※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェブカメラとは

USB接続でパソコンと繋ぐことが出来るカメラです。
ニコニコ生放送などのインターネット配信やSkypeなどのインターネットビデオ通話
もちろん写真撮影や動画撮影にも使えます。価格は1000円~1万円くらい


おすすめのウェブカメラ

【結論】
  • DS、3DS実況や小さな物を撮影したい→C525もしくはC920
  • 安くて良いものがほしい(近いものを撮影しない場合)→C270
  • 三脚を使用したい→C920
なおC610だけは買ってはならない

  • ニコ生に使えないウェブカメラは存在しない(ニコ生対応!の宣伝文句は気にしなくて良い)
(ELECOM社製のものは「ニコ生対応」とかシール貼ってて、釣られた情弱がよく買ってる)
  • Logicool社かMicrosoft社のものが同じ価格帯では性能が良い感じ(付属ソフトも良い感じ)
  • DS実況など近いものを撮影したいときは、フォーカス機能必須。雑談配信などには不要
  • Amazonなどの通販で買った方が超安い(Amazonは人気な商品ほど値引きするシステムのため)
  • 画素数での判断は、あまりあてにはならない(理論値的には30万画素あれば十分)
(YouTubeなどにテスト動画があがってるので製品名で検索かけて実際の映像をみると良い)
  • ここで紹介するウェブカメラには全てマイクが内蔵されています、別途買う必要はありません

デザイン的には、BUFFALO社やELECOM社のものが良さ気に見えるけど
機能的にはLogicoolの方が圧倒的に上
個人的に Logicool>Microsoft>>BUFFALO>>>>>>ELECOMという気がする
+ニコ生に必要な画素数について

ニコニコ生放送の画面の大きさは「横512×縦384≒20万画素」です
つまりは理論値的には30万画素以上は無駄ということになります

ですが、値段の高いウェブカメラは良いセンサーが使われている為か値段に比例して画質は良くなります、値段の安い120万画素より、高い30万画素のカメラのほうが画質が良かったということもあります

では何故これほどの画素数のウェブカメラが存在するのか
理由は売れるからでしょうね
「画素数が何なのかよくわからんけど高いほうが画質いいんでしょ」って人が多いからでしょうね

ちなみにこの無駄画素数ですが、一つ有効活用できることがあります
デジタルズームです。画素数が高ければ拡大しても綺麗に映ります


Logicoolのウェブカメラは、カメラ使用時にコントロール画面が自動で出て
そこからピント調節やズーム機能や顔追尾や静止画像表示などの設定が出来ます

他の社のカメラには、このズーム機能とかないものが多いよ
他社のはなんのための画素数なのかよくわからない。その画素数をニコ生で活用出来てない
+Logicool押しの理由
+画質
画質はどのメーカーも値段に比例します
安い200万画素より、高い130万画素の方が綺麗ということもよくあります
その為「このカメラは画素数が凄いから綺麗」というわけではないと思います
画素数や商品仕様で、画質の判断はなかなかできないので
Youtubeなどのカメラテスト動画を見て判断してみると良いと思います
まぁLogicoolのカメラは動画をYoutubeに簡単にアップロードできるので、
Logicoolのカメラテスト動画は多いですけどね
どのメーカーも値段に比例するので、画質以外のもので凄さを判断します

マイク内蔵

集音率の高いマイクが内蔵しています。
ノイズ除去機能もついています(オフにもできます)

また他社のウェブカメラでマイク内蔵モデルでオートフォーカス対応だと
フォーカス用モーターの音がカタカタ入ることがありますが、Logicoolのカメラにはそれがありません


カメラコントローラーが便利


ウェブカメラを使おうとすると、Logicool社のウェブカメラは自動でこんな画面が出てきます
ここからピント調節やズームなどのカメラの設定を簡単にできます
さらに画像を表示させたり、エフェクトがかけられたりします

Elecom、バッファローコクヨサプライ、サンワサプライのものにはこの機能は無い


設定画面もわかりやすい


Logicoolのカメラの設定画面はこんなかんじです
自動色合い補正機能も優れています


他社のはデフォルトのドライバでの設定画面なので、どれもこんなかんじです


付属ソフトが凄い


かんたんに動画や画像を撮影できるソフトが付属しています
とった動画を簡単にYoutube などにアップロードが出来ます


動きを感知し、自動で録画する防犯カメラになるソフトも付属しています
(その他動画や画像を編集ソフトも簡単にダウンロード出来るようになっています)

簡単に使えるビデオ通話ソフトもあります
その他動画や画像を編集出来るソフトを簡単にダウンロード出来ます

他社の付属ソフトと言えば

例えばAMCAPというソフトが付属していますwww。はい、誰でも手に入る無料ソフトです
他にSkypeの使い方を解説してくれるそうですwww。はい、誰でも手に入る無料ソフトです
ELECOM社のには、動画編集ソフトが付属していたりします。
でもウインドウズムービーメーカーの方が機能が上なので存在意味がない気がします

Logicool社以外のカメラを購入する利点を誰かおしえてくれませんか?

Logicool社のウェブカメラが良さげな理由まとめ

  • ズームやピント調節がかんたん
  • カメラの設定がとてもかんたん
  • 付属ソフトもオリジナルで優秀
  • 合成映像も作れちゃう
  • (上位機種はカールツァイス社製のガラスレンズを使っているという本格派)
  • 内蔵マイクも優秀、ノイズ除去機能もついている
で、他社のカメラは・・・。うーん(´・ω・`)


オススメウェブカメラ一覧

ウェブカメラは数百種類販売されていますが
ニコ生にオススメのものだけを厳選して紹介しておきます

C270


Amazon通販ページ

Amazon通販ページ

Amazon通販ページ

Amazon通販ページ
Amazon価格:1380円
●安くて良いカメラが欲しい人はコレ(同価格帯の他のメーカーより数倍良い)
●カラーバリエーション豊富
●オートフォーカス機能(自動ピント調節機能)を使わない人にオススメ
●色合い補正機能も優れている

【欠点】
●フォーカス機能が無いのでカメラに40cmより近づくとボケて映る(40cm以上離れてください)
 (その為DS実況やちっちゃな物を撮影するのにはむかない
●カメラの上下にしか首が触れない

Logicool C525


Amazon価格:3200円
●オートフォーカス機能がある
●カメラの首を左右に振れる
●折りたためる 

【欠点】
●特に無いと思うけど、あったら教えて欲しい

Logicool C920


Amazon価格:6800円
●三脚が使える最高画質のウェブカメラ
●おそらく現時点で最高画質のウェブカメラ。ネットでの評価も高い
●本格的なカメラにも使われるカールツァイス社製のガラスレンズを使っている
●ディスプレイの明かりだけのような暗い場所でも十分に映る
●その凄まじい画素数を活用したデジタルズームが手軽に使える
●ステレオマイクを内蔵しており、右から話しかければ右から聞こえるといった配信も可能
●(複数人の配信でも、声の位置で誰が話しているのかわかりやすくなる)
●顔追跡機能があり、顔だけを自動で追尾して撮影してくれたりしてビデオ通話に便利
●顔認識して、顔に装飾を加える機能もある。ネタ用

【欠点】
カメラの首振りが、上下にしか出来ない。

三脚


Logicool C920 には三脚用の穴が開いているので、三脚に取り付けて使うことが出来ます
SLIK 三脚 F740
超人気な品
定価12000円だが通販だと2800円で購入可能
Amazon通販ページ
SLIK 三脚 ミニ2
Amazon価格 約1400円
Amazon通販ページ

ニコ生の設定

+かんたん配信の場合

かんたん配信の場合

①最初にカメラを接続しましょう。放送を始める前に接続する必要があります
②ニコ生の放送枠を取ります(放送枠の取り方はこちら)
③放送ツールタブの放送の設定の開くをクリックします
④映像の項目でウェブカメラを選びます
(ロジクールのウェブカメラの場合、Logicool ナンチャラを選びます)
⑤プレビュー画面に映像が映っていることを確認します
⑥比重の項目の音質重視のつまみを左端にして、画質重視のつまみを80くらいにします
⑦配信開始をクリックします

+映らない場合は
●スカイプなどでビデオ通話で使っていたら、使わずに普通の通話に切り替えてください

●カメラ付属の録画や撮影ソフトを使ってる場合は、それを使わないでください
ウェブカメラは、ひとつのソフトにしか使えず2つ以上同時に使うことができません






















|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|