■金剛獣ノ岩窟B2F 鋭き氷塊、その歩むべき路を開く

  • 世界樹の迷宮lV・第3迷宮B2F。
  • 発熱状態のウロコが重なるマスには侵入できないことを学ぶ階層
  • 大ダメージを「フィールドで」受けやすいので回復歩行なり何なりのご用意は万全に
  • 地脈操作と回復歩行を覚えておけば熱も事実上無効である
  • 西の端に人型の石像がある。石化したボウケンシャーかと思ってびびったが、イクサビトが作ったものだった。でもそれだと花を手向ける必要が?お地蔵さん的なものだろうか。
  • ああ、もしかして最終盤のあれってこの時の石像意識してたのかしら。まさかね…
  • 最大の罠は1Fより先にこちらに到達してしまって街の会話を聞き逃すこと
  • ↑調べてみたら、どうやら会話変化のトリガーは「入口でワールウィンドと会話→キバガミと戦闘後」の順番で変化するので、どちらから先に入ろうと会話に変化はないと思われる
  • 西端の石像へのお供えとして選べるのは小さな花・仙鶴人参・金蓮花。いずれもこの迷宮内では採集できない。なぜだ。
  • その辺にある物お供えしても有り難味ないだろ!
  • ↑すごい納得した。
  • 石像イベントは準備がめんどくさいうえに3回も行う必要があり挙句の果てに報酬は第二迷宮で作れる槌というまったくうれしくないもの。いくらなんでもこれはないんじゃないの
  • フロアタイトルは下の階のフロアと対になっている。
コメント:


■関連項目(階層)