■傲慢の通仙坊

  • 世界樹迷宮5のモンスター。柱を倒して冒険者を妨害してくる大きな猿。非常にずる賢く、仲間を盾にして苦手な攻撃を防ごうとする。
  • こいつに限らず5のサルはとてもとてもあらゆる意味でいやらしい。完全にザコとなるほど成長した後でもマップギミックとしてやっぱり嫌がらせしてくる姿にはある種の感動を覚える
  • なんと傲慢なのだろう……彼は天狗にでもなったつもりなのだろうか
  • ↑盾にされたバランスオウムは廃人と化した
  • 通仙坊というネーミングセンスすき
  • モデルはおそらくテングザル、顔がそっくりである
  • Ψ(°∪°)Ψ
  • わざと柱を倒させないと進めないポイントが複数ある
  • 倒された柱に巻き込まれると全員に200ダメージ。適正レベルなら一発でHP1だろう。
  • 他のモンスターを盾代わりにするとは卑劣な奴よ……(無慈悲な盾を使いながら)
  • レビテーションを使えば問題なし
  • あれをかわせるって、レビテーションどんだけ浮いてるんだろ
  • 倒れて来た柱に対して反発して避けているんじゃなかろうか
  • レビテーションで無効化できるのか、レビテーションすげぇ
  • 猿はのんびりやってるとオウムと蝉のドロップだけになっちゃうね…こやつめHAHAHA(怒
  • 結局は達人取ってからヒュプノ死の鎌で経験値にされる程度のウザ雑魚い敵
  • お前が盾になるんだよ!(ゾンビパウダーを振りかけながら)
  • あえて柱に巻き込まれないと突破できないポイントがあるのがニクいね
  • あのパズルはほんと上手いと思う
  • でもこの猿相手にしてやられるのはちょっと悔しい。レビテーション使ってても。
  • ム〇ミンのスティンキ〇が黄色くなって可愛くなくなったら大体こんな感じ
  • 階段を上り下りしているだけですぐに復活する特殊なFOE。
  • 何とか無理矢理倒したぞ…進む前に一旦戻って休憩しよう→何…だと…?
  • 階層移動だけで復活するため、そのうち銀インゴット目当てに乱獲されるようになる。サルの鼻から練成される銀…
  • まるでゾンビパウダーをかけられる為に生まれてきたFOE
  • 彼の第二の人生は死霊(HP6448)
  • 人生って何だよ(哲学)
  • 猿生ではないだろうか(重箱の隅をつつく)
  • 希少個体化しているコイツに出会ったが、そうなると仲間を呼び出したりせず、ひたすらテングの拳で殴りかかってくる。ネクロマンサーがいなかったのでhageてしまった
  • レビテーションを使っていた場合こいつが倒してきた石柱にぶつかる直前にフワ~っとメンバーが石柱より上に浮いて回避……とかってやってるのだろうか……
  • 猿本体は拳がチョーっと痛いくらいの雑魚にすぎないが取り巻きがウザい
  • ↑6 死霊(通仙坊)「ご主人様一行へのお触りは一切通さぬ!(無慈悲な盾)」
  • ↑5そもそも死霊化している時点で人生でも猿生でもない
  • 巨猿からもぎとった テングのように長い鼻 乾燥させると硬化するが なぜかヌメりはとれない
  • 冒険者達を狙ったつもりなのだろうけど自分以外のFOEを岩で攻撃(してHP減少&停止状態に)しまう事がある物騒なFOE。キリンさんをいじめるな!
  • オリファント戦での優秀な盾になる。こいつの生前の行いを考えると...
  • ドロップアイテムが卑猥
  • 二層鍵付き扉の先では貴重なエンカウントリセット要因となってくれる 
    なお近くにいない上に例の畜生対策が万全でない場合hage直行な模様
  • こいつが倒す岩のせいで踏めるけど調べられないマスがある… いやどうやっても調べられないから何かあるはずもなくて調べる必要も無いのだけどマッパーとしてモヤモヤする…
  • コイツの名前ずっとつうせんぼうって読んでてなんのこっちゃと思ってたけど朝ボーッとした頭で考えて気づいたがとうせんぼうだったんだな…いい名前しやがって…
  • 通仙坊の朝は早い。「ほかのF.O.E様のように交代のスパンがある程度取れればいいのですが、私共は特殊なシフトが組まれているので…ありがちなのが、とりあえず次の階を一歩様子見して即戻ってくる冒険者様(笑)一瞬毎が勝負ですから。日頃から先輩方に石柱前までの所作、倒し方、立て直し、逆に石柱を倒された時の受け身、キリン様に倒した場合や、セミ様とオウム様をお呼びして連携の稽古等を厳しく仕込まれ、匠の技を研鑽し、次の世代へと伝承してゆく。おかげさまで歴代通仙坊に【出トチ】だけは一度もありません」愚直なまでの一途な表情に、ふと笑みが浮かんだ。
  • 二つ名解禁前のドラファイブにはきつい相手。いや、身代わりに気を付ければ簡単に倒せるけどさ、時間かかるんだよ!
  • 鼻の説明文もアレだが、図鑑で見ると尻尾の先がとてもあのね用。
  • おそらくモチーフはテングザルだと思われるが、もちろんテングザルが傲慢というわけではない。むしろ「争い事を徹底的に避ける」「たとえ損をしても穏やかに暮らす方を選ぶ」という習性を持つらしい。先に寝場所を陣取っていても、ずっと小柄なカニクイザルが近づいただけで、全員が抵抗もせず場所を譲ってしまうほど。主食はマングローブの若葉や、他のサルが決して見向きもしない「熟れていない」果物。あらゆる点で極力競合を避けているようだ。その特性も影響しているのかは定かでないが、ワシントン条約で絶滅のおそれのある種「附属書 I 」に指定されている、文字通りの『希少種』である。ちなみに鼻が大きいのは雄の成獣だが、性的識別以外の理由はよくわかっていない模様。自分がチラッと調べたかぎりでは、“ヌメり”があるのかどうかは確認できなかった。
  • ちなみにテングザルは川縁の樹上生活者でしばしばダイビングをして川を泳ぎ(遊んでいるわけではなく対岸の食物を得るため)住環境という意味でも通仙坊とは生態が異なる。
  • ゾンビパウダーのおやつ
  • 替え玉が仲間呼び寄せかと思ってたが蝉呼ばれた時にやっと理解した・・・あれ、って事は結局仲間呼びは阻止出来ない…?
  • 体感的に、単体としては麒麟の方がまだ強い気がするけど(初挑戦時には既に青オーラだったけど)その分HPも高く、通仙坊の名に恥じないしぶとさを魅せる
  • 範囲属性攻撃と防バフか攻デバフが有れば到達時点でも十分勝負になるけど長引くので息切れしやすい&即復活のせいで面倒臭い
  • オウムを雷属性で倒さなければこいつの素材もちゃんとドロップ枠に収まるはず
  • ひたすらうざいイメージしかない
  • 初見時は柱倒しで鬱陶しがられ、その次はヒポグリフ1キルのためにゾンビにされ、最後は銀断片欲しさに狩られまくる。そんなFOE
  • 意図的に落石を起こす知的生命体ということを考えると、こいつが出てくる階の冒険者の死亡率はトップなんじゃないかと思う
コメント: