目次


キャプチャーボードとは

ゲーム機とPCを繋ぐ為の機械、価格は3000円~3万くらい
ボード型のものもあれば、ケーブルのような形状のものまで多種多様




オススメのキャプチャーボード

何百ものキャプチャーボードが存在しますが
コストパフォーマンスの良い3つのみ紹介しておきます
電化製品店よりAmazonなどの通販サイトで購入すると安く買えることが多いです


商品名: GV-USB2
約3500円

商品名: SD-USB2CUP5
約4500円
【対応映像ケーブル】
●コンポジット
●S端子
【対応映像ケーブル】
●コンポジット
●S端子
●コンポーネント
●D端子(D2規格)
安くて壊れにくく使い勝手も良い為
ニコ生で利用者が多い
対応映像ケーブルが豊富で安い
D端子対応だが、ハイビジョンではないD2
コストパフォーマンスが良い品


商品名: ドリキャプ DC-HD1B
約12000円
【対応映像ケーブル】
●HDMI(なぜかHDCP対応らしい)
●コンポーネント
●D端子
ノートパソコンでは使えません
value starなどの一体型PCでも使えません
PCI接続ができるデスクトップPCのみ対応
低価格にHDMI接続やD端子(D4)に対応している






キャプチャーボードの選び方

  • ソフトウェアエンコード方式のものを選ぶ(上記オススメのものは全てそれ)
  • 付属ソフトは気にしなくていい
  • 画質は映像ケーブルで決まる
まずはプレイしたいゲームの、映像ケーブルを用意して
その映像ケーブルに対応したキャプチャーボードを購入すると良いでしょう

+ ソフトウェアエンコード方式が良い理由
+ 付属ソフトは気にしなくていい理由



映像ケーブル

下に行けば行くほど高画質
コンポジット端子
古い、画質も悪い、だけど有名
ゲーム機に標準で付属していますが、画質は最低です
画質にこだわるのなら使わないほうが良いでしょう
(赤白のケーブルのセットで見かけますが
赤と白は音声ケーブルで映像には関係ありません)
理論値35万画素(720*480,標準画質)
【対応ゲーム機】
ほぼ全てのゲーム機

S端子
上記コンポジットと同じ画素数だが、ピンが4本と多い為
そのぶん若干くっきり綺麗に映る
ニコ生的に、そこそこ満足できる画質になる
左の画像は黄色いが、色に決まりはないため
黒かったり青いこともある
理論値35万画素(720*480,標準画質)
【対応ゲーム機】
ほぼ全てのゲーム機

コンポーネント
3本で1セットのケーブル
日本より海外での使用率が高い
S端子より綺麗&
流れる信号に主に2種類があり(Y・Cb・Cr)と(Y・Pb/Cb・Pr/Cr)
後者の(Y・Pb/Cb・Pr/Cr)の方が高画質
【対応ゲーム機】
Wii,PS3,X-box360
PS2

D端子
コンポーネントを日本人が1本にまとめちゃったもの
日本の液晶テレビは対応しているものが多い
映像信号規格にD1~D4まであって、D4対応だとハイビジョン画質
コンポーネントと同じ信号なので画質もそれと一緒
D1とD2は標準画質,D3とD4はハイビジョン画質
【対応ゲーム機】
Wii,PS3,X-box360,PS2

HDMI
フルハイビジョン対応で一番画質良く映せるケーブル
対応キャプチャーボードも少なめ
最新のゲーム機やブルーレイレコーダーなどが対応している
他のケーブルが映像信号だけを送るのに対して
このケーブルは音声信号も送ることが出来る
フルハイビジョン対応
【対応ゲーム機】
PS3,X-box360など
(Wiiなどは非対応)





ゲーム機用ケーブル

コンポジットケーブルは、どれも標準付属しているので紹介はしません

Wii用

S端子

コンポーネント

D端子

SFC・N64・GC用

S端子
(生産がすでに終了しているので少し手に入りづらい状態です
近くの中古ゲームショップめぐりをすれば見つかるかもしれません)

PS3用

S端子

コンポーネント

D端子

HDMI

PS2用

S端子

コンポーネント

D端子

PSP-3000・PSPgo用

コンポジット・S端子

コンポーネント

D端子

PSP-2000用

コンポーネント

D端子
(PSP-2000はコンポジットやS端子に対応していません)

分配器

PC画面ではなく、テレビ画面を見ながらでプレイしたい人は必要

コンポジット、S端子対応(一応コンポーネントにも使える)

HDMIを分岐


関連項目
















|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|