沖縄米軍基地問題

サイト編集をされる方へ 。ページが重くならないように、動画の映像を表示する形でのリンクは1ページに10個まででお願いします。

報道されない沖縄米軍基地問題の真相について

【関連】日本の防衛 反日マスコミの正体 社民党の正体 鳥越俊太郎の正体 尖閣諸島侵略の正体 沖縄戦集団自決命令問題

<目次>

はじめに

この問題は、日本国民全員が自分のこととして考えなければならない重要な問題です。

チャンネル桜より

【沖縄スペシャル】普天間の真実[桜H21/12/29]


【沖縄スペシャル】普天間の真実1

【沖縄スペシャル】普天間の真実2
【沖縄スペシャル】普天間の真実3 【沖縄スペシャル】普天間の真実4

※この番組内で「全てはお金」と発言されたことには賛同できませんが、
基地地主の方々には保証金が出ており、基地が撤去されると経済的にも影響を受けるということは事実です。
また、基地地主の方々の中には、自分の土地が収用されていて知らない間に土地が基地に変わっていた方もおられます。
従って一括りで「全てはお金」として、結論づけられる問題ではありません。
【参考】
沖縄県に住む保守の方のブログ

ただ、チャンネル桜のこの番組では基地問題について色々な資料も紹介されており、この問題を考えるにあたって参考資料になるため掲載しています。

基地78%は大嘘、沖縄の実態

恵隆之介氏:沖縄出身・在住の元海上自衛官・ジャーナリスト

基地78%は大嘘①

基地78%は大嘘②

基地78%は大嘘③

・在日米軍基地の78%が沖縄に集中しているというのは嘘(実際は24%に過ぎない)
・国内で唯一の地上戦というのも嘘(硫黄島・南樺太・千島も戦場になった)
・米軍がなければ沖縄は中国の領土になっていた(実際に石垣島に国府軍が上陸し米軍が排除)
・普天間移設の反対運動をしているのは沖縄県人ではない
・辺野古等の活動家の2/3は金で雇われて本州から来たプロ市民
・人口密集地に米軍基地があるというのは嘘(基地の周辺に後で人が住み着いた)
・補助金の恩恵を受けている沖縄県人
・米軍ヘリが堕ちた沖縄国際大学は、米軍基地がなければ経営できなくなるという事実
・基地に反対すればお金がもらえる沖縄
・ジュゴン保護を唱えならがイルカを食べる平和活動家
・琉球新報社は少女暴行事件を利用して30億の新社屋を建設

その他のチャンネル桜の特集動画

【惠隆之介&宮本雅史】検証~普天間基地移転問題と米軍再編 (youtube)

沖縄基地問題に関する異常なマスコミの報道姿勢

普天間基地の県内移設に反対する県民集会の人数を捏造

普天間基地の県内移設に反対する県民集会のウソ!
コメントを消す場合は右隅の[…]をクリック }
画像比較

※クリックすると拡大表示されます。
この画像を見比べればわかるように、9万人の人数は収容不可能であることがわかります。

青いかりゆしで登場した仲井真知事 普天間移設反対派牽制も(1) (2) (産経新聞)2010.4.26 00:03

 この日、主催者の要請で大会参加者は黄色いものを身につけた。県内移設に反対する者にとって黄色は特別の意味を持つ。3月25日、高嶺善伸沖縄県議会議長が黄色の「かりゆし」姿で北沢俊美防衛相との会談に臨み、「サッカーにはイエローカードというのがある。県民の思いを込めて黄色いかりゆしにしました」と政府への抗議の意思を表明した。黄色は政府への反感を象徴する色なのだ。

 ところが、仲井真知事は青いかりゆしで登場した。関係者によると、会場入りするまで黄色のかりゆしを着用していたが、直前に着替えたのだという。仲井真知事には「県内移設反対」を強く訴える意図がなかったことになる。

 仲井真知事はこれまで、普天間飛行場の危険除去と米軍基地縮小を実現するには、まず、周辺住民が受け入れ姿勢をみせる米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設を果たさなければならないとの立場を貫いてきた。だが、県外・国外移設に固執する鳩山政権や米軍基地反対運動を展開する地元メディアなどに背中を押される形で、“身内”の自民党県連が県内移設容認から県外移設要求へと転換。県議会も県外移設の意見書を可決し、知事は孤立していった。

上記の動画のようにまるで、基地が沖縄住民の負担のようにマスコミは捏造報道を行い、印象操作には必死だが
下の写真を観てみると、年々住宅が造成され 基地周辺に人が集まってきていることは一切報道しない
ことがよくわかる。神奈川県の厚木基地も同様で、騒音を承知で基地のそばに住み騒音訴訟を起こしている。
つまり、左翼利権の一つになっているともいえる。

1970年※黒塗りは機密上の処理http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/b8/15d275639aca8eb568851f444186bec0.jpg

2005年 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/05/f6/d14ecf3b20eb5040b8a0ffdd8d5f8f9b.jpg

最近 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1b/d8/79ff4d69af171d221ad3ec55b881b311.jpg


普天間の県内移転を賛成する沖縄県民による保守デモは報道されない



基地反対集会は大々的に報道するが、普天間の県内移転を賛成する沖縄県民による保守デモは報道されません。

動画説明文より
2010年4月4日、那覇市内で行われた沖縄県民緊急フォーラム「このままでは、沖縄が再び日本でなくなる」のデモ行進です。
これは、沖縄県内で行われた、沖縄県民によるデモです。

普天間基地の県外移設は、沖縄県民の総意ではありません。
沖縄にも、日米同盟堅持を訴える心ある人々がおりますが、琉球新報、沖縄タイムズをはじめとするマスコミは、米軍基地の県外移設を、あたかも県民すべての総意であるかのごとく世論を操作し、あろうことか、抑止力となっている米軍基地の県外移設を強く推し進め、沖縄を無防備にしようとしているのです。

私たちは、これ以上黙っていることができません。
沖縄のマスコミは、中国に都合のいい報道しかしません。これ以上、マスコミに騙されてはいけません。心ある県民の皆様、気づいてください。沖縄の危機に、日本の危機に気づいてください。私たちは一党独裁国家、中国の脅威を訴え続けてまいります。県民の皆様、私たち日本の領土である石垣市登野城2392番地の尖閣諸島を守りましょう。

騙されてはいけません。
中国の尖閣諸島侵略の脅威に気づいてください。沖縄のマスコミは、中国の脅威を県民に伝えようとしていないのです。日米同盟は、日本の命綱です。日米同盟を強化し、沖縄の自由と平和を守りましょう。日本を守りましょう。祖国を守りましょう。

沖縄と共に自立国家日本を再建する草の根ネットワーク(JSN)
沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネットワーク

在沖米軍の抑止力

沖縄に米軍が駐留していることは、中国への抑止力になるとともに北朝鮮への抑止力にもなります。
米軍の前方配備重要=北朝鮮の核、中国軍拡警戒-国防総省高官 画像キャプチャ
普天間移設 迷走 米軍再編 韓国が注視 北朝鮮と対峙「沖縄にいれば心強い」  (日本軍事情報センター)
[オピニオン]沖縄米軍基地 (東亜日報)
沖縄の中心都市・那覇から東京までの距離が1556kmであるのに比べ、ソウルまでは1306km、マニラは1454km、台湾は657kmだ。
沖縄の戦略的重要性から、米国はここを「太平洋のキーストーン」と位置づけている。

◆日本本土の米軍と違って、沖縄駐屯の米軍は日本の防衛に限らず、アジア太平洋地域の防衛まで担当している。韓半島有事の際に、米軍の第1次発進基地になるのも沖縄だ。
最先端航空機が配備された嘉手納空軍基地から見ると、ソウルは作戦半径1時間以内にある。「迅速機動隊」と呼ばれる1万8000人の米海兵隊は、6~48時間の間にアジア太平洋地域のどこにでも戦闘投入が可能だ。米国本土から海兵隊が投入されるには21日がかかる。海兵隊は、韓半島有事の際に、北朝鮮の大量破壊兵器を除去する任務を担っている。沖縄駐屯の米軍が、韓国にとっても大変重要である理由もそこにある。

◆(略)もし、沖縄から米海兵隊が撤退すれば、米国の韓半島などアジア太平洋地域の防衛戦略に支障をきたすのみならず、日本にも甚大な影響を与えかねない。北朝鮮の仕業と判明しつつある天安(チョナン)艦事件は、日本にももはや対岸の火事ではない。北朝鮮の核とミサイルだけが脅威ではなく、これからは日本の海の中にも気をつけなければならない。日本政府は、普天間基地を対北朝鮮安保体制による抑止力として見直さなければならない。

沖縄の平和活動家と北朝鮮

在沖米軍は北朝鮮への抑止力となるため北朝鮮にとっては非常に邪魔な存在です。
そのため、北朝鮮は沖縄から米軍が出て行くように様々な工作活動を行っています。

平壌に到着/沖縄平和友好訪問団
 「沖縄平和友好訪問団」(団長・大田昌秀前県知事)が3日、那覇空港を出発し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の首都平壌に到着した。同日夜には、北朝鮮側主催の歓迎晩さん会で、歓待を受けた。
 一行は125人。名古屋空港で北朝鮮の高航空のチャーター機に乗り換えた。民間レベルでは、異例の規模の大型訪朝団で、在沖米軍基地の縮小には朝鮮半島の緊張緩和が不可欠との視点で、7日まで北朝鮮の市民らと交流し、相互理解を深める。

北朝鮮訪問団/大田団長に聞く

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との民間レベルの交流を深める沖縄平和友好訪問団が出発した。125人の異例の大型訪朝団を率いる大田昌秀団長(前県知事)に意義を聞いた。
 -訪問の目的は。
「(略)北朝鮮の脅威が喧伝(けんでん)され、沖縄の過重な米軍基地の駐留根拠とされてきたが、その実情を知ることで、南北の平和統一に理解を深め、これまで以上に在沖基地の整理縮小ができるかを確かめたい。日本政府も北朝鮮との関係改善に動いている。6月の南北首脳会談を控え、意義深い訪問だ」

 -知事時代から主張している海兵隊削減を軸にした在沖基地の整理縮小にどうつなげていくのか。
 「北朝鮮の脅威があるから、在沖米軍の兵力が必要だという駐留根拠が根底から崩れる流れができてきた。これまで以上に基地整理縮小、撤去に向けた動きが出てくる。北朝鮮との交流を踏まえつつ、われわれなりの政策立案に反映させたい」

この団長の大田昌秀 は、元社民党参議院議員(2001年~2007年)で、知事時代には沖縄社会大衆党や日本共産党を支持・支援していた人物です。左翼有名人リスト(あ行)参照。

基地反対の集まりに左翼過激派の革マル派も参加


鳩山首相が県内移設に理解求める
3秒~9秒のところで、「革マル」「スターリン主義」と書かれているのぼりが写っています。

革マル派とは
日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派
過激派集団革マル派~見えてきたその正体~ (警察庁)
極左暴力集団の動向(警察白書)



関連サイト

在日米国海兵隊

ブログランキング応援クリック

国民に反日の実態を知らせたい方は
ブログランキング応援クリックをお願いいたします。(一日一回のみ有効)





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
トップページ /メニュー/常連用
選挙期間対応について
URLの"kolia"の由来
メンバー募集停止
再始動
掲示板閉鎖について
↓真実を広めたい方は
↓一日一回クリックを!

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2016-12-11 22:54:51 (Sun)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2119

更新情報Twitter



更新順にページ一覧表示 作成順[昇順]にページ一覧表示 ページ名順にページ一覧表示
タグ検索 :


タグ一覧 タグ登録が多い順

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→こちら
重要⇒ネット右翼の正体


サイトマップ3

  基礎情報  

日本を良くする








  サイト運営  

サイト編集











周知活動






抗議・その他活動



サイトマップ4

  政党・政治家 

監視所




政治家関連








民進党










自民党









その他政党








サイトマップ5

立法・行政・司法・
経済・安全保障












 歴史問題・外交 

歴史問題





外交問題








サイトマップ6

  マスコミ  






























 反日主義 







 愛国・親日 



サイトマップ7

 保管庫・その他  









主要連動サイト





【現在のランキング】

更新履歴
全ページ(更新順)
取得中です。