■不意打ち

  • 世界樹の迷宮シリーズに登場するシステム。戦闘突入時の敵からの先制攻撃を取り分けこう呼ぶ。
  • 世界樹の迷宮2の採集ポイントからの「ああっと!」による不意打ちが一番有名かと思われる。
  • そういえば4だとイベント以外で不意打ちにあった記憶がないなー。確率が下がったのかな?
  • 中には単独で出現すると必ず不意打ちをしてくる敵がいる。これはスキルを以てしても防ぐことが出来ない。2のイビルアイが有名か。
  • ↑2 2層のホロウ以外に不意打ちを喰らってない俺が通ります。石像?知りません
  • 4の初回プレイでは↑×3の人のようにイベント以外で不意打ちされた記憶が無い。2回目のプレイでは忘れた頃に不意打ちされるような状態に。
  • Ⅳにおいては頻度はさほどでもなくなったが、不意打ちからのワンチャンhageの危険性は相変わらずである。
  • 強制不意打ちはⅠから存在し、クエストボスのゴーレムや六層FOEの深淵を舞う者が該当
  • 4だと一周目は全然不意打ちに遭わなかったけどカジュアルで早解きを目指したらなぜか不意打ちで6回もhageた。レベルが低いと結構発生するっぽい。
  • NPCのレベルまで行けばさほど不意打ちは来ない?
  • 他のRPGでも存在するお馴染みのシステム・・・であるのだが、凶悪なモンスターが多数存在する世界樹では致命的なダメージを負うシステムになっている。
  • 不意打ちの時はフィールドのどこだろうが、真紅の花びらのグラフィックがある。フィールドによっては妙だ。
  • LVが低いと不意打ちされる確率も上がるので、ただでさえ辛い戦闘が更に厳しくなる。
  • ↑2 先制の緑にも言えることだけどいったいどこから来たんだ、と思うことあるよね
  • 新世界樹では不意打ちされると戦闘BGMの最初にギターがかっこよく流れる。しかし聞きほれる間もなく大体hageまたは壊滅状態に
  • こちらが先制を取った時もそうだが、曲によってはイントロのみならずAメロの部分もアレンジされたりする。全バージョンがサウンドテストに収録されている。
  • 40くらいあったのに森ネズミ相手に不意打ちされたんだが新はレベル関係ないん?
  • エキスパートだからじゃないかな。予想だが
  • foeの位置調整をしている時に赤いエンカウントが発生すると若葉が見える
  • ↑そんなことしなくても不意打ちされた時点で大体若葉を見てる件
  • 4と比べて不意打ちも先制も増えている いいことだ
  • 新では4においてオミットされたFOEに後ろから突っ込んだら100%不意打ちが帰って来た。まあ、がっつり向き直ってるのに何故不意打ち? とは思うが、個人的には嬉しい
  • デモンドレイクは、次の攻撃に備えた。
  • ↑群れの中に希少種がいる!
  • ピーポーピーポーピーポー
  • ↑6層不意打ちはヤメロォ!
  • 新1のボッシュート、新2の警報、5の救急車と6層のイントロはやたら特徴的なフレーズで印象に残る そしてすべからくhageる
  • 君は不意打ちされなくてもhageるような気がするかもしれないが、それは気のせいではなく事実であり、別段世界樹では珍しくないことなので、逆に考えるんだ、hageちゃってもいいさ、と考えるんだ。
  • こうしてまた、よく訓練されたボウケンシャーが誕生する。深遠なる大自然(世界樹ともいう)の営みである。
  • ダイナモサンダー
  • 敵の対処法がわかれば雑魚戦で壊滅する要素も不意打ちか逃走失敗ぐらいのものである。しかし行動出来なくては対処のしようもないのでスキルや装備で不意打ち自体を減らすしかないだろう
コメント: