創価学会の発言力です。



■創価学会問題について厳選したサイト

創価学会に関するより詳しい情報は、以下のサイトをご覧ください。

カルト被害を根絶する会

創価学会は北朝鮮宗教である

創価学会による被害者の会

創価学会の脱会方法

創価学会の本質

宗教団体、霊感商法などの被害リンク集まとめ

政教分離を考える会

■フランスなどでは「カルト指定」

フランスではセクト(カルト)としてリストアップされている集団です。 詳細
その条件は、反社会的な教説・公秩序の撹乱・裁判沙汰の多さ・公権力への浸透の試み・子供の囲い込みなどです。(他にはオーストリア・チリ・ベルギー)

■お題目を唱えると願いがかなう?

因果関係が全くありません。科学的根拠もありません。それ以前に 創価学会は日蓮正宗から破門を受けており、捏造された偽本尊を拝むこと事態が全く無意味です。 詳細
そもそも、正座がひざに負担がかかるので足の健康によくありません。血行が悪くなるので足が太くなるそうです。女子部の会員は異常におしりが大きくなります。また、長時間の正座から立ち上がった際に一気に血液が流れるので危険です。

■創価学会三大地獄


『マイ聖教』
「マイ聖教」と呼ばれる聖教新聞購読のノルマがあり、3~5部以上を半ば強制的に購読させられる。

『財務(広布基金)』
「寄付すると功徳、寄付しないと地獄へ落ちる」と脅し、信者間で寄付の多寡を競わせ、生活保護家庭や年金生活者からも年収の数割に当たる寄付や、高額な出版物の購入を強要する。

『友人葬(学会葬)』
戒名を付けて貰えないだけでなく、実勢価格の数倍~数十倍の高価な仏壇や墓石の購入を強要し、香典や遺産まで事実上半強制的に寄付させられる。



■創価学会と暴力団との深い関係

暴力団を題材にした「マルボーの女」と創価学会を題材にした映画「アルタイの女」の監督(故)伊丹十三襲撃事件で知られる武闘派の元山口組後藤組組長・後藤忠政著書「憚りながら」(宝島社2010年)の本文で、創価学会と暴力団の深い関係を自ら認めている。これらに関して、一部の週刊誌が(FRIDAYフライデー2010年5月28日号等 )後藤を取材した。その中で、後藤は「国会の証人喚問に元公明党の矢野絢也と一緒に出てもいい」という発言をしている。創価学会と一心同体である公明党という政党が、暴力団と関係が深い事実を日本最大の暴力団の大幹部であった当事者の証言にて、明らかになったのにも関わらず、これらの事実に政界並びに大手マスコミは完全無視を決め込んでいる。海外の法治国家なら、ありえない事である。

憚りながら 著者:後藤忠政(宝島社2010年)
http://tkj.jp/book/?cd=01754701
http://www.amazon.co.jp/%E6%86%9A-%E3%81%AF%E3%81%B0%E3%81%8B-%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89-%E5%BE%8C%E8%97%A4-%E5%BF%A0%E6%94%BF/dp/4796675477/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1284568758&sr=8-1

後藤忠政
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E5%BF%A0%E6%94%BF
伊丹十三
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E5%8D%81%E4%B8%89
※伊丹十三の投身自殺は他殺ではないか?という憶測がいまだに消えない。
※女遊び(スキャンダル)なんかで自殺するような人物ではないという。


公明党の存在そのものが明確な憲法違反


日本国憲法条文【第20条】(信教の自由)
①信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。 いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
②何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

過去に外国人参政権法案を何度も国会に提出


自民党・・・ 0回
共産党・・・11回
民主党・・・15回
公明党・・・29回

あの反日売国民主党以上に外国人参政権や人権侵害救済法案や移民1000千万人受け入れを強力に推進しています。
売国法案リスト にある全ての政策に賛成の立場でいます。

国籍法改正案の影に…

国籍法改正案の正体をご覧になればお分かりいただけますが、この改正案は非常に危険です。
この危険な法改正の影にこの創価学会・公明党があるのです。

以下国籍改悪法案と公明党せと弘幸Blog『日本よ何処へ』内)

児童ポルノ改正案にも?

児童ポルノ法改正案の正体日本ユニセフ協会の正体をご覧になればお分かりいただけますが、この法案は創価学会が推進しています。

裁判員は創価学会のための制度

裁判員制度を推進したのはほぼ間違いなく創価学会です。外交や司法への影響力拡大を目論んでいた創価学会は外務官僚や裁判官・検察官に学会員を送り込むことを長年にわたり推進してきましたが試験の壁が高いため必ずしも所期の成果を上げられずにいました。しかし創価学会の実質的下部組織である公明党が与党入りすることで外交への影響力は格段に増大しました。国土交通大臣のポストを得て韓国との間のビザなし渡航を実現したのはその現れでしょう(⇒博士の独り言参照)。しかし創価学会票と公明党を使うことで政権与党入りはできても司法への影響力の拡大はそう簡単ではありません。そこで裁判員制度です。現下の各種調査でも明らかなように裁判員になることに多くの国民は消極的です。ならずに済む方法があるならそれに飛びつく人が続出することは間違いありません。通常の国民は一生関わりたくないような種類の人間や団体との間に接点ができてしまうのがこの制度ですから。本稿で秦郁彦も引用するいわゆる「お礼参り」の危険もその一つです。そういう危険を知りつつこういう制度に積極的に関わることのできるのはバックに組織がついていてその組織による保護が期待できる人間ではないでしょうか。普通のそういう組織的な保護のない人に「何かあったら警察が保護します」と言ったところでどれほどの説得力があるというのでしょうか。断言しますが裁判員制度が実施されると早晩裁判員の多くは創価学会などの組織に属する人間によって占められるようになるはずです。そして例えば創価学会に入れば犯罪を犯しても軽い罪で済むとかいう事態が起これば法の下の平等に反する事態となります。現状でも創価学会に入っていると生活保護を受給しやすくなるとか公営住宅に入居しやすくなるとかいう「噂」があります。そういう「噂」が絶えないのは行政への影響力増大の結果です。同じような「噂」が裁判においても囁かれることのないようにしなければなりません

自民党を使い捨てにした公明党

自公連立終了のお知らせせと弘幸Blog『日本よ何処へ』内)
2009年の衆議院議員総選挙で大惨敗を喫した公明党。
特別国会における首班指名選挙において、自民党総裁ではなく、公明党代表に投票するというのです。

創価学会犯罪者リスト


●池田大作『信平信子レイプ訴訟』
●池田大作『月刊ペン事件』
●池田大作『大阪事件』選挙違反で逮捕
●藤原弘達『創価学会を斬る』の出版を巡り創価学会と公明党による言論・出版の弾圧と嫌がらせ
●藤原弘達の葬式に祝電を贈る嫌がらせを行なった創価学会員
●創価学会による日本共産党委員長・宮本顕治宅電話盗聴事件
●創価学会による新宿替え玉投票事件
●創価学会副支部長 木村昌幸 強制猥褻事件
●迷惑電話3000回の地区部長 谷口博司 実刑判決
●NTTドコモ事件 福原由紀子さんに対する集団ストーカー事件で創価大学卒 嘉村英二に実刑判決
●元公明党委員長の矢野絢也氏への創価学会幹部による脅迫と言論弾圧事件
●公明党江戸川区議・松本弘芳(江戸川区文教委員)児童売春で実刑判決
●公明市議の赤井良一。妻を餓死させ実刑判決
●元公明党市議の山田喜八郎。道交法違反(轢き逃げ)逮捕
●覚醒剤取締法違反、公明党市議・大石尚雄。逮捕
●公明党参議院議員・片上公人セクハラ最高裁敗訴
●聖教新聞配達員 硲篤代 寺のお供え物を盗み窃盗罪で逮捕



選挙を棄権することは危険!




朝木明代市議万引き被疑事件・転落死事件

詳細が書いてあるまとめサイト
朝木明代市議万引き被疑事件・転落死事件 まとめWiki


<掲載日>2008.07.31
朝木明代元市議・不審死事件を訴える!
■解説■
「朝木明代元市議・不審死事件を訴える!」は、2動画1セットのため、組んで掲載しました。

自殺とされた死体の腕には強い力で掴まれたと思われるアザが出来ていたと通行人に説明する瀬戸氏
「私が何故、この事件を取り上げてこのような訴えに立ち上がったのか?」
「それは内部告発です。現職の警察官から、この事件をこのままにしておくことは出来ない。これは自殺などではなく殺人事件であり、3人の犯人と思われる人物の特定もなされていました。」

内部告発した警察官より
「しかるに、創価学会の信者と見られる検察官からの捜査打ち切りによって、真相は闇の中へと閉じ込められたのです。瀬戸さんたちがこの問題に火をつけて下さい。騒ぎが大きくなれば、隠された真相はやがて明らかになるでしょう。」
「もう、時効まで2年と迫っています。頑張って下さい。社会の巨悪を眠らせてはいけない。我々も協力します。」
創価学会の正体
引用リンク

筆者追記
2008年9月1日に瀬戸弘幸氏らが抗議集会を開きました。

2008年9月1日に行われた抗議集会【朝木明代さん殺害事件を13年目の命日に市民に訴える!】


瀬戸弘幸氏らは9月1日、東村山市駅前において、13年前の当日、何者かによってビルの上から突き落とされ殺された、東村山市議会議員であった朝木明代さん事件の捜査のやり直しを 求める訴えを行ないました。
3時半から6人の弁士が次々に立って、この朝木明代さん殺害事件を1時間半に渡って、 東村山市民の皆様に訴えましたが、反応は上々でした。

悪魔に魂を売った警察官 この国は少し変だ!よーめんのブログ

創価学会に屈服した最高裁判所


脱会者からの証言と恐るべき創価学会の実態


もはや犯罪組織とも言える宗教団体が反対者に末恐ろしい仕打ち?

糞置き事件「東村山の闇」この国は少し変だ!よーめんのブログ内)
裁判当日の出廷者(西村修平)の自宅ベランダに糞を置く?!

なかなかの嫌がらせですね。気色悪いですね。

やることは朝鮮人や893と同じ?!

このエントリーにおける投稿を引用
Commented by 読者 at 2008-11-15 07:14
創価学会は日本のガンです。
悪法国籍法改正法案も公明党主導、人権擁護法案、外国人参政権もそうです。あの定額給付金も自民党は反対していたのに公明党に押し切られた。(注・定額給付金はマスコミが的はずれな批判をしているだけで本当は素晴らしい政策です。もっとも公明党主導ではありませんが。)
日本をよくしょうとするならまず創価学会を潰さなくては駄目です。

二日連続の家宅侵入!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』内)
この二日連続のこのような攻撃は、組織的に行なわれていることは確実で、これは犯人達もまた必死であることを窺わせるものです。明らかに執拗に威嚇して西村氏への行動を鈍らせようとしています。
家族を巻き込む、このような卑劣なやり方は断じて許すことが出来ないし、このような脅しを目的とした行為には徹底的に戦い、真相を明らかにしていかなくてはなりません。
これは「第二の東村山事件」の予兆である可能性が高く、このままにしておけば、益々図に乗ってやがては西村氏に対する直接的なテロ行為にも発展しかねません。
先ず、昨日の経緯ですが、発見したのが朝の出かける慌しい時であり、交番の巡査がやって来たが、話を訊いただけでそのまま証拠品は持って行ったものの、本格的な捜査には着手していなかった。
今朝、また同じ場所に同じような物が置かれていた。この二日連続して、他人の宅地内に進入し、このように<不審物>を置く行為は、まさに平穏な社会に対する挑戦であり、これを看過することは出来ない。
柏警察署に対して、直ちに捜査に着手するように、西村さんと私・瀬戸と有門の3人が要請した。
最初、警察は今回の事件についてまったく動こうともしませんでした。
二日連続で、しかもベランダにそのような物が置かれたということは、これは明らかに事件であり、「何故捜査を早急に行なわないのか?」との質問に対しては次のように答えました。
何者かが侵入したような形跡がない。
置かれたものが動物の糞などの可能性もあり、よく解らない。
そのようなことで、何の法律に違反をしているのか、その事件性がハッキリしないということでした。
先ず、侵入した形跡云々については、交番の巡査が目で見ただけであり、それで調べたことになるのか? 何の法律に違反しているかは明らかだろう。「家宅不法侵入罪」に当たるのではないか。
それは不法に侵入しなければ、そのような物を置くことは出来ない。警察署では刑事が「動物の糞である可能性もあり、調べたらそうでしたということもある」などと最初はまったくヤル気が感じられなかった。
しかし、これには隠された理由がありました。
それは昨日「何か思い当たることがありますか?」という問いに「創価学会問題を追及しており、その裁判の初日でもあり、それ以外には考えられない」と答えていたことです。
警察署としては「創価学会が怪しい」との答えを聞いている以上、慎重にならない訳にはいかなかったのでしょう。しかし、我々は警察がどうしても捜査に踏み切らなければならない、一つの判断を示しました。
このことについては現在の段階では申し上げる訳にはいきません。
その我々の主張によって、柏警察署はようやく重い腰を上げました。鑑識班がやって来たのは午後の4時15分過ぎのことでした。この事件は東村山市で朝木明代さんが何者かによって殺害される以前に起きた、様々な朝木さんの自宅や事務所に対する嫌がらせと酷似しています。
朝木さんは東村山警察署に何回も被害届けを出しに行っても、警察はそれを取り上げようとはしませんでした。そしてあのような凄惨な事件が起きたのです。
柏署を第二の東村山署にしてはなりません。今後徹底的にこの事件の究明に努め、この卑劣な犯罪者集団の正体を暴かねばならない。かなり大掛かりな組織的な集団が動き出してきたことだけは間違いないようです。

驚愕の事実

誰が喜ぶのか?この国は少し変だ!よーめんのブログ内)
あの方々(綺麗事派)が、百歩譲って創価の信者では無く、本当に苦言として勇気を持ってご指摘して頂いておられるとしても。
以前から保守の分類の所で散々申しているように、「左翼・在日・カルト創価と共闘している形になる」と言う事は旧保守派の重大な問題であり、やはり見逃す事の出来ない問題です。
あまつさえ、あの運動をしている人達を"自己満足"とまで言うとは恐ろしい事です。なぜなら今回の運動には、無念の死をとげ、無念の死を目の当たりにした遺族らが参加しておるれるわけでそれを"自己満足"とは何事でしょうか?
時間が経過するとともにゾーッと(事を重要視)して来ました。
これまでの彼らの記事を見る限り愛国者的な記事が多くその為、それなりの支持者もいらっしゃるようですが、だからこそ通常のブサヨ・ザイニチらのブログより訳が悪いのです。
先ほど申したように、"苦言"として書いたとしてもそれにより 誰が得をして、誰が損をするのか?となった時、"表で泣き、裏であざ笑う者"がいる事を綺麗事派は悟らねばならない。

筆者追記
保守系ブログのつもりでやっているも、創価学会問題となったとたん、自らがそのようなことができないからと言って、本来やらなくてはならないことをやっている者に茶々入れるのは、尋常ではありません。まさしく保守綺麗事派による「驚愕の事実」です。
そもそもこの事件は、冒頭でも述べましたとおり「坂本堤弁護士一家殺害事件」と構造がまったく似ています。いうなれば創価学会は、傀儡政党を持つ大きなオウム真理教と言えば理解が早い、そのような状況です。
瀬戸氏やよーめん氏は、オウム事件における江川昭子氏や小林よしのり氏と状況が似ています。それを踏まえて書き込んでいるのでしょうか?非難する、ということは、瀬戸氏らを超える活動ができるということですかね!?

殺人集団!この国は少し変だ!よーめんのブログ内)
(↑このリンクに、動画のURLが貼ってあります。ぜひクリックしてください。)
東村山署からスダと言う刑事が来た。(当時の須田豊美盗犯二係長)それが医師に対して「遺体は”朝木さん”だという事を伏せてくれ。」と抜かした。
東村山署に遺族が呼ばれた時も遺族が病院に行かないようにしていた。
遺族が警察に「こういうことになるから嫌がらせを受けていた時に捜査してくれと言っていたのに」と言ったら。泣いてる遺族に向かって「おまえら何が言いたいんだ自殺>なんだ!これは!」と抜かす!遺族は「泣いている場合では無い!」と事の異常性を察知する。
警察に「解剖をするんですか?」と聞いたら「そう言う予定は無い!」と抜かす。 「自分たちで解剖するから遺体を返してくれ」と言うと、ようやく解剖しようとしたがずいぶん時間が経過してから司法解剖をした。
担当検事が創価高校 創価大学出身の信者であった。それを命じた検察庁の上司も創価の信者であった。
オームの時 「自衛隊(公職)にオームの信者がいるんではないか?」とマスコミを含めて大騒ぎしたはず?!創価は良いのか?
司法解剖の結果が4年間伏せられていた。
まだ生きているのに、救急車が現場で24分間も止まっていた それがどうも現場にいたスダ刑事の指示でないか?
司法解剖後の鑑定書を作っていない。作ったのは三年後。
遺体の両腕には強く掴まれた後がある。
万引き犯に仕立て上げられた被害者

筆者追記
「東村山署からスダと言う刑事が来た。(当時の須田豊美盗犯二係長)それが医師に対して「遺体は”朝木さん”だという事を伏せてくれ。」と抜かした。」
時津風部屋もこのようなことを図っていましたよね。実に卑劣なことこの上ありません。

流れは確実に変わりつつあります!

流れは確実に変わりつつあります!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』内)

ネットにおいては創価学会プロパガンダは完全に我々によって否定されることになってきた。
この動きは今後益々加速されていくことになるでしょう。
これは創価学会にとっては脅威となります。創価学会にとって最後まで隠しておきたかった事実が今、次々に明るみになって来たのです。

政治と宗教の癒着

元公明党委員長の矢野氏が創価学会の内実を暴露 創価学会・公明党の実態

 元公明党委員長で評論家の矢野絢也氏が25日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、公明党と同党の支持母体の創価学会との関係などについて語った。矢野氏は創価学会と政治の関係について「(創価学会員は)選挙の時期になると一生懸命になる。それは各人の自由だが、各地の中心的な(学会の)会館は文字通り『裏選対事務所』だ。選挙の拠点として電話代、光熱費も(無償で)、候補を激励するのは度を過ぎている」と指摘。「政教一致や分離の問題は個々の具体例について議論する必要がある」と強調した。
 また、党幹部時代に「学会にかかわるいろんな問題や事件で(警視庁や警察庁に)陳情することは何度となくあった。大きいこともあれば小さいこともあった。交通事故などはしなかったが」と働きかけをしたことを明らかにした。


創価学会のしつこい勧誘



以下は被害者が撮影したものです。彼らの体質がそこに表れています。
特に「アンチ創価の有名人」での動画の中で、被害者が折伏に悩まされたり、学会員とトラブルを起こした日には社会的に抹殺されるなど、の心情を吐露しています。
かねがねこの団体には、薄気味悪いカルト特有の独善体質がはびこっています。

創価学会・マスコミ・警察がグルになって一般国民をリンチ!?

【創価】騒音おばさんの真実【氏ね】 奈良の騒音おばさん 創価学会の嫌がらせ被害に・・・

被害者、警鐘サイト

創価学会の本質
カルト問題啓蒙サイト『希望の風』
創価学会に悩むすべての人へ
創価学会の彼女との関係
創価学会体験記

合成写真を作ってまで敵対する人物を陥れようとした創価学会




敵対している団体、人物を陥れるために創価学会は合成写真を作成し、訴えられて敗訴した。
聖教新聞社を持つ創価学会が合成写真を作るようでは、聖教新聞紙上にも合成写真が使われている可能性があると思う人は少なくない。創価学会は機関誌「聖教新聞」紙上で敵対する団体や個人を誹謗中傷することで知られており、その過激さゆえに危険視されている。

以下のリンクを見ると偽造写真裁判は創価学会側の捏造により敗訴に終わっている。
日顕 - Wikipedia 捏造事件へのリンク
見れば分かるとおり修正の限度を超えている。芸者写真のことが書かれている記事の中に偽造写真については聖教新聞には一切触れていない。聖教新聞には一方的な創価学会の賞賛と正当性しか書かれていないとんでもない新聞である。このような宗教団体の傀儡政党である公明党が政権を握るようなことがあれば大変なことになるだろう。


投票券を持ち去り公明党に票を入れる「集団替え玉事件」

創価学会の「大量替え玉投票事件」 - 雑木帖
http://blog.goo.ne.jp/c-flows/e/6a406038b07ff3da74127be6e1c39ebc
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1439.html

言論出版妨害事件

言論出版妨害事件 - Wikipedia

意見の対立する団体や個人に対する訴訟数が極めて多い。

創価学会は批判者に対して言論活動を妨害するために訴訟を起こすことで知られている。
カルト問題に詳しい識者からは、訴訟数が多いことはカルトの条件と言われており、警告している。
創価学会問題7・学会の裁判戦績
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/souka_7.html

聖教新聞の内容を読んだことがある人なら誹謗中傷のすさまじさを知っている。
誹謗中傷は関係のない家族や関係者にまでおよび、創価学会を非難すればこうなるのだぞと暗に匂わせている。
いまだに改善が見られない聖教新聞から創価学会の本質が見えてくる。


創価学会名誉会長、池田大作が韓国に建立した反日の碑

※↑クリック後、表示された画像をクリックすると拡大表示されます
日本を
  • 「東海の小島」
  • 「小国」と表現
韓国を
  • 「あまたの文化文物をもたらし尊き仏法を伝え来た師恩の国」
  • 「隣邦を掠略せず天地を守り抜く誉の獅子の勇たぎる不屈の国」と表現
日本の朝鮮出兵と日韓併合を
  • 「小国(日本)の倨傲、大恩人の貴国(韓国)を荒らし」と表現
http://blog.livedoor.jp/far_east_news/archives/509243.html


演説で意味不明な発言を連発する池田大作




当サイトでの評価

宗教名 資料 危険度
創価学会 言わずと知れた売国宗教。教義的な面をコロコロと変えており、元の日蓮正宗の面影は現在となっては薄く、実質は「池田大作教」である。
公明党の結党(政教分離の原則に違反)を始め、各種メディアへの介入、警察・法曹・朝鮮とのつながり、 外国人参政権賛成、児童ポルノ法改悪推進、反靖国神社 (参拝反対ならびに代替追悼施設の推進)、オウム真理教を(創価学会の保身目的で)裏利用した疑惑など、悪行を挙げるときりがない。
元の母体である日蓮正宗とは機関誌での醜い罵り合いや暴力も交えた喧嘩、信者の引き抜き合戦を行っているが本質的にはどっちもどっち である。反日蓮正宗・反顕正会サイトにはここの信者が運営しているものも多数あるので、文章の出典やリンク先を要確認。
SSS++

氏名 主な売国実績 危険度
池田大作(通称:池田犬作) 創価学会名誉会長。公明党の創設者。作家。
罪状が多すぎるため、ここには書ききれない。恐らく国内で最も危険度の高い人物の一人。
池田大作 - Wikipedia
SSS++

まとめサイト

2ch 創価・公明板 まとめサイト
頭がパーン@wiki


創価学会とは?
創価学会 - Wikipedia
創価学会とは - はてなダイアリー

公式サイト

SOKAnet:創価学会公式ホームページ:カルトの思想が分かります。
富士美術館/創立者池田大作SGI会長略歴
聖教ブックサービス:創価学会の誤った知識が手に入ります。超オススメです。
創価学会 - Wikipedia
池田大作 - Wikipedia
聖教新聞 - Wikipedia
折伏 - Wikipedia
「折伏活動に対する社会的批判」が強まっています。
友人葬 - Wikipedia
友人葬 - Google 検索



創価学会関連コメント

  • 勝谷誠彦 - 大手マスコミが報道しない、公明党・創価学会のP献金(ラジオ)
   http://www.youtube.com/watch?v=l2gb_qOrdqc&feature=related
創価学会110番(脱会などで悩んでいる方!)
創価「氷川きよし」も
政教一致を証明する秘密文書 
創価系企業  
私は創価学会員でした

この国は少し変だ!よーめんのブログ
 鬼畜カルト問題
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/50850262.html
 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51176495.html
 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/50850772.html
 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51673965.html
反日議員を落選させる会
愛媛県立南宇和高校高知県立宿毛高校掲示板
博士の独り言
 http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-915.html
 http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-917.html
 http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-992.html
長井秀和も創価学会員
創価「氷川きよし」も」
冬柴の真っ赤な「嘘」公明党は創価学会
冬柴氏の狼狽。池田大作・創価学会に献金に狼狽
日本をどうする気か!創価・来日渡航者1000万人
創価「海外でも迷惑」か
創価広告にご用心!
カルトのストーカー
創価「参政権付与」か
冬柴国交相全否定の「池田大作献金」に動かぬ証拠
創価「金大中」か。日本に遺憾表明
創価「日本支配」か 外国人参政権問題
創価「金大中との約束」か 日本を売り飛ばす創価学会
創価「日本競売」か 小平市税金泥棒問題
創価「全面敗訴」か 東村山事件
創価「人権擁護」か 公明党(創価)の危険
創価学会が音をたてて崩壊する日
創価学会による被害者の会




当サイト普及のために

↓創価学会の正体を国民に知らせたい方はクリック!

ご協力ありがとうございました。

情報提供・意見

創価学会についての情報提供や意見がある方は掲示板でどうぞ。
ただし、wikiの編集が出来る方は、極力ご自身でページの編集をするようにしてください。

当サイトに創価学会問題をぶつけたいあなたへ

創価学会について問題をぶつけたい方は共同ブログでどうぞ。当サイトにおいてこのページに限り、語ることができます。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
トップページ /常連用
選挙期間対応について
戦いの始まり
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

更新情報Twitter

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
枚!
報告フォーム
詳しくは→こちら
マスコミが隠す反日の実態を暴く!     右翼団体=在日の自作自演     民主党の正体=反日・売国     アサヒる=捏造     偏向報道     変態記事     日中記者交換協定     日本解放第二期工作要綱     【嘘】南京大虐殺     【嘘】従軍慰安婦     人権擁護法案     外国人参政権     移民1000万人受入     沖縄売り飛ばし     ガス田献上     竹島問題     在日特権     カルト宗教     部落解放同盟     日教組     自治労     税金泥棒     パチンコ利権     毒餃子うやむや     チベット虐殺     東トルキスタン虐殺     売国議員     外国人犯罪     人口侵略     通名報道     国籍法改悪     <丶`∀´>     (`八´ )

 日本の裏社会について
重要⇒ネット右翼の正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする









  サイト運営  

サイト編集










周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所




政治家関連








民主党










自民党








その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障




amazonランキング1位
(2010.3.22現在)










 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









内容精査の必要なページ
単なるアジテーションではなく確りしたロジックに基づいた問題の検証が求められるため当面ペンディングとする


必要なページだが内容が大幅に不足しており正式ページと認めるのは時期尚早。

表現規制は反日問題ではなく「表現の自由」の制限に関する憲法問題であるのにその点を論理的に説明出来ないまま一方的なアジテーションに走ってしまっている。

TPPを賛否両面から考察したページ作りが必要であるのに一方に偏ったアジテーションに終始している。

以上は内容が 無責任に過激 なせいで管理者によって 閲覧禁止になってしまった ページ。

以上は同様の懸念があり、 今後閲覧禁止になりかねず早急な改善が必要 なページ。

興味深い内容を含むが現状では論理的な説得力が不足しており偏った印象を閲覧者に与えかねないため保留とする。

主要連動サイト






【現在のランキング】

更新履歴
全ページ(更新順)
取得中です。





アクセスランキング