スポーツから見る反日

神聖なスポーツを汚す反日勢力たち



まずは日本だけではなく全世界が激怒した、韓国の横暴をご覧ください。
彼らの多くは「スポーツマンシップ」「正々堂々」というものが理解できないようです。
詳しくは 韓国人の国民性 をご覧ください。

<目次>

◆球技での反日

■サッカーでの反日

(1)日韓ワールドカップでの韓国の横暴を誤魔化す



2008年12月に亡くなった飯島愛は、生前TBSの番組内で韓国批判を繰り返した。
しかし、他の出演者はおしなべて適当な言葉で濁しスルー。
テレビ局が在日社員によって汚染された実態があらわになった瞬間である。

<在日を優遇して社員に採用>
「TBS在日採用枠」一考 (博士の独り言)
「在日は武器」-面接で 靖国や独島の質問 答えて内定
就職戦線が間もなくスタートする。
「国籍の壁」もいまや能力重視に変わりつつあり、「在日」であることが逆に強みを発揮する時代になってきた。
TBSと大手商社に内定した在日3世は2人とも亥年生まれの和歌山育ち。くしくも生年月日もまったく同じだ。
「猪突猛進、自信を持ってチャレンジを」とエールを送る。
民潭ホームページより

このように、反日思想を持った在日韓国・朝鮮人を社員に優遇採用した結果、
マスコミはますます反日化していき、捏造・偏向報道がエスカレートしていきました。
反日マスコミの詳しい実態は 反日マスコミの正体 をご覧ください。
TBSの詳しい実態は TBSの不祥事年表 をご覧ください。

(2)2002日韓ワールドカップ



他エピソード⇒韓日サッカー戦争史…「相手の顔に唾吐き、クギで刺して…」 (2ちゃん的韓国ニュースより)

(3)中国の暴力・反則・審判買収



日本の選手をボコボコ・反則・不正ジャッジし放題。
中国人は公開の場で日本人を殺す気でしょうか?
中国の選手・レフェリー(北朝鮮)・観客すべての民度が低い。
十六文キックに「首絞め」 北朝鮮レフェリー疑惑の判定の数々 (J-CASTニュース)

■野球での反日

(1)在日韓国人の暴力団員が高校野球を妨害



高校野球岡山大会準々決勝「関西VS作陽」で、
在日韓国人の暴力団員が共謀して試合を妨害しようとグラウンド内に乱入しました。


(2)中田英寿選手君が代批判の正体

中田英寿選手の君が代批判載せたのは反日朝日新聞社である
(甲子園の主催は朝日新聞)。
朝日と言えば在日、在日と言えば朝日。

中田選手は朝日の捏造記事によって右翼から脅迫を受けた。
右翼の正体は在日似非右翼である。
中田選手は在日認定されて家系図を持ち出してまで代々日本人の家系であることを証明した。
よって中田選手を引き摺り下ろそうとストーカーしてたのが在日なのである。

■卓球での反日

(1)福原愛をいじめるインタビュアー



■バレーでの反日

(1)日本人選手を突き飛ばす


韓国人選手がネット越しに日本人選手を突き飛ばした問題のシーンです。

◆格闘技での反日

■ボクシングでの反日

(1)亀田vs内藤八百長事件

http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/091130/mrt0911301234005-n1.htm
①会場でTBSが亀田に有利な応援を要求。
→興毅がーパンチを繰り出した時このメガホンを使って
 大きな声で「オーッ!」と叫んでください
②内藤に対して故意のバッティング
③バンテージにサインが無い
④買収、八百長発覚
 試合途中、中継を担当するTBSのディレクターが富樫リングアナウンサーに対して、
 「試合後は勝者だけを読み上げて判定の採点内容は読むな。」という要請があった。
 試合途中でもう結果が決まってたという事実が発覚した。

■相撲での反日

(1)朝青龍事件



日刊スポーツの在日記者が、反日質問を朝青龍に繰り返す。
それに切れた(キムチ野郎と発言)朝青龍に対し、右翼団体が脅迫・潰し工作。
ヤクザと関係の深い右翼団体(街宣右翼)の正体は、 在日朝鮮人・韓国人・部落解放同盟による自作自演 です。
彼らの目的は 日本の保守・愛国者たちのイメージを貶め、日本を弱体化 させることです。
保守・愛国発言をすると「右翼だ!」「軍国主義だ!」と叫ぶ人も、右翼団体と同じ洗脳行為をしている人か、または洗脳された人です。
右翼の詳しい内容は 右翼の正体 をご覧ください。

■総合格闘技での反日

(1)秋山ヌルヌル事件



元在日韓国人の秋山成勲・TBS・審判・K-1がグルになって、日本人の桜庭和志を殺害しかけた事件。
グローブに凶器を仕込んだ疑惑やTBS・K-1による隠蔽工作など、
詳しい内容はまとめサイト すっごい滑るよ! をご覧ください。

◆その他競技での反日

■フィギュアスケートでの反日

(1)荒川静香の日の丸スケーティングを放送しない

放送されなかった荒川選手の日の丸スケーティング
NHKの恐ろしい偏向体質がまた露となりました。
荒川静香選手が金メダルを獲得した時にNHKは表彰でのメダル授与の場面やスケーティングの様子ばかりを再三再四にわたり放映しましたが、荒川選手はメダルを首に掛けてもらった後に日の丸をまとってリンクを周ったのです。
なぜ、NHKはこの様子をあえて意図的に排除しているのでしょうか。この場面こそ最も感動的ではないでしょうか。
NHKは日本国民が愛国心を抱くような場面を検閲し、日の丸を愛するような気持ちを抱かせぬために情報統制を行っていると言わなければなりません。

(2)浅田真央の恥ずかしい姿を大々的に放送



転倒画像を巨大パネルにし、 そこで浅田真央本人にインタビューするフジテレビ。
この動画は、ネット上で大きな話題になった。
2ちゃんねるや各種ブログ等で、これは浅田に対する陰湿な虐めに等しいのではないか、という非難の声が続出した。
もし悪意がなかったとしても、表現としてあまりにも配慮に欠けるものであるとの批判的な意見が、各所に見られる。
浅田真央のインタビューと安藤美姫の発言に非難続出 (探偵ファイル)

(3)優勝した浅田真央選手を褒めず、キムヨナ選手を持ち上げ、浅田選手をネガキャン

↓批判が殺到してとくダネ!は謝罪。だが・・・
浅田真央、ファイナル優勝!しかしマスコミの評価は?
↓批判が殺到してフジは謝罪。だが・・・
真央vsキムヨナ、マスコミの偏向報道
■解説■
当サイトプロモーション動画でも扱われている、浅田真央への異常な報道。しかも誤報(捏造疑惑)してまで自国の浅田真央を貶めるという、とても日本のマスコミとは思えない報道の仕方です。
とくダネ!は舐めた言い訳謝罪。しかし他番組・他局にいたっては謝罪すらなし。偏向パネル事件の謝罪もなし。
一番最後にあるTBS「ピンポン!」は、「朝ズバッ!」に匹敵する最悪の番組です。こんな番組を毎日見ている専業主婦たちはもはや・・・
2007.06 「ピンポン!」が盗聴工作未遂&「イブニング・ファイブ」がヘリでプレー妨害
2007.08 「ピンポン!」取材陣、葬儀にTシャツ、ジーンズ・短パンで取材、遺族に謝罪
2007.08 「ピンポン!」番組内で「現役客室乗務員」と紹介された女性、実はニセ者 (1 )
2007.09 「ピンポン!」が民主党の主張のみ放送。舛添厚労相の出演依頼拒否を捏造
2007.10 「ピンポン!」で取り上げた獣医師は抗議署名3699人も集められていた人物

【関連】悪意の写真集スポーツから見る反日反日マスコミの正体TBSの不祥事年表テレビ朝日の不祥事年表

(コメントを非表示にする場合は、右隅のヒヨコのマークをクリックしてください。)

(4)

■韓国KCIA工作員を逮捕~フィギュア選手薬物傷害事件■

ロシア検察庁は、06年12月にロシアで開かれたフィギュアスケートグランプリファイナルで
浅田真央ら日本人選手に、体調を狂わせる目的で不正に薬物を飲ませた「傷害罪」の容疑で、
韓国人工作員を逮捕したと発表した。

07年3月30日に記者会見を開いた同検察庁のボリス・ラブソフ報道官によると、
逮捕されたのは韓国籍の男性、ソン・ウォンホ(宋元浩)容疑者(61歳)。
当初、駐露韓国大使館では、同容疑者を大使館付きの外交官であると主張し、
外交官特権を盾に身柄の釈放を要求した。が、同検察庁は「外交官の身分を示す
書類に不備がある」ことを理由に外交官特権を認めず、逮捕に踏み切った。
現在、同容疑者はサンクトペテルブルグ市検察庁に拘留されているが、容疑を否認し、
事件の詳細については黙秘しているという(前掲CNNj『World Sports』)。

●謎の体調不良●

06年12月のフィギュアGPFはそのシーズン(06年秋からのグランプリシリーズ6大会)の
世界の成績上位各6組つずしか出場できない、世界最高レベルの大会だが、当時日本勢
は絶好調で、男子シングルに2人、女子シングルに3人もの選手を出場させていた。

このうち、男子は高橋大輔が、女子は安藤美姫、浅田真央が、現地時間12月15日に
行われたショートプログラム(SP)の演技を終えた時点でそれぞれ2位、2位、1位の
好成績を上げて優勝を狙える位置に着けていたので、3人とも翌16日のフリーの演技が
注目されていた。とくに日本では「男も女も金メダル」という期待が高まっていた。

が、現地時間16日、フリー当日の午後になって突如、この3人は体調を崩した。
3人とも高熱、寒気、腹痛など風邪のような深刻な症状に見舞われ、3人の演技は
精彩欠いたものとなり、結局、男子は高橋が2位、女子も真央が2位、安藤が5位になり、
日本勢の優勝はなかった。
代わって女子で優勝をさらったのは、SPで3位に留まっていた韓国のキム・ヨナ(金妍児)
だった(小誌06年12月19日「韓国スポーツ汚染~『国辱』直後のフィギュアGPファイナル」)。

◆あとがき

■スターシステムの正体

オリンピックで好成績を残せないのは、
日本のマスコミがマイナースポーツをほとんど取り上げてくれないから、
というのがある。

そもそもメジャースポーツとマイナースポーツというのも、
マスコミが意図的に作り上げているものである。

その一方で、スキーやスケートのようなウインタースポーツ、
あるいは、バスケやバレー、ラグビーといった冬の球技はほとんど報道されない。

ビーチの浅尾選手やゴルフの石川選手ばかり取り上げられ、
ターゲットにされた選手にしか取り上げてもらえないスターシステム報道。
その一方で、同程度の成績を出した選手やそれ以上の成績をおさめた選手がいても
ほとんど報道されない。

このふたつの偏向報道によって、その他の競技がマスコミに取り上げられなくなっている。
スポーツ報道の枠には限りがあるからだ。

スターシステムなどによって、
多くの競技で頑張っている選手がマスコミに取り上げられない。
→マスコミの露出がないからスポンサーもつかない。
→スポンサーがつかないから強化費用や遠征費用が足りない。
→結果が出ない。
→さらに注目されなくなる。

こういった悪循環が生まれる。
これでは、国内トップクラスの選手でも、
バイトをしながら競技生活を続けるという状態に。

しかし、一部のスター選手にはスポンサーが集まる。
CM出演依頼もたくさん来る。
といったアンバランスが生まれる。

各競技団体やJOCは、国のスポーツ予算についてしか言及していないが、
マスコミの偏ったスポーツ報道に対しても言及すべきだろう。
直接的なスポーツ予算と間接的なスポーツ予算の両方に目を向けるべきだ。

■アンケート

スポーツから見る反日に関するアンケートを
スポーツから見る反日に関するアンケート
にて受け付けております。
ぜひご協力ください。

↓スポーツから見えてくる反日の実態を国民に知らせたい方はクリック!
ご協力ありがとうございました。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル
トップページ /常連用
選挙期間対応について
戦いの始まり
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

更新情報Twitter

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
枚!
報告フォーム
詳しくは→こちら
マスコミが隠す反日の実態を暴く!     右翼団体=在日の自作自演     民主党の正体=反日・売国     アサヒる=捏造     偏向報道     変態記事     日中記者交換協定     日本解放第二期工作要綱     【嘘】南京大虐殺     【嘘】従軍慰安婦     人権擁護法案     外国人参政権     移民1000万人受入     沖縄売り飛ばし     ガス田献上     竹島問題     在日特権     カルト宗教     部落解放同盟     日教組     自治労     税金泥棒     パチンコ利権     毒餃子うやむや     チベット虐殺     東トルキスタン虐殺     売国議員     外国人犯罪     人口侵略     通名報道     国籍法改悪     <丶`∀´>     (`八´ )

 日本の裏社会について
重要⇒ネット右翼の正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする









  サイト運営  

サイト編集











周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所




政治家関連








民主党










自民党









その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障




amazonランキング1位
(2010.3.22現在)










 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









主要連動サイト






【現在のランキング】

更新履歴
全ページ(更新順)
取得中です。





アクセスランキング