■剣士の心得/極意/悟り

  • 世界樹の迷宮4のソードマンのクラス固有スキル。
  • みずからが先陣を切ることで、続く味方の攻撃力と命中率を上昇させる
  • 心得→極意→悟りになる毎に命中率とダメージ量がUP
  • ソードマンが最初に攻撃すると発動なのか?行動速度だけで見るとナイトシーカーやスナイパーなんかの方が速そうなのでそこんとこちょっと気になるスキル。
  • ↑黒髪ソド子が「うおりゃー!!みんなついて来い!!」みたいな感じで勇敢に走っていくが、足が遅すぎて他の仲間たちに追いこされ、ひとりぼっちになって涙目になっている場面が思い浮かんだ。 それにしても実際どういう効果なんだろう。
  • ↑↑そこでヴァンガードですよ
  • ソードマンが最速行動で攻撃できるDQでいうしっぷう突きみたいなのがあった
  • ステータスでのAGIトップはやはりシーカーっぽい。Lv5まで育ててみたが14まで成長した。が、上記の通りヴァンガードのおかげで最速行動になる事ができるため鈍足は気にならない。
  • ブーストによる最先制攻撃にも効果あるみたい。
  • システム的にはソードマンが殴った敵の防御と回避をそのターン内だけ下げる感じ。結果として後に続く味方のダメージが増え、当たりやすくなるということ。
  • ソードマン専用の最強防具と相性が良いので、そういう意味では最後まで役に立つ。
  • 神速のチョーカーという選択肢も
  • 強化されるのは後続なので「なんかソードマン火力足りない……」と感じることが多い。が、後続の与ダメージの3/13はソードマンが与えていると考えると、実は見かけの後続の与ダメージ*0.54<見かけのソードマンの与ダメージであれば、ソードマンのほうがダメージを与えていることになる。減衰を考慮すればもう少しハードルは上がるが、不憫と言えなくもない
  • ソドに攻撃バーストスキルを使わせると結構愉快なことになる。お試しあれ
  • 縁の下の力持ちって感じのスキル。
  • ソードマン自身がバーストで攻撃した相手に追撃すれば、ソードマンの攻撃力と命中率も上がる(対ホロウなど)。スキルを問わないのでソードマンが全体印術や衝波を使えば敵全てに適用される。工夫しがいがあって確実に効果がある良スキル。
  • ソドモフジオイン+リンク○○は実に愉快
  • DPT(Damage Per Turn)の限界に挑むために
  • サブシカでメイン武器を貫通、サブ武器を拡散にすればTP0で最大4体にばらまくことができる。
  • ↑メインサブ共に拡散にして前衛→後衛と殴れば6体いける、そんな敵軍勢があるかどうかは知らんw
  • まあそんな風に殴ることはできないんだけどね
  • 常時ソードマンがいるPTでは効果が実感しにくい不憫なスキル
  • ソードマン本人の火力は先駆けの功名で強化しましょう。
  • あるとそれが当たり前になるが無いと実感が湧く、失って初めてその大切さに気づく失恋した恋人みたいなスキル。とくに命中補正はペリのドライブの使い勝手すら左右しかねないレベル
コメント: