モビリス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

修学旅行中に秋葉原で手に入れたパーツを使用し、さらに強化されたキャプテンスーツ
以前ニ作とは人工筋肉の仕組み以外別物になっている。
通常時は全身20のパーツに分割され、アタッシュケース型の「キャプテンギア」となっている。
腕時計型コンピュータ『キャプテンデバイス2』で変身ポーズをとることによりキャプテンギアから変形、自力で浮遊し、立体映像のエフェクトとともに誰何に自動的に装着される。
飛行はそれぞれのパーツにとりつけられた「イオン=デンジクラフト」によって行われ、このとき飛行装置の副産物として周囲に放電を行い、それが変身時に装着者を守るバリアの役割を果たしている。
装着はそれぞれのパーツがプログラム通りに浮遊することで成り立つものなので、装着中はある程度あらかじめ決めておいた姿勢を保たなければならない。
今までの2作はパーツが皮膚に直接触れている必要があったが、これは服の上からでも使用可能となっている。

モビリス12の武装

モビリスは全身各部に12種類の武装を装備している。
戦闘のみならず、「不戦のヒーローキャプテンネモ」の信念に合わせ、人命救助や作業にもその力を発揮する。
前作の武装は銃とかスタンガンとか殺る気マンマンな奴ばっかだったが気にするな!
  1. キャプテンデバイス2・・・キャプテンスーツ全体の機能を管理する腕時計型端末。
  2. キャプテンコントローラー・・・キャプテンスーツの両手。指の動きで発明品を操作する。
  3. キャプテンフェイス・・・キャプテンスーツの顔を覆うマスク。HMD兼防塵防毒酸素マスク。
  4. イオン=デンジクラフト・・・各部に装備された飛行装置。放電を伴うため応用してバリアにもなる。
  5. ダンクーガシステム・・・格闘戦闘用の補助プログラム。キドウの使用に不可欠。
  6. サミダレ・・・小刀の形をした武器。火薬を用いて金属片をばら撒く。
  7. キャプテンフィンガー・・・右手に装備されたガントレット。実は防御用。
  8. キリフダ・・・右腰に収納されているトランプ型の飛行装置。スート毎に異なる機能を持つ。
  9. ジャックスアンカー・・・大腿部にマウントされているワイヤーアンカー。
  10. サイノメ・・・左腰に収納されているサイコロ型のカプセル。目に応じて様々な機能を持つ。
  11. キャプテンマント・・・羽織るような形で取り付けられている白衣。防弾防刃効果がある。
  12. キャプテンストライカー・・・両足に装備された電磁波照射機。キックの衝撃に乗せて電磁波を放つ。

作中の出番

64時限目に初登場。
その際は相手が人間であったため、一切攻撃を行わずに撤退させた。