■這い回る毒蟲

  • 世界樹迷宮5のモンスター。常に縄張りを往復して見張っている巨大なイモムシ。口元の牙には毒があり、獲物を弱らせるために使用される。
  • 弱らせる(即死)
  • アーモロードの嗅ぎ回る毒竜との関係は不明。
  • 即死級の毒といっても単体対象じゃまだまだ甘い...と感じてしまうのはよく調教されてる証拠。
  • PTによってはすぐ上の階の梟よりつらい
  • エンカウント時の鳴き声が可愛い。
  • きっとでかい毒吹きアゲハの幼虫
  • 頭を封じれば毒牙は使おうとしても失敗する
  • イモムシということは何かの幼虫なのだが、果たしてこの先こいつの成虫は見られるのか(期待)
  • 一層のボスがこいつの成虫だと予想
  • 一層のボスは石像じゃないかな?
  • 動画の切れ端からだとアルルーナみたいな何かに囲まれた女性系のボスだと思うけどね、それは裏ボスかもしれないけど
  • 上の階の梟もだけどⅲの未知なる脅威が流れて凄く懐かしくなった
  • 毒吹きアゲハの幼虫だとしたら、まさか今作の毒吹きさんはFOE…?
  • 炎弱点と毒牙の使用部位の関係上、頭を縛ると攻防両面で格段に楽になる。
  • ↑2 そういや以前、やたらでかいアゲハがいたな・・・
  • 三十路前独りでパソコン這い寄る孤独
  • ↑3 今作TECがINTとWISに別れたから頭縛っても属性ダメージ増えないんじゃなかったっけ
  • 前作は蟲で終わったが、今作では蟲から始まるもよう
  • ↑つまり今作の6層ボスは狒狒…?
  • ↑消える魔球とか撃ってきたりしないといいな~
  • キャセロールにしなきゃ(新2脳)
  • セスタスのフリッカーをレベル3にして挑んだけど、頭縛りが発動しにくい。気魄の楔の頭縛りも発動しにくい。個人的にはフクロウ熊よりも苦戦した。ちなみに五人ともレベル10
  • ↑2Lv3程度じゃレベル上げた内に入らないよ。本気で運用したいならLv1か5か10のどれか三択でしょう。
  • しまったスキル説明文読み忘れていた。↑の人アドバイスありがとうございます
  • こういう縄張り巡回のみで向こうからは何もしないF.O.Eに突っかかるのはいつも申し訳ないと思うのだけれど、それでも要らぬ喧嘩を吹っかけてしまうのがボウケンシャーの業なんです……ごめんなさい(ファイアボール
  • 一番凶悪なモンスターはボウケンシャーなのかもしれないな…
  • ざかざか ざかざか ざかざか ざかざか
  • 希少個体出現率アップの鎌の作成及び強化に必要な素材を落とすため手慣れたボウケンシャーには乱獲されたりする。
  • 芋虫!芋虫!芋虫!ジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!
  • ↑慣れてきたボウケンシャーに踏み台にされるのですね
  • クエストで4体相手にしても苦も無く倒せるようになると、ああ成長したなぁって感じする
  • 初めて戦ったときには戦々恐々としたものだが、気付けば片手間でも倒せるようになっている しかしその頃には別のF.O.Eに怯えている……ボウケンシャーの戦いに終わりは無いのだ
  • ↑そして6層の裏ボスを倒せるようになると、今度は様々な職業でそいつを倒すのだ
  • ペンドラーにどことなく似てる
  • こいつの素材から作られる拳甲を+5にしてリサイクルすると、銀断片が3つ手に入る。FOE装備とは言え1層の装備なので値段も安い。探索帰りに宿屋に泊まる前に2Fへ赴き、通常攻撃でコイツを狩ってまた町に戻る冒険者も結構居る筈。
  • 初心者キラー枠。毒とか放置安t\ドゴォ/
  • ↑とはいえ、慣れているボウケンシャーならできるだけ油断はしないだろう。ただ、自分もバンカー張ったけど後列のウォロに当たって一撃死しましたがね!
  • 慣れたボウケンシャーなら毒の文字を見ただけで失禁し口から泡を吐きながら泣いて命乞いをするレベル。
  • 縄張り巡回のみで向こうからは何もしないとばかり思っていたが、意外と狡猾な面もあったので驚いた。シチュエーションから推察すると、大量に餌が必要な時期だったのかもしれない。
  • 初心者には毒の恐ろしさを教え込み、最終的には銀のインゴット引換券となって最初から最後までボウケンシャーを支えてくれる今作の先生的な存在
  • 回避型フェンサーがプレディクトを連打しているだけで完封できるところも狩りやすさに拍車をかけている。
  • おらっ 銀のインゴットだせ
  • やっと倒せたあああうわあああ・・・ふぅ。こんなん相手に連戦とか無理やで…(諦め)
  • 冒険を始めてすぐの頃「うわあ、F.O.Eだ! 逃げろォ!」 二つ名を取った後「銀インゴットの材料だ! 逃がすな!」
  • クソザコイモムシ
  • 鷹に感謝(鷹の攻撃は頭を封じる)
  • ↑↑「クソッ、ザコイモムシに負けた!」の意。順当な結果ですね。
  • 復活した途端にすぐさま狩られる芋虫を見ていると可哀想でならない…(狩り尽しながら)
  • 鼻先(?)の黄色い部分の造形が、なんか人の顔に見えるような…
  • 鹿とか狒狒とおんなじもんかと思って物理耐性だけ上げて喧嘩吹っ掛けたら回復役が毒のスリップダメージで消し飛んだのは嫌な思い出
コメント: