■医術防御

  • 新・世界樹の迷宮に登場するメディックのスキル。
  • 3ターンの間味方全体の属性防御力を上昇させる。スキルレベル上昇により効果ターン数が延びる。
  • パラディンの3色ガードがあるせいか、ここぞという使いどころが難しい
  • パラディンのいないパーティーなら取って損はないというか敵の属性攻撃の威力を考えるとむしろ絶対取るべき
  • 新世界樹だと物理攻撃に対しては効果が無くなった
  • その没落っぷりは新世界樹が発売された後にここにくるレスが悲しい事になっているあたりでお察し。
  • 性能そのものはわりと凄い。ただしこれにSP振る余裕がない。仮に振ったところで意外に忙しいサイモンでは使う暇もない。挙句の果てにデフォでパラディンラクーナさんがいるので、使う理由さえない。
  • 強烈な三色属性攻撃はパラディンで、カバーしきれない攻撃(読みが外れたり複数回攻撃だったり)にはこちらで。
  • 時々すごく役に立つスキル。とりあえず振りたいスキルを振り終えて余ったら医術防御に回しとくといい
  • ストーリーではラクーナのせいで空気だがクラシックでパラディンがいない場合とてつもなく重要
  • どちらかというとザコ戦で輝くスキル。パラディンの属性ガードはターン中に一度の攻撃にしか反応しないので、集団で一斉に属性攻撃を仕掛けてくる相手にはコチラで。……エキスパートだと押し切られるけど。
  • 効果は4の防御陣形IIとほぼ同性能。使い方もそれに準じた感じで良い。
  • 密かに医術防御「l」から無印に変わっている。あの凄まじいほどの効果のある医術防御とは別物なのだ、ということなのだろう。
  • 無印のは文字通り歴代世界樹最強防御バフだったからなあ、
コメント: