※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじのページであります






 柚月真琴には隠し続けてきた秘密があった。

 幼い頃より霊が見え、対話が出来ること。
 それが原因で辛い過去を持つ彼女は、他人に知られないように細心の注意を払っていた
 はずだった。


「幽霊、見えてますよね」

 放課後の教室、振り向いた先には女生徒が一人立っていた。
 真っ直ぐな瞳で見つめてくる彼女に、真琴は視線を逸らして答える。

「いやぁ……どうだろうな……ははっ」


 季節外れの新入部員として、オカルト研究会に関わることで真琴の生活は大きく変わっ
 ていく。
 おかしな先輩に、おかしな後輩。
 活動内容は調査と称して夜の校舎に忍び込むこと。

 噂に嘘を重ねて作り上げられた七不思議を調べていくうちに、
 真琴は、校内に潜む不穏な影の動きに気付く。