村山談話の正体

■村山談話の概要

村山談話とは、1995年(平成7年)8月15日、当時の村山富市首相が戦後50年の節目に発表した談話。
正式名称は村山内閣総理大臣談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」

日本の過去の戦争・植民地支配など、いわゆる歴史認識問題について、日本政府の公式的立場とされている。
1995年8月に、村山総理(当時)が公式談話を発表し、日本が 「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」 と述べ、「痛切な反省の意」と「心からのお詫びの気持ち」を表明した。


大東亜戦争が自衛戦争だった証拠

■村山談話の全文

先の大戦が終わりを告げてから、50年の歳月が流れました。今、あらためて、あの戦争によって犠牲となられた内外の多くの人々に思いを馳せるとき、万感胸に迫るものがあります。

敗戦後、日本は、あの焼け野原から、幾多の困難を乗りこえて、今日の平和と繁栄を築いてまいりました。このことは私たちの誇りであり、そのために注がれた国民の皆様1人1人の英知とたゆみない努力に、私は心から敬意の念を表わすものであります。ここに至るまで、米国をはじめ、世界の国々から寄せられた支援と協力に対し、あらためて深甚な謝意を表明いたします。また、アジア太平洋近隣諸国、米国、さらには欧州諸国との間に今日のような友好関係を築き上げるに至ったことを、心から喜びたいと思います。

平和で豊かな日本となった今日、私たちはややもすればこの平和の尊さ、有難さを忘れがちになります。私たちは過去のあやまちを2度と繰り返すことのないよう、戦争の悲惨さを若い世代に語り伝えていかなければなりません。とくに近隣諸国の人々と手を携えて、アジア太平洋地域ひいては世界の平和を確かなものとしていくためには、なによりも、これらの諸国との間に深い理解と信頼にもとづいた関係を培っていくことが不可欠と考えます。政府は、この考えにもとづき、特に近現代における日本と近隣アジア諸国との関係にかかわる歴史研究を支援し、各国との交流の飛躍的な拡大をはかるために、この2つを柱とした平和友好交流事業を展開しております。また、現在取り組んでいる戦後処理問題についても、わが国とこれらの国々との信頼関係を一層強化するため、私は、ひき続き誠実に対応してまいります。

いま、戦後50周年の節目に当たり、われわれが銘記すべきことは、来し方を訪ねて歴史の教訓に学び、未来を望んで、人類社会の平和と繁栄への道を誤らないことであります。

わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、 植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。 私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、 疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。 また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。

敗戦の日から50周年を迎えた今日、わが国は、深い反省に立ち、独善的なナショナリズムを排し、責任ある国際社会の一員として国際協調を促進し、それを通じて、平和の理念と民主主義とを押し広めていかなければなりません。同時に、わが国は、唯一の被爆国としての体験を踏まえて、核兵器の究極の廃絶を目指し、核不拡散体制の強化など、国際的な軍縮を積極的に推進していくことが肝要であります。これこそ、過去に対するつぐないとなり、犠牲となられた方々の御霊を鎮めるゆえんとなると、私は信じております。

「杖るは信に如くは莫し」と申します。この記念すべき時に当たり、信義を施政の根幹とすることを内外に表明し、私の誓いの言葉といたします。
外務省公式ページより


■村山談話の白紙撤廃を求める市民団体



■村山富市という歴代史上最悪の総理大臣

憲法9条を守れだの自衛隊を違憲と言っている奴は朝鮮系工作員 【忘れない】被災者を見殺しにした閣僚【阪神淡路大震災】

「軍=悪」「自衛隊には頼りたくない」という自虐史観が激しい社会主義者の自分勝手な個人的感情で、自衛隊を緊急に出動させず、自衛隊がもっと早くきてくれれば本来なら救えたはずの、多くの犠牲者を出し、多くの国民を見殺しにした、当時の最高指揮官が村山富市です。この男は鳩山由紀夫や菅直人と永遠に歴代総理大臣ワーストNo.1を競いあうでしょう。ちなみに今の政権与党である民主党員の大半はこのように最低な反日極左の旧社会党の連中が大半を占めています。

wikipedia ふりがな 資料 反日度
売国度
村山富市 むらやま とみいち 元・衆議院議員。第81代内閣総理大臣。社民党名誉党首。明治大学顧問。明治大学校友会名誉会長。自虐史観の持ち主。
政府の公式見解として、日本が戦前、戦中に行ったとされる侵略や植民地支配について謝罪した。
これが所謂「村山談話」である。
この談話には、確証が存在せず、証言のみに依拠している従軍慰安婦問題も取り上げられている(論争の発端になった吉田清治は後に、偽証と告白している)。
従軍慰安婦の件に限らず、この談話は物的証拠よりも、被害者とされる人物の証言ばかりに依存し、更にはそれらの人物の証言を調査もせずに、全て事実であるとしている点で非常に問題がある。
また、旧日本軍に強制連行されたとされる、自称・慰安婦に見舞金を支給するために「女性のためのアジア平和国民基金」を設置し、村山が理事長を務めた。2007年3月に解散。
阪神淡路大震災が発生した際には自衛隊の災害救助派遣を遅らせるなど、余りにも杜撰な危機管理だったため被害を拡大させる。
論外+

■村山談話の何が問題なのか?

(1)歴史の真実と異なる内容

(2)日本人の自虐意識の増大


■歴史の真実は何から分かるのか

[1]戦争当時の世界情勢

[2]歴史資料

(1)映像

①日韓併合前と併合後の朝鮮半島の姿

(2)文書

[3]証言

(1)日本人の証言

(2)外国人の証言

[4]特定アジア以外の国々が親日国であることの意味


■なぜ歴史は歪められるのか

[1]GHQによる洗脳工作

(1)なぜ日本人を洗脳する必要があったのか

[2]中国・韓国による捏造 ~外交上の切り札~

[3]反日・売国行為をして得する勢力


■なぜ歴史の真実を語ることが許されないのか

[1]マスコミのタブーとなった理由

(1)日中記者交換協定 ~中国の不利になる真実は語らない約束~

(2)日本解放第二期工作要綱 ~日本を弱体化させ、日本を侵略する工作~

[2]言論弾圧を受けた人々

(1)田母神俊雄前航空幕僚長

田母神元空幕長更迭報道の正体

[3]愛国議員ですら真実を主張できない理由

(1)外交対策 ~真実を語ると騒ぐ中国・韓国~

(2)反日マスコミ対策

(3)選挙対策 ~洗脳された人々が圧倒的に多い日本で選挙することの宿命~


■歴史の真実を自由に語れる人々

[1]ジャーナリスト

(1)代表的愛国ジャーナリスト

①櫻井よしこ

[2]市民団体


■誤った歴史を信じている人々

[1]日本人はいつ・どこで洗脳されたのか

(1)洗脳工作に加担してきた勢力

①日教組
②売国議員
③マスコミ

■正しい歴史を知った人々はどこで真実を知ったのか

[1]インターネット

[2]書籍

[3]戦争当時を生きてきた人々の会話

[4]海外旅行

(1)親日国への旅

(2)反日国への旅

①中国
②韓国

■洗脳から覚めた人と覚めない人の違い

[1]物事に疑問を持つか持たないか

[2]年齢層 ~硬直した脳・柔軟な脳~

[3]偶然性 ~真実を知る機会との出会いの有無~

[4]コンピュータ・インターネットアレルギーの有無

(1)2ちゃんねるで育った人

①2ちゃんねるに慣れている人は洗脳から解けやすい

(2)2ちゃんねる=悪と思い込んでいる人

①インターネット上の情報の取捨選択の仕方が分からない

[5]購読している新聞の違い

(1)反日新聞の代表

①朝日新聞 ~中国共産党・朝鮮労働党の手先機関~
②毎日新聞 ~捏造変態記事を代表する変態新聞社~

(2)愛国新聞の代表

①産経新聞 ~日本唯一の大手の愛国新聞社~

■現代にも受け継がれている日本人の精神 ~「残酷・野蛮な日本人」という嘘~

[1]世界で最も安全な国の一つ

(1)データ

(2)凶悪犯罪の外国人犯罪率の高さ

[2]礼儀を重んじる国民性

[3]海外に行けば分かる日本人の信用力

(1)なぜ日本人は信用されるのか

(2)似た顔をしているのに信用されない中国人・韓国人

【関連】 犯罪報道の正体

■日本全体が真実を知る日

洗脳から覚めた人々の力


■村山談話白紙撤回要求署名サイト

「村山談話」の白紙撤回を求める署名サイト

■参考サイト

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081103/plc0811032325008-n1.htm
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid575.html

■ブログランキング応援クリック

真実を国民に知らせるために
ブログランキング応援クリックをお願いいたします。(一日一回のみ有効)



【関連】河野談話の正体 自虐史観の正体 GHQの占領政策と影響 大東亜戦争への経緯 南京大虐殺の正体 中国はなぜ反日か? 韓国はなぜ反日か?

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
トップページ /常連用
選挙期間対応について
戦いの始まり
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

更新情報Twitter

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
枚!
報告フォーム
詳しくは→こちら
マスコミが隠す反日の実態を暴く!     右翼団体=在日の自作自演     民主党の正体=反日・売国     アサヒる=捏造     偏向報道     変態記事     日中記者交換協定     日本解放第二期工作要綱     【嘘】南京大虐殺     【嘘】従軍慰安婦     人権擁護法案     外国人参政権     移民1000万人受入     沖縄売り飛ばし     ガス田献上     竹島問題     在日特権     カルト宗教     部落解放同盟     日教組     自治労     税金泥棒     パチンコ利権     毒餃子うやむや     チベット虐殺     東トルキスタン虐殺     売国議員     外国人犯罪     人口侵略     通名報道     国籍法改悪     <丶`∀´>     (`八´ )

 日本の裏社会について
重要⇒ネット右翼の正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする









  サイト運営  

サイト編集










周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所




政治家関連








民主党










自民党








その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障




amazonランキング1位
(2010.3.22現在)










 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









内容精査の必要なページ
単なるアジテーションではなく確りしたロジックに基づいた問題の検証が求められるため当面ペンディングとする


必要なページだが内容が大幅に不足しており正式ページと認めるのは時期尚早。

表現規制は反日問題ではなく「表現の自由」の制限に関する憲法問題であるのにその点を論理的に説明出来ないまま一方的なアジテーションに走ってしまっている。

TPPを賛否両面から考察したページ作りが必要であるのに一方に偏ったアジテーションに終始している。

以上は内容が 無責任に過激 なせいで管理者によって 閲覧禁止になってしまった ページ。

以上は同様の懸念があり、 今後閲覧禁止になりかねず早急な改善が必要 なページ。

興味深い内容を含むが現状では論理的な説得力が不足しており偏った印象を閲覧者に与えかねないため保留とする。

主要連動サイト






【現在のランキング】

更新履歴
全ページ(更新順)
取得中です。





アクセスランキング