■巫術:乱疫

  • 新世界樹の迷宮2でドクトルマグスが習得できるスキル。
  • 敵1体に一定確率で毒・麻痺・盲目・睡眠・呪い・テラー効果のいずれかを発生させる。
  • 旧2のカースメーカーのフォースっぽいwwこっちは即死石化は無理だけど
  • レベル1だと本職でも全く入らない…雑魚にすら入らず泣ける
  • まあレベル1バステはどのシリーズでも大抵そんなもん 4は別だが
  • スタンダードで、キマイラに睡眠が2回連続で入った。付着する異常は完全にランダムな抽選ではなく、敵の耐性が低い状態異常が優先的に発生するのかもしれない。
  • 全ての状態異常について成否判定、複数種が同時に成功した場合状態異常優先度の高い奴が選ばれると考えるのが最も自然じゃないかと。
  • ストーリーにおいては数少ないバステ技なこと、効果説明からロマンを感じるという点からレベルを振りたくなる。しかしレアドロップを狙うと今度は複数状態異常のどれが抽選されるかという現象に。おとなしく巫剣のサポに使うのが一番か
  • これ一つ育てるだけで敵の耐性に関わらず何らかの状態異常が狙えるんだから、これほど巫剣サポートに適したスキルはないわな
  • 使うなら是非ともレンジャー等の抑制攻撃ブーストのグリモアを装備したい
  • ↑4成程。耐性だけが影響するわけではないのか。
  • フラヴィオの状態異常矢が1振りで十分な性質上、巫剣トリガーのためだけに取るのはいささか勿体ない
  • 相手を選ばず使えるというのが最大の長所。知らない敵に会ったらとりあえずぶっぱなしてなんか入ればラッキー
  • 長期戦でずっと使えるっていうメリットもある。ほぼ全状態異常を付与可能だからかなりの回数異常を入れるチャンスがある
  • 4までだとキュア1回分で発動出来、やはり全状態異常無効は早々いないのでマスタリーで取得分では強い。
  • 伝説乱疫をフラヴィオに装備させる運用方法
  • 呪いが使いづらいな 状態異常上書きする効果もあるみたいだし
  • 一部入っていない物もあるがランダムで異常を撒くという点に着目して「踊り狂え」と唱えつつ使うとよーこたん気分が味わえるかもしれない
  • 盲目、毒などの耐性持ちが少ない、優先度低いバステならこれ一本に頼っても問題ない程度は入る。問題は呪いやテラーが狙ってないときにばかり入ってしまうこと……ソウルリベレイトで解除するか治るのを待つしかない
  • Xでシカのサポートにマグスに使ってもらう予定
  • 手持無沙汰で使ったときに限って呪いで状態異常を上書きしちゃう困ったちゃん
  • 呪で上書きされたくない(既に他の異常が入っている場合)はこれを使うより巫剣で攻めるほうがいいと思う。まあ、Xは条件泥狙いの際削り切れず失敗とかあるので少しでも敵を弱らせるためのトリガーとして開幕に放つのもアリかも(長期戦に持ち込むなら耐性も戻るだろうし)
  • 状態異常の入っていない敵に巫剣を使いたいときに使うスキル。巫剣のトリガーやナイトシーカーのサポート以外での用途では他のバステ技に劣るところしかないので、素直に他のスキルを使おう。また巫剣主体のドクトルがこれを伸ばしていると、他のバステ職に依存せずに巫剣を使えるようになるので割と役に立つ。
  • これって各種状態異常をヒットするまで1回ずつかけてるのかな? それともランダムに選ばれた1種を1回だけかけてるのかな?
  • ↑後者だな。つまり毒に耐性を持ってる敵に対して毒が選ばれ不発るなんてのもざらなんで過信は禁物
  • 仮に「優先度の高い方から順に判定して付着したらそこで終了」だったとしたら 大体優先度が高くて耐性が低い呪いが付着することになり、それならもう最初から呪い付与スキルでいいよ、となる微妙スキル
  • なーんかスキルレベル最大にしても付着率が微妙すぎんだよねぇ...
  • 雰囲気を残しつつ使えるようにするには相手の一番耐性の弱い状態異常限定にして成功率をそこそこにする感じでどうだろう?一番弱い耐性だから体感的にはかかりやすいという感じで
コメント: