■海嶺ノ水林

  • アーモロードの樹海の第二層。
  • 海底に空気を吹き込んだような不思議な迷宮。魔物や迷宮の仕掛け以上に他者の悪意が道を阻む。要注意。
  • マップの仕掛けに強制移動の「水流」が登場
  • 最初のボスを倒して喜んでいる冒険者がサンゴに食われる。
  • 深海魚の巣という恐ろしいマップがあるが、いざ勇気だして一歩踏み込むと普通に回遊しだしてあっけとられる人多数
  • 回避不能の紫ワニや乱入祭りのシーラカンスなど、改めてFOEの怖さを思い知る階層でもある。特に紫ワニ。通路どけや。
  • 古海の放浪者は連戦を強いられるため3層クリアPTでもそこそこ苦戦する。経験値はおいしい。
  • 邪魔な紫ワニは、「あれが倒せないとストーリー進められません」という親切設計かもしれない。
  • 到達してしばらくは、魚臭い三連星の後ろをささっと通り抜けるのが日課となる
  • 水中なのに、陸上の第一層より魚を見かけないという不思議。イソギンチャクに喰われたんだろうか。
  • 各種海星を見て「なる■る」を思い出す人もいる
  • ホシマルにしか見えないよなあれ
  • FOEシンボル3連発は音楽との相乗効果で(((((´・ω・`)))))となる
  • 水流を止めても、オートパイロットをオフにしておかないと矢印に流される。
  • 初代の三層は「え!? 森なのに青い! 大丈夫か!?」と思うがこっちは海なので環境破壊で背景が青っぽいわけではない。多分。
  • 突入時に出る一枚絵の右上隅にケトスっぽいのがいるような。
  • ↑ハンマーヘッドだと思ってた
  • 鱗竜の存在感の無さがちょっと泣ける
  • ↑だが現金なもんで、幸運のハンマーを手に入れた瞬間から復活を心待ちにするようになる
  • 橙と赤のFOEに実力差がほとんど無い。それはつまりこの階層の橙FOEが非常に手強い事を意味する。
  • カナエェェエ…
  • 一周目のマッピングでちゃんと海流の向きに矢印を置いていたのに、海流が止まるイベント後「止まったからいいやー」と矢印を消したせいで二周目で泣きを見ました。
  • この層でアムリタを量産できる。FOE連戦に備えて、採集PTの安全歩行をぐいぐい上げておくべし。
  • ムロツミメンバーの墓場
  • ↑ う、うちの場合は協力し、しなかったから・・・、生きてる・・・多分。
  • 鱗竜より3匹のお魚さんの方が苦戦する
  • ワニは回避不能ではなく、一旦近づいて誘き寄せつつ迂回すると突破可能。
    しかしこの方法を使ってドヤ顔で進んでいくとB8Fでhageる事もある。
  • ↑俺は戦闘→逃げるで強制突破した。しかし二層程度で出現したディノゲーターに心臓飛び出た。
  • 海流にオートパイロットのアイコンを置いてONにしたままイベントを進めると…
  • 海珠を置いたのに流されます!バグですか!
  • ↑いいえ、仕様です
  • 前半の戦闘曲はこの階層まで。変わるのが早すぎる
  • 冒険者以外にも死者が多く出る階層。BGMも静かで不気味
  • 次の階層との間に深都が挟まっているため、直接8Fに行ける
  • ワニはむしろ回避してたが故に8Fで中ボスとして出てきて戦慄。
  • 海の中のような階層だが、意外にも魚っぽいモンスターが少ない。フグとシーラカンスと海王さんしかいない。かみつき魚の亜種とかⅡのフィッシュマン系統でもいたらもっと良かったかも。
  • 物理一辺倒だとこの辺りで地獄を見る。
  • とりあえずパイレーツや剣ウォリは特に苦労するであろう階層。シノビはこの辺から飯綱伝説の幕開けをすることができる。
  • 初代の枯レ森以上に死の匂いがする階層…
  • 海嶺の水林
  • カナヅチでここを探索してる間ずっと青い顔してる、もしくは、逆に海が好きで嬉々としながら探索してるという脳内設定のギルメンがいるのは俺だけですか?
  • 某携帯獣カードゲームの「タイダルストーム」のパッケージ背景は海中なんだが、その景色がここの一枚絵にすっごい似ている……
コメント: