※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クィントゥス・ホラティウス・フラックス


クィントゥス・ホラティウス・フラックス (Quintus Horatius Flaccus, 紀元前65年12月8日 - 紀元前8年11月27日)は、古代ローマ時代の南イタリアの詩人。一般には単にホラティウスと呼ばれる。アウグストゥスと同時代に生きたラテン文学黄金期の詩人で、ウェルギリウスと並んで評価される。作品に『風刺詩』、『詩集』、『エポーデス』など。

書簡詩『詩について』(Ars poetica)はアリストテレスの『詩学』と並んで、古典主義詩論で重要視された。このなかの一節「詩は絵のように」(ut pictura poesis)は、のちに絵画にも拡大され、近世詩論および絵画論に影響を与えた。