■アナライズ

  • 世界樹の迷宮4に登場するバーストスキル。
  • 敵単体の全ての図鑑情報を得る事が出来る
  • 平たく言えばFFのライブラのようなもの。
  • なお、桐条先輩やクマに頼んでやってもらうものではない。
  • 条件ドロップアイテムをチェックする、モンスターの弱点を調べる、攻撃パターンの推測をつける…など戦闘での恩恵は多い。初めて見る敵には是非。
  • また、初見のボスに使ってメモして負け、二戦目で対策がちがち、なんて芸当も可能。まあそれでも負ける時は負けるんだが。
  • メガテンSJのようにアナライズに度数はないため、MAXになるとダメージを増やすスキルがあったりはしない
  • 色々試して自分で見つけてこその世界樹! と言う人には見向きもされないスキル
  • ベルンドちゃんのスリーサイズをアナライズできる日は来るんですか!!
  • フッ 戦闘力200か…
    さほどでもないな
  • ↑やめろwww
  • ↑↑hageフラグを立てるなww
  • 200てw
  • 眼鏡さん:「アナライズの結果、戦闘力はさほどでもない事が判明したよ」
  • あなたが言うと説得力がありますね(棒
  • オレルス「アナライズのバーストスキルは僕が開発したんだ とても正確な情報が見れて便利だろう?」
  • 君達は何故エトリアであんな不完全なアナライズをしたのかと責めてもいいし、今回の図鑑のアーマービーストの事を問い質してもいい。
  • レアドロップの条件がアイテム名から推測できる。ゲーム内で情報が完結するのはいいことだ
  • そこで「呪われたうんたんかんたん」という文字を目にして精神が軽くhageたりもする。
  • しかし肝心の南瓜のレアドロ辺りは従来通りの名前なため推測ができない分質が悪い
  • アナライズしても変化なし…腐ってやがったか
  • 個人的使わないバーストスキル筆頭
  • 観察兼図鑑記録担当の眼鏡メディ子に使わせてた。
  • 敵シールド分析完了、モニターに表示するよ!
  • オランピアさんorアンドロズが嬉々として使いそう
  • これの使い過ぎで、「どのモンスターのレアドロップを入手したかわからなくなる」事なき用ご注意を(一応アイテム辞典でも推測はできますが…
  • ↑3 スリッピー懐かしいw
  • 未知の世界を探検する感じが出て良い感じだが、2週目以降は使うことはないだろう
  • 某ヘ○ーハ○ーマリオRPGのクリスチーヌ思い出した
  • なぜかよく黒霧とつけ間違える。なぜだろう
  • バーストスキルの仕様上、自分の行動を消費しないので使いやすい。
  • 高速アナライズという技のあるゲームがあったな
  • 最後に技を出すと威力が1.3倍になる夢特性とは関係がない。
  • 世界樹5でも続投。デフォ習得スキルとなっており、1人でも行動可能ならば迷宮探索初日に初遭遇したモンスターでも安全確実にデータを判明させられる。なおアナライズでゲージを消費するか、解析グラスで行動を消費するかの悩みも引き続き存在する。
  • 発動順が把握できているなら1ターン目にアナライズし、続けて全力逃走して安全にデータだけ頂いていく真似もできる。
  • 5のアナライズは初期4種族がLv1で習得済み、コスト1で使える。そして情報登録は"一時的に行われる"とあるように、正式に図鑑に登録するには敵を倒して戦闘に勝利する必要がある。条件ドロップアイテムも同様。
  • 使っただけだと登録されてないという点では穴だけど手に入れてないものはそのままなので残りにくい穴
  • 初見のFOEとかボスにはとりあえず最初のターンに使う程度には重宝してます
  • 条件ドロップを取得済みかどうか分かりづらいという欠点がなくなっているという意味ではむしろ強化
  • Ⅳの時は眼中にもなかったけど今じゃ初見相手にこれなしじゃ安心できない病になってしまっている
  • 通称ジェネッタスペシャル
コメント: