ティラミス=ダークネスノート=ソウルブレイカー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本作の黒幕、9人組の一員。
雪よりも白い肌と長い白い髪。赤と黒の歪な目。
華奢な身体を薄手の白いワンピースと、金属の装飾で着飾っている。
不気味な狂気と不思議な魅力を纏った謎の少女。

『魔術を司る者』として、恐れられる伝説の魔術師。
『可能性の存在』『白夜の女帝』『世界を壊す者』など多くの二つ名を持つ。
少女の姿をしているが、既に悠久の時を過ごしており、
不老不死の肉体を得ている。時代と共にその姿を変え、名前を変えており、
歴史上の偉大な魔術師は全て彼女の仮の姿とすら噂されている。

双森達ロストチルドレンの家族に狂気を与え、あらゆる人生を破滅させた張本人。

気に入った人物を変な仇名で呼ぶ。

強大な魔術師であるが自分で殺すことはせず、誰かにさせることを好む。
マザリモノについて開発した魔術師でもあり、双森がマザリモノを作るようそそのかしている。
自分は失敗作だとして嫌っている。

元々地球は魔術を使うには適さない場所であったが、彼女が世界各地に手を加え、
パワースポットを作ったり魔法陣を組んだり龍脈を流したりしたので、
魔術が発動しやすい世界になった。その為万が一彼女が死ぬと世界中から魔術が消えるといわれている。

リインカーネイションを完璧に完成させている唯一の魔術師。
不気味で得体の知れない女性だが9人組の中では連司同様、仲間意識が高く胡散臭い優しさを出している。