■パッシブスキル

  • 世界樹の迷宮に登場するスキルタイプの1種。
  • 修得しているだけで効果を発揮するスキルのこと。「先制ブースト」「白刃取り」「博識」等、多くのスキルがこれに該当。
  • 発動をコントロールできないため、うかつに覚えさせると厄介なスキルもある。とくに1や2では正しい効果が発揮されないものがあるので・・・
  • 習得しているだけで効果がある。つまりその効力を使用するのにTPが必要ないスキルである。ゆえに、地味ではあるが長期の探索などで効力を発揮する。
  • あまり話題には上がらないが、バランスブレイカー一歩手前な強力スキルも結構多い。
  • モンスターも使用。Ⅰ・Ⅱではゴーレムの復活くらいだが、Ⅲでは死に際の最後っ屁として増加。ヤドリギやカミナリオコシ、カミキリオンなどhageに直結しかねないものもあるので、倒すときも気を払わないといけない。
  • ホロウ系の異様に高い回避率も扇の舞のようなパッシブが原因か
  • 初めてこの単語を見たときに、バッシブと読んでしまった人も少なくない・・・ハズ
  • 3、4でぶっ壊れたキャラを作る原因は大体パッシブのせい。1、2は倍率が高くスキルなどの底上げな意味合いが強い。 新世界樹ではグリモアがあるせいかブースト系パッシブは弱化した模様
  • 弱体化してるか定かではないがレンジャーにエフェシエントのスキルと同名のスキル入ったグリモアを持たせればかなりの回復力になる。アイテムに限りがあるのが痛いが
  • 血の暴走や一刀両断等、一見便利なパッシブが地雷と化すことも。主に蟹が原因である。
  • ↑状況次第で地雷になりうるパッシブは昔からある。介錯とか、介錯とか、あと介錯とか…
  • 4の先制挑発もそうだな。雷竜だけでなく終盤の敵に対してむやみな挑発は危険
  • ↑↑蠱毒の極、無我の極、死地の心胆、介錯、オーバーヒート、チェイスバインド、ワイドエフェクト、先制○○(羅刹以外)、血の暴走、ペネトレイター、一刀両断 地雷になりうるのはこれだけかな?まあ最初の3つはバグだけど
  • 先制ブーストが地雷になりうるとな
  • 先制羅刹も邪魔になることがないこともない
  • あと忠義の心
  • ペイントレードや夢想神楽で要HP調整なPTにハーベスト、戦後手当など。個別にみてくと罠な状況は結構ある。
  • 追影の残滓も起きてほしくない場面はある。赤獅子とか花びらとか…。
  • ↑同じ理由でチェイスバインドもね
  • ↑5先制羅刹→他の先制スキル ってなった時の損してる感は異常
  • ペネトレイターは防御しておけば何ともならないけど血の暴走と一刀両断は勝手に蟹を怒らせちゃったりする。
  • 積み上げたパッシブスキルにまかせて通常攻撃で押しつぶすキャラ構成がしばしば生まれる。少なくない数のプレイヤーがその愚直さに惚れ込んでいるのだろう
  • パッシブがマッシブに見えた
  • 序盤はこればっかり上げてしまう
  • STATUS EXPANSION パッシブーン
コメント: