■皆伝の書

  • 世界樹の迷宮Xに登場する貴重品。サブクラス習得に必要なアイテム。
  • 登場する時期がかなり遅めで第八迷宮の宝箱から入手出来る。
  • これを入手してから冒険者ギルドへ寄ると以後、サブクラスの習得ができるようになる。
    やり方は、冒険者の管理/MANAGEを選び、引退の上に追加されている「サブクラス習得」を選ぶ。
    サブクラスは、採取/伐採/採掘/野生の勘/収穫マスター、採集系スキル(パッシブ/常時発動)が覚えられず、フォース&フォースブレイクも使う事ができない。
    また、覚えられるスキルレベルの最大値は本来の半分。
    (例を挙げると最大レベル10のスキルは5まで、レベル8までのスキルは4まで、レベル6までのスキルは3まで、レベル4までのスキルは2まで)
  • サブクラスを習得するとスキルポイントが"5"加算される。サブクラスを決定する最終確認時に、Vの二つ名みたいに名前を任意に変更するか、選んだサブクラスを表示するかを選択できる。
    一度サブクラスを選んだ後でも肩書き変更は可能で、サブクラスを選び直す時は「休養」を選べばOK。
  • 在りかは第八迷宮 海嶺ノ水林 B3F【A1】の宝箱に、金インゴットと共に入っている。
  • 3や4ではだいたいレベル30手前でサブクラス解禁が可能だが、Xではレベル40半ば、あるいはレベル50に達しているかどうかのタイミングで解禁となる。それでもストーリーの長さ故にサブクラスを使える期間は長いが、サブクラス前提の編成で最初のパーティーを組んでいた場合苦しい期間も長いだろう
  • ↑サブクラスあるんだ!やったー!職多いし組み合わせ考えるの楽しみ!手か今から考えちゃおう!シナジーシナジー!……って発売前からなってた自分は相当苦しかったです
  • プレイヤーの期待とやる気とプランをとことん破壊していくゲーム、それが世界樹の迷宮X。
  • ↑別にんなこたないやろ
  • サブクラスを選択すると、サブクラスが装備できる武器・盾を装備できるようになる。
    例:ソードマン(IV)がサブクラスにレンジャー(I)を選ぶと、弓(武器)を装備できるようになる。
  • シリーズ経験者ほど引っかかる罠。サブ取れる頃には本職のベテランスキルまで取れてる場合が多い。
  • 普通に宝箱に入ってる上に何のイベントも無いから笑ってしまった
  • いっそ鍵と登場順逆でもよかった
  • 今気づいたけどこれ3初出のシステムだから3の迷宮で手に入るってことなのか!?ちょっと感動した
  • ↑しかも3は海嶺の水林をクリアしてからサブクラス解禁なので古参ボウケンシャーは大体察しがついていたり
  • 入手の経緯は一言でいうと、遺失物横領である。
  • ↑まあ今回AEでも普通にやってるけどね。 今回の世界では樹海で物を拾ったら拾った人の物的なルールはあるんだろうか? 新2ではそんなルールが語られたような。(うろ覚え)
  • ↑どこぞの世界のヒーローは他人の家に上がってタンスや壺の中を漁っているそうだから、これぐらいへーきへーき……なのか?
  • このゲーム、後半雑だよなあ
  • ↑前半も雑だからな
  • 全十四迷宮のうち第八迷宮で入手するので遅めに感じるが、後半の迷宮は階層が多かったりするのでそこまでではなかったりする
  • いや過去作に比べたら十分遅いわ。3も4も全6層のうち2層クリアしてすぐにサブ修得だし
  • 解禁時期、迷宮全体の割合で言ったら過去作と同じかもしれないが、ベテランとマスターの間にうまいこと入れていた4とか新拠点が解禁されると同時に新要素もドン、と綺麗に揃えてくれた(そしてその次は隠し職もドンな)3とかと比べると割合どうこうの問題じゃあないだろって違和感があったんだよな
コメント: