■オオナナフシ

  • 世界樹迷宮5のモンスター。葉でできた剣を巧みに操るナナフシの一種。斬られた相手の脚の自由を奪う特殊な剣術を得意としている。
  • 進み方ではこちらの方を早くみるナナフシ、一列脚封じなど舐めていると他のと組み合わさった時にヤバい
  • 世界樹では珍しい実在の生物と完全に同じ名前のモンスター。こいつ以外では3のイソギンチャクが該当する。
  • ↑オオアリクイ・ラフレシア「……」
  • ジャイアントモアが↑2めがけて突撃したそうにうずうずしている
  • ↑3 モケーレムベンベは身構えた!
  • ↑お前はUMAだろ座ってろ。ところでニチリンソウがそっち行ったぞ
  • クーラスクス・サーベルタイガー・ステゴサウルス「」
  • デスストーカー「……」
  • アンモナイトやエリマキトカゲもいるでよ
  • ↑8 針ネズミ「おい」 バブーン「ちょっと」 ノコギリガザミ「待てよ」
  • ファイアアント「燃やすぞ」
  • ペ ン ギ ン
  • 大ブーイングの嵐であるw
  • オオアナコンダ「」
  • こんなにいたのか
  • ディアトリマ「は?」
  • オオヤマネコ トノサマカエル タイタンアルム ワオキツネザル「」
  • これらが所謂「長澤さんに投げたらモンスターになって返ってきた動植物」の例である
  • まんまなネーミングは特にアーモロードのモンスターが多いようだ
  • ハンマーヘッド・ヤドリギ「大航海で戦った俺たちのことを忘れたのか・・・?」
  • パンダアント「俺のこと忘れてない?」
  • オオナナフシ「ボクのページなのに……」
  • エルダードラゴン「(どさくさに紛れよう…)」
  • オオタテとほぼ同時期なので、先に遭遇したほうが印象に残りやすい種族。自分はオオタテだったため、この子は地味な印象が拭えない。。。
  • ↑寧ろ混同するような愚か者もここにいます 別人だったのね
  • 実在のオオナナフシはここまで大きくはなく、剣術なども使わない
  • ナナフシス・アタックフォルム。封印エリアのはディフェンスフォルム
  • ↑3 たぶん世界樹で、階層をまたがって同じモンスターが出たことはない…はず(パサラン・プーカ除く)
  • 今作はバグか設定ミスで5層で1層の敵が出るマスがあるらしいがそんなことはクソどうでもいい
  • ↑2 4の暴れ野牛は大地を跨いで出る
  • ↑95へぇ よく咄嗟に出てきましたね…
  • ↑色々 バビルサ「お前ら猛進連牙すんぞ」
  • ここまでサウロポセイドンさん無し
  • ↑全員  疾 走 疾 駆
  • オオタテナナフシ(騎士虫)とは登場時期が同じな上にステータスが五十歩百歩なので、どちらが上位種かわからない。HPや属性耐性は騎士虫が上だが、攻撃力はこちらが上
  • ラフレシアッー!がいるのにオオテントウさんが出てこない不思議
  • 初見殺し度で言えば圧倒的にオオタテである
  • 妙な盛り上がりを見せているページである。大変よろしい。(感想には個人差があります
  • 背中の葉っぱ、使えばいいのに…
  • 葉っぱオサレだろ!
  • 森ネズミ・バンパイアバット・ロンギスクアマ・大ナマケモノ・火喰い鳥・ハニーアント・ソードフィッシュ・ダイアーウルフと新1だけでも今までに出てないのがこんなに
  • ハンスケがやっと一つだけといって教えてくれるがパーティーに偏りがなければ大抵焼いてると思われる
  • 同階層で脚封じとシナジー持ってるやついたか…?
  • バッドプディングだな。封じ・状態異常時に大ダメージの攻撃を、該当者優先で使ってくる。
  • アホロートルにはお世話になった人も多いはずなのに
コメント: