■ツスクル汁

  • ツスクルがかけてくれる回復の水の通称。
  • 回復の泉から汲んできたものなのか、ツスクルが作ったものなのか、どう考えるかはプレイヤーの自由である。
  • 作中では回復の泉の水を持ち運んでいると説明されていたが、同じことが冒険者に出来ずツスクルには出来るあたりに何か秘密があるような気がする。
  • 入手できるタイミングは二度。3Fでのスノードリフト撃退前と10Fでのケルヌンノス撃退前。いずれもレベル上げにもってこい。
  • 回復の泉と言われようが、メディカと言われようが、俺は黄金水と信じる。
  • 女の子に汁をぶっかけられて喜ぶなんて、このヘンタイどもめ!
  • オレにとっての白亜の供物
  • 健全に考えればマラソンなどの給水所のイメージ。フォレストランナーたちはぶっかけて使うが…
  • ツなんとかさん、スノードリフト戦前には本当にお世話になりましたありがとうございます。
  • おそらく、ツスクルが回復の泉の水をガブ飲みして体内でB4Fまで輸送したのではなかろうか。……どうやってボウケンシャーへかけるのか?こまけぇこたぁいいんだよ!
  • そこまできたら口移しとかがいいんじゃないkうわなにをするやめr
  • こんな項目あったんだww用語辞典らしくていいと思うなあww
  • とんだ淫語辞典だなwww
  • よくもこんなキチガイ項目を!(称賛
  • 戦闘不能の回復ができるので、回復の泉の水と異なることは明白
  • エロ自重願う
  • ↑自重厨乙
  • いやいや、俺はネタとかエロとかいいからちゃんとした項目にしたいっつーてんの。わかる?
  • この項目は昔からあるから今更だし項目名からしてエロネタに走りやすいから。そういう自重はもっとほかにすべき項目があるはずだよ
  • ↑↑こまけぇこたぁいいじゃねえか!まぁ確かに最近その手のものは「自重しろ」って言われる気風だけどな。
  • エロを自重するべきというよりノリで書き込みしまるのを自重した方が良い。ガンリューとかウーファンみたいやつ
  • ↑4
    気持ちは痛み入るが・・・・
  • ↑全 つまり、エロ・ネタ・ノリの三点縛りというわけだな
  • ↑だれうまw
  • ↑4はげど。アレは他人が見て何も面白くないがこれは何年も前からの恒例行事
  • 答えを聞けてよかった。恩にきる!
  • ちゃんとした項目と言っても、ツスクル汁と言う通称自体がだな
  • ↑そう!残念だがこの項にエロ自重という言葉はないぜ! というわけでちょっとツスクルにぶっかけてもらってくる。
  • ↑いってらっしゃーい(パタパタ
  • ↑1,2 ※いつもの光景である
  • 500mlのペットボトルとしてオークションに並んだらと思うと・・・財布が尽きるまで 戦うのを やめない!
  • 幸か不幸か、回復の泉はエトリアにのみ湧いているため、今のところ、ライシュッツ汁やフロなんとか汁、クジュラ汁にワールウインド汁は登場していない。
  • ↑クジュラ汁の通称は「苦汁」ですねわかります
  • ↑2 ツスクル汁のよく提唱されてる輸送手段と同じだとしたら……なくて本当によかった
  • ↑4「素材の味が生きている」とかいう感じで売り出されるんですねわかります
  • フローリングさんだったら、そのまま「風呂の残り湯」でいいよ…オエ。
  • 4で世界樹デビューの私がツスクルという単語を目にした時、ふとRPGツクールを思い出した。
  • ↑6 キバガミもいれてやれぃ
  • 新世界樹でもツスクルはぶっかけてくれるのだろうか
  • さあ!回復してやろう!
  • アスミスボイスで回復量1.5倍!※個人の感想です
  • ↑4 肉汁ですねわかります
  • 新世界樹でも出てくる。違いはボイスが入っているくらいか。
  • 結局彼等はこの階層でやられることがないぐらい強いため執政院から許可もらって大量の回復薬を買い占めて隙があればレンが補給に回っているという支援説を信じたい
  • ツスクル曰く「樹海の奥で採れる不思議な水」らしい
    ああ樹海の奥ってそういう
  • ↑ツスクルちゃんに樹海なんてものあるわけないだろ!!いい加減にしろよ!
  • ↑ツスクルが持ってる汁は何も本人の汁とは限らない、つまりレンのものである可能性が微レ存
  • 4の赤いぶよぶよとツス汁でフルコースにも負けないごちそうが
  • ↑兵士「それはほんとうかい!?」
  • ↑なぜか5で新職業のコックとして暗国ノ殿をめざす謎展開が
  • ↑兵士「本当にあの食べ物はあったんだ!」(感動)
  • 授業中寝ながら考えたのが蒸留とかして泉の成分の濃度を上げたやつっていう設定
  • かけるのか飲むのか それとも・・・
  • 某濃い小水みたいに実際に販売されたり…しないか
  • 某ポーションやとろとろスライム的な凄まじいお味になるのが目に見えているしプレイヤーの御想像に任せてほしい限りである
コメント: