■打擲の剛撃手

  • 世界樹迷宮5のモンスター。誰彼構わず近づく者を殴り飛ばす魔人。視界を潰されないよう進化した目は高熱の弾を放つ武器にもなるという。
  • 通常時に隣接すると殴り飛ばされるため必然的に戦闘は浮いた状態で行うことになるが、戦闘に突入すると何故か普通に接地している
  • こいつ二体に挟まれる座標でぶっ飛ばされてもピンボールみたいにはならない。この特性を利用しないと戦えない個体も。
  • こいつに殴られてライオンロックさんから逃げつつ最後の部屋へ向かった時の心境は正に「これが我が『逃走経路』だ!」だった
  • サンドパン
  • ↑なるほど、それゆえの氷弱点
  • 相当むしゃくしゃしてるんだろうな……
  • 何気にシリーズ初のバシルーラ使い。メッセージをよく読まない人はパニくっただろう
  • ↑4 確かにブレイククローしてくるけど目からビーム出すし何より顔がかわいくない
  • 図鑑の説明通り、盲目は無効、目からビームもする
  • FOE殴り代行
  • 全体攻撃のフルスイングは召喚枠のキャラがくらうとホームランされてしまう。勝手に攻撃してカウンターを喰らう針雀といいネクロマンサー&ハウンド殺しな階層
  • ★FOE殴り代行始めました★
    ムカついたけどFOEを殴る筋肉が無い、FOEを殴りたいけど殴るFOEが無い、そんなときに!
    FOE殴りで鍛えた打擲の剛撃手たちが一生懸命あなたの代わりにFOEを殴り飛ばしてくれます!
    モチロンFOEを用意する必要もありません!打擲の剛撃手が第五階層のFOEを無差別に殴り飛ばしまくります!
    1時間0エン 24時間営業 年中無休!
  • こいつに殴られることで川を渡るギミックがあるのかと思ったら特にそんなものはなかった
  • 「打擲」は「ちょうちゃく」と読み、ぶつこと、殴ることを意味する。初見でだてきって読んでしまった…
  • 蒸着?
  • ↑4 災厄へ至る病「解せぬ」
  • ジュクレンシャーは図鑑の説明と腕封じ耐性を見ただけで全てを察する。
  • 設定ミスで没になったグランノワールのデザインのらしい
  • 打擲…そんな読みなのか… あれ~?倒したのに変換候補出ねぇなぁと思いながらダ・テキ・ノ・ツヨシ・ウ(ツ)・テでメモ書いてたわ
  • 第五層からシナリオに関わるキャラが減って孤独感が漂い始める探索とFOEの回避に疲れた頃、豪快に不気味ライオンを吹っ飛ばしてくれる彼の姿に荒んだ心が和んだ人も少なくないのではなかろうか
  • 即死耐性が△なのに、眠った後に死の鎌(1振り)を当てて即死したときは笑いが出た 腕縛って体力を残りわずかまで削ったのに何度もhageた苦労を返せと思ったよ
  • 腕を封じれば楽勝・・・と思わせておいて腕封じになると目からビームを放ってくる芸達者。
  • 目の部分がピエロの鼻に見えてどこか愛嬌のある顔をしているよ
  • ↑ミス、しているように見える
  • こいつの希少種フルスイングでhageました。当たり前ですが希少種は短期決戦、だらだらやってたらいけませんね(戒め
  • コイツに殴られた不気味ライオンを見て『ざまぁww』と笑ってた者が通りますよっと
  • ハウンドの天敵。フルスイングで動物が強制送還させられるので、実質ハウンド限定のTP減少効果を持つようなもの。
  • ↑犬「バステや縛りも」
  • ↑2 鷹「使えば問題ないよ!」 なお盲目にしてもぶっ飛ぶケースもある模様 途中送信&連投すまぬ…
  • こいつよりも病さんの方が強かったし雀のほうが面倒だった。5層の数少ない癒しキャラ。石馬は瓦解しろ
  • 完全に脳筋と思わせておいて・・・バカめかかりおったわ!
  • 棘出してる時のスズメ殴らせてダメージが与えられると思ってた時期が俺にもありました。
  • 俺のそばに近寄るなああーーーーッ!!
  • おどろおどろしい見た目からキモライオン並みの搦め手使いを想像したが脳筋でアイツよりは倒しやすかった。シャーマンさまさまである
  • ギミックでふわふわして剛撃手さんはなんかかわいい
コメント: