民主党の支持母体



民主党の支持母体ビラ セブンイレブンネットプリント番号86350200 期限2010/01/28


<目次>

◆支持母体

民主党支持母体 -wikipedia

(1)自治労

民主党・相原久美子議員(自治労幹部)が「年金問題」を語る
■解説■
年金記録不備問題の根本の原因とされる自治労の幹部、しかも 元国民年金相談員 である相原久美子参院議員が『自治労には責任は無い!』と主張!
選挙終了後の放送を条件に取材。
全日本自治団体労働組合 - Wikipedia
年金問題の主犯である自治労は民主党の支持母体です。
しかしマスコミはこの事実に触れず、あたかも安倍政権のせいであるかのように捏造・偏向報道をし続けました。
2007年参議院選挙で多くの国民は騙されて民主党に投票し、 年金問題の主犯を民主党議員として国会に送ってしまいました。
また、税金を膨大に無駄遣いしているのも自治労です。
詳しい実態は 自治労の正体 をご覧ください。

(2)日教組



日本教職員組合 - Wikipedia
日教組とは、子供たちに反日・左翼思想を植え付けたり、バカ国民の量産政策「ゆとり教育」を推進したりする教職員組合です。
詳しい実態は 日教組の正体 をご覧ください。

(3)韓国民団

韓国民団は危険な売国法案である「外国人参政権」の推進のため、
総選挙での外国人参政権の推進派議員に対する支援を表明しています。
外国人参政権については 外国人参政権の正体 をご覧ください。
在日本大韓民国民団 - Wikipedia
民団8・30へ全力 「参政権16年」の総決算 (民団新聞)
詳しい実態は 韓国民団の正体 をご覧ください。

(4)朝鮮総連 ( =在日朝鮮人)

在日本朝鮮青年商工会とは、若い朝鮮人の商工人をはじめ30代の各界各層同胞青年を網羅した大衆団体。
朝鮮総連関連団体。
朝鮮総連結成40周年を迎えた1995年の9月6日に結成された。
在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連) - Wikipedia

朝鮮総連が政界工作を指示 内部文書入手 制裁解除狙う
(2009.10.18 産経ニュース)
 北朝鮮の朝鮮労働党の指導下にあるとされる朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)が9月中旬に開いた中央委員会で 「われわれは新しい連立政権に対北敵対政策を是正せしめ、日朝平壌宣言を誠実に履行させる対外事業(工作)を進攻的に広げる」 などの方針を示し、幹部約350人に政界工作を指示していたことが、産経新聞が入手した総連内部文書でわかった。

 総連は、 日本の政権交代をこれまでの対北強硬路線から融和路線に転じさせる好機 と受け止めており、16日には都内で欧米などの親北団体を集め、「海外同胞大会」を開いている。

 文書は「在日朝鮮人運動の新しい全盛期を開くため確固とした土台を構築し、同胞が主人となる大衆運動の高揚と革新の成果として総連第22回全体大会を迎えるために」と題した計16枚。来年に予定される総連の「全体大会」に向け、組織拡大など活動指針を明示した。関係筋によると、総連首脳部が訪朝し、朝鮮労働党の指導で作成され、決裁を受けているという。

 文書では 「与野党をはじめ政界、言論界、在野の人材、社会団体との事業を強化、日朝関係改善と国交正常化を追求する社会的世論を大きく活気付けること」 として 親北ムードの醸成を指示 。日本政府への働きかけとして、貨物船「万景峰92」の入港禁止など 日本の独自制裁の撤廃 を「闘争」の目標に掲げた。

 さらに5月の核実験を受けた追加制裁として実施した輸出禁止措置により「同胞が祖国の家族らに送る郵便物や人道物資まで遮断された」などと主張。「前代未聞の人権蹂躙(じゅうりん)だ。国際社会に暴露、糾弾し、新連立政権(鳩山政権)がこれを即時撤回する措置を取るよう強力に要求する」とした。禁止措置では人道目的は例外となっているが、 「人道」を理由に新政権から制裁解除を引き出したい ようだ。

 一方、地方政界への工作について 「いくつかの地方自治体選挙でわれわれの活動を理解し、同情する人材が当選した」 と評価し、「これに関連し、 地域密着の対外活動(政治工作) を現実的な条件に合わせさらに強化、努力すること」と指示している。

 朝鮮総連は 旧日本社会党 総評 日教組 などと歴史的な交流関係にあり、 民主党の支持団体には、なお関係の深い団体が少なくない とされている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091018/plc0910180021000-n1.htm
詳しい実態は 朝鮮総連の正体 をご覧ください。

(5)部落解放同盟

「民主党議員には部落開放同盟の幹部が2名在籍しています」

部落解放同盟 - Wikipedia
詳しい実態は 部落問題 をご覧ください。

(6)民主党とヤクザ

①ヤクザの構成員=「6割が同和出身者」「3割が在日朝鮮人」



ヤクザの真実 「暴力団が無くならない理由」「構成員の実態」在日問題

民主党「在日朝鮮人に選挙権を与えるべき

民主党は、
「在日韓国・朝鮮人に選挙権を与えるための法案を、国会に15回提出しています」
(15回のうち5回は「公明党」と共同提出)

②右翼団体(街宣右翼)=在日朝鮮人による自作自演




ヤクザと関係の深い右翼団体(街宣右翼)の正体は、 在日朝鮮人・韓国人・部落解放同盟による自作自演 です。
彼らの目的は 金銭や自分たちの利益の為に行動し、日本の保守・愛国者たちのイメージを貶め、日本を弱体化 させることです。
保守・愛国発言をすると「右翼だ!」「軍国主義だ!」と叫ぶ人も、右翼団体と同じ洗脳行為をしている人か、または洗脳された人です。
これらの自作自演に対し、「維新政党・新風 」・「瀬戸弘幸氏 」・「主権回復を目指す会 」・
在日特権を許さない市民の会 」・「外国人参政権に反対する会 」・「日本を護る市民の会 」らは、
真剣に日本を想う愛国者であることが活動内容で分かると思います。
それぞれの主張を良く見れば間違えることはないと思いますが、自作自演の街宣右翼と混同しないように注意しましょう。
右翼の詳しい内容は 右翼の正体 反日工作員の正体 をご覧ください。

③山口組が民主党を応援

山口組が民主応援…参院選で直系組長に通達 (zakzak)
2007年の参院選で、全国最大の指定暴力団 「山口組」 が、傘下の直系組織に 民主党を支援するよう通達 を出していたことが発覚しました。

◆党員資格に外国人も含む

(1)民主党の党員資格

民主党 公式サイトより
○在外邦人や 在日外国人の方もOK です。
○党員は、民主党の運営や活動、政策づくりに参画でき、党代表選挙で投票することができます。
つまり、中国・韓国・北朝鮮のような反日国家の人間も党の代表選出に関与できることを意味します。

(2)他の政党の場合

政党 ソース 党員資格の記述
自民党 自民党 公式サイト 第三条
本党は、本党の目的に賛同する 日本国民 で、党則の定めるところにより忠実に義務を履行するとともに、国民大衆の奉仕者として積極的に党活動に参加するものをもって党員とする。
公明党 公明党 公式サイト 公明党の綱領及び規約を守り、政策および諸決議を実現するために党活動に参加しようとする18歳以上の人は、 国籍を問わず 党員になることができます。
社民党 社民党 公式サイト 第4条〈党員資格〉
1 本党の党員は、党員及び協力党員とし、本党の基本理念及び政策・党則に賛同する18歳以上で日本国籍を有する者及び18歳以上で、日本に3年以上定住する 外国人 で、入党手続きを経た者とする。
共産党 共産党 公式サイト 第四条 十八歳以上の 日本国民 で、党の綱領と規約を認める人は党員となることができる。

このように、民主党は公明党・社民党のような売国政党と同じです。
よく似た政策(外国人参政権・人権擁護法案など)を出しているのも納得できます。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
トップページ /メニュー/常連用
選挙期間対応について
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
再始動
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2016-12-11 22:53:43 (Sun)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2119

更新情報Twitter



更新順にページ一覧表示 作成順[昇順]にページ一覧表示 ページ名順にページ一覧表示
タグ検索 :


タグ一覧 タグ登録が多い順

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→こちら
重要⇒ネット右翼の正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする








  サイト運営  

サイト編集











周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所




政治家関連








民進党










自民党









その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障












 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









主要連動サイト





【現在のランキング】

更新履歴
全ページ(更新順)
取得中です。