このページは雑談放送向けのPCマイクの紹介です
歌ってみたについてはコチラ

オススメのPC用マイク

安い 雑談向け 雑談向け 歌ってみた向け
BSHSM06WH (約600円) ECM-PC60 (約2700円) PC 131 (約3600円) ECM-PCV80U (約3300円)
全指向性
正面感度:-54db
周波数帯:100Hz-10,000Hz
全指向性
正面感度:-38dB
周波数特性:50-15,000Hz
単一指向性
正面感度:-38dB
周波数特性:80-15,000Hz
単一指向性
正面感度:-40dB
周波数特性:80-15,000Hz
安いが感度(集音率)は低め
マイクに近づいて話しましょう
オススメ
小型で音をよく拾う
服に取り付けて
使えるクリップ付属
2種類の使い方が嬉しい
小さいのでじゃまにならない
感度が高い(音をよく拾う)
ヘッドセットで
評価の高い品
歌ってみた向け
ボーカルマイクに似た見た目
PC用のマイクは何十個と販売されていますが
その中で評価の高いものだけを厳選して紹介しておきます

ちなみにLogicool社製などのウェブカメラを持っている方は
ウェブカメラ本体にマイクが内蔵されているため、マイクを別途購入する必要はありません

マイクの選び方

指向性

主に二種類「単一指向性」「全指向性」です
  • 【単一指向性】:マイクを向けている方向の音をよくひろう
  • 【全指向性】:マイクの向き関係なしに音をよくひろう
1つのマイクで、複数人での放送をしたい人は全指向性マイクを選ぶと良いでしょう

正面感度

数値が大きければ大きいほど音をよく拾うことを意味しますが
マイクの場合は値にマイナスがついているので注意してご覧ください

「-54dB」と「-38dB」なら-38dbの方が数値が大きいので(マイナスがついているので)
「-38dbの方が16dB感度が良い(音をよく拾う)」ということを意味します
感度が良いほうが、マイクから離れても声を拾ってくれます

周波数特性

どの音程の音をひろうかを意味します
この範囲が広ければ、低い音から高い音まで拾うことを意味します
「100Hz-10,000Hz」と「50Hz-15,000Hz」を比較するならば
「50Hz~15,000Hz」の方が低い音も高い音もよく拾うことを意味します



マイクの種類について

パソコン用マイク ダイナミックマイク コンデンサーマイク
PCに直接繋ぐことが出来るマイク
そのためニコ生で利用者が非常に多い
ミュージシャンも使う本格的なマイク
PCに直接繋ぐことができないため
オーディオIFなどと組み合わせて使う

電化製品店ではなく楽器店
もしくは通販を利用すると良いでしょう
スタジオレコーディングで使われるマイク
小さな音や高音など
繊細な音を生音に近い状態で
収録出来るマイク
エアコンやPCのファンの音まで拾ってしまう為、部屋を無音にする努力も必要
電気で動く仕組みなので、ファンタム電源対応のオーディオIFなどが必須
ダイナミックマイクやコンデンサーマイクは、プロのミュージシャンも使っている
本格的なものですが、パソコンで使うにはオーディオIFやPAミキサーも必要です
初心者はPC用マイク、本格的な音楽配信がしたい方はダイナミックマイクやコンデンサーマイクを選択肢にいれてもいいでしょう
音楽配信向け機材についてはコチラ


マイクの音を高音質にする機材

もしマイクの音にノイズが入っている場合
原因の1つがPCの音を処理するパーツのサウンドカードです
どのPCにも最初から搭載されていますが、最初から搭載されているものは質が悪いことがあります

その場合別途質の良いサウンドカードを購入して取り付ければ音質が向上することがあります
ニコ生向けの安いサウンドカードを記載しておきます

XENYX 302USB X-fiGo!Pro
PCマイク
ダイナミックマイク
16Vコンデンサーマイク用
PCマイク用
ライン入力可能 非対応
手元のつまみで音量調節 PCをいじって音量調節
ASIO対応 非対応
PC以外にも使える PC用専用機材
エフェクト機能無し エコーやボイスチェンジャーが手軽
なお上記に記載したPC用マイクのECM80uには、サウンドカードが付属しています



マイクの音量調節

Vista,7の場合


デスクトップ右下の白いスピーカーアイコンを右クリックして録音デバイスをクリック

マイクをダブルクリックします
(声に反応して緑のメーターが動いている奴をダブルクリックします)

レベルタブをクリックして、マイクのつまみやマイクブーストのつまみを調節します

PC音とマイクの音をミックスして流したい

いくつか方法があります

ステレオミキサー機能を使う方法

PCの機能を使う方法です。この機能がPCに搭載されていれば使うことが出来ます
ステレオミキサーの解説ページへ




ソフトを使う方法

Vista,7向けの方法です。PCの処理能力が結構要ります
ソフトを使う解説ページへ


















|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|