■ビクトリードッグ

  • 世界樹迷宮5のモンスター。体色を利用して木の葉に隠れて勝機をうかがう狡猾な猛犬。鋭い前歯に一噛みされるだけで肉ごと奪い去られてしまう。
  • 第一階層の封印扉の鍵を使った先のエリアに出現。
  • 隠れて機をうかがい、咆哮で最大HPを下げ、牙でとどめを刺す。ビクトリーと冠されるのも納得である
  • 素材からは魔法防御が低い代わりに攻撃力補正、物理防御の高い盾が作れる
  • 咆哮は食らった後で打ち消すと現在HPが「下げられた時点の最大HP」と同値になるため、擬似的な全体割合ダメージ攻撃と化している。なかなか洒落にならない。
  • 咆哮のせいで探索時にHPをいちいち回復しないといけず非常に鬱陶しい
  • 若本ボイスで喋ったりはしない
  • 最大HPが半分にされるのはやっぱ痛いよなぁ
  • 犬「(活発ボイスで)ビクトリー!」
  • 先掛けでHP激減を防げる祈祷:長寿が大活躍…と思いきや二体並んでくることも多いため油断はならない
  • 1層隠しエリアで最大HP下げとは新2のカエルを思い起こさせるがザコ敵である
  • 弱くはないのだがもう1体が印象に残るため影が薄い
  • ↑ むしろもう1体が全然印象に残らず、最大HPごと全体ダメージを与えて来るこっちのほうが嫌だった俺はレアなのか。
  • 迷彩柄が嫌いな自分にとっては、戦法も相俟って5で一番好きじゃない敵になった。笑
  • HPもやたら高いので、咆哮を使われる前に倒すどころか普通に2ターン目にビクトリーされる。もう一体と同じく、必要な分の素材が揃ったら後の戦闘は拒否しよう。
  • 隠しエリアっぽい敵だと思う
  • 今作の隠しエリア雑魚は割と洒落にならん強さ
  • 逆に考えるんだ、『半減しちゃってもいいさ』と考えるんだ。だからHP1で駆け回っててもいいんだ。
  • いや、そのりくつはおかしい ← だがちょっと待って欲しい。衝撃セスタスに限れば、あながち的外れでもない。 ← いや、最大HPを下げられた時点では、その範囲内で「HPは最大状態」なわけだから、そのりくつはおかしい ← よくわからんがウォー○マン理論みたいなもんか ← こんなの絶対おかしいよ
  • 命は投げ捨てるもの ← それっておかしくないかな? ← おかしいですよ、カテ○ナさん ← わけがわからないよ
  • あくまで個人的な嗜好として迷彩柄は好きではないのだが、所謂「保護色」の類は、狩りをする為、もしくは狩られるのを避ける為に珍しくないもので、狡猾という表現はいかがなものだろうかと感じた。厄介なスキルを使ってくるのでイヤだなぁとは思うけれども。
  • あれやね、封印扉の先に行くなら、事前にサカナ釣ったりリンゴ狩りして、焚き火で焼いておくといいかもしれんね。
  • なまじオオタテナナフシさんと同エリアに出現するせいで、余計に悪目立ちしてしまうということもあると思われる。
  • ビクトリーという言葉をうざく思わせる好例
  • 今作は犬がやたらと強いなという印象にトドメを刺した畜生
  • コンバイン123
  • 攻撃スキルは無慈悲やプレディクトで無効化できるしもう一方の強敵ナナフシさんも無傷or壊滅みたいな展開がほとんどだから最大HPにはあまり気を遣わなくていいかも。普通のフィールドで出てきたら阿鼻叫喚だろうけど
  • パウダーの通りは悪くないので破霊ネクロがいるならパウダー撒くのも手
  • ↑確かにパウダードッヂボール(同種のモンスターに等価交換)で探索してたけど、こいつの場合二連続で失敗したら大ピンチになっちゃうんだよなぁ
コメント: