※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Zoo Tycoon 2 チャレンジデータ


ここではZT2のチャレンジゲームについて扱います。
チャレンジゲームは自分でマップと初期資金(上限:$100,000,000)を決めて、動物園を一から作っていくモードです。
動物園の評判を上げていくことで、様々な動物やアイテムを買い付けられるようになっていきます。
特徴的なのは、経営を進めていると時々「チャレンジ」が与えられること。内容は様々だが結果的に、補助金が交付されるもの、動物をトレードするもの、客が増えるものなどが主である。このチャレンジは断ることも出来るので、難しい、面倒くさい、というときは挑戦する必要はない。

チャレンジ内容は大きく分けて、指定された写真を撮影するものとそれ以外の2つ。
ここでは項目をその2つに分類している。


チャレンジ

内容 アクセル慈善財団は、あなたの動物園が、新しい動物園や小規模な動物園を支援するこの財団の基金制度を利用する資格があると発表しました。これから30日間に$○○を上回る寄付金を集めることができれば、財団より同額の寄付金があなたの動物園に与えられます。
結果 アクセル財団は、この1か月間のあなたの募金活動に感心しています。財団より$○○の補助金が与えられました。
補足 動物園の規模により、集める必要のある額が変動。インストラクターを配置するとすぐに回収できる。

内容 ある動物園が、あなたの動物園にいる動物を1頭欲しいと打診してきました。その動物と引き換えに、相当額の寄付をするという話です。この動物園に☆☆を渡して、引き換えに寄付金$○○を受け取りますか?
難易度:簡単
結果 ☆☆を別の動物園に寄贈し、引き換えに寄付金を$○○受け取りました。
補足 ムース1頭で$4,236.00だった


フォトサファリチャレンジ

内容 全国動物園協会は、加盟するすべての動物園を対象にコンテストを実施しています。参加する動物園には$5,000の補助金が交付されます。このコンテストでは、なかなか見ることのできない園内の出来事を撮影した2枚の写真が必要です。具体的には、動物の母子の写真と、動物用アイテムを使っている動物の写真です。
難易度:普通
写真 以下の写真を撮影してください。
*動物の赤ちゃんとその母親
*動物用アイテムを使っている動物
結果 動物の赤ちゃんが母親といるところや、動物用アイテムを使っている動物など、なかなか見ることのできない園内の出来事を収めた写真により、$5,000の補助金を獲得しました!
補足

内容 『月間鳥類』誌では、次の号に掲載する外来種の鳥の毛づくろいの習性に関する記事を準備しています。インドクジャクが砂浴びをしているスナップ写真を撮ることができれば、その写真に対して『月間鳥類』誌から$1,500が支払われます。
ヒント:インドクジャクが砂浴びをするのは、衛生状態が高の場合だけです!
難易度:簡単
写真 砂浴びをしているインドクジャクの写真を撮ってください。
結果 『月間鳥類』の編集者は、あなたが撮影したインドクジャクの写真を受け取りました。その写真は、外来種の鳥の毛づくろいの習性に関する記事にぴったりでした。撮影料として$1,500が支払われました。
補足 難易度は簡単となっているが、砂浴びは一瞬なのでタイミングが非常に難しい。

内容 動物園の新しいパンフレットを制作している営業部が、以下の写真を必要としています。
*冷たいジュースを手に持っている来園者
*ベンチに座っている来園者

地域に配布する宣伝用のパンフレットにこのような写真があれば、動物園の評判がさらに上がるでしょう。
難易度:簡単
写真 冷たいジュースを飲んでいる来園者と、ベンチに座っている来園者の写真を撮ってください。
結果 営業部は冷たいジュースを飲んでいる来園者と、ベンチに座っている来園者の写真を受け取りました。光沢のある真新しいパンフレットが地元住民に配られ、あなたの動物園のニュースがまたたく間に広がっています。
補足

内容 園芸協会より、あなたの動物園の植物の展示に関心を寄せており、園内の樹木についてプレゼンテーションをしてほしいとの依頼がありました。報酬は$2,000です。プレゼンテーションの資料として、地球上の4つの異なる地域の植物を収めた4枚の写真が必要です。写真には、それぞれ該当する生物群系の樹木が写っている必要があります。あなたの動物園に展示されているのは動物だけだと思っている人もいるかもしれませんが、そうではないことをこのプレゼンテーションで一般に広めることができるでしょう。

サバンナ、熱帯雨林、亜寒帯林、高山帯の各生物群系に生息する樹木が必要です。
難易度:簡単
写真 以下の写真を調達してください。

*バオバブ:サバンナ生物群系(アフリカ)
*カポック:熱帯雨林(南アメリカ)
*アメリカカラマツ:亜寒帯林(北アメリカ)
*ヒマラヤゴヨウ:高山帯(中国)
結果 樹木に関するプレゼンテーションは大盛況でした。立ち見が出るほどの盛況だったため、2回目のセッションが行われることになり、あなたへの謝礼も2倍の$4,000になりました!
補足 毎回2倍になるかは未検証