■蒼駆けし翼は忘却の罪痕

  • 世界樹の迷宮2のクエスト。
  • 公国呪術院からの依頼で「世界樹の使い」と呼ばれる者に供物を渡し、 呪術に使う香を貰ってきて欲しい、というクエスト。
  • 手っ取り早く売ってしまってもいい。報酬はショボくなるが・・・
  • 渡す予定の供物を持ったままだと店に入るたびにシトト嬢にせっつかれて非常にうっとおしい。
  • 3回プレイしたけどそういえば一度も世界樹の使いて見たことないな...
  • 「どんな強敵にも迷宮の仕掛けにもビビったことはねぇ…。常に勝利してきた…。」という猛者のアナタでも思い出すだけで戦慄をすること受けあいの、ある意味最強のクエスト。「実はもうすぐお父さんの誕生日だから、もしゆずってもらえたらって勝手に思っちゃって…」うわ、シトトちゃん、やめて、そんな期待に満ち溢れたキラキラした目でまっすぐ俺を見ないで…、やめて、やめろ、や、ヤメ…ロ…。君は「そそそ、そんな真剣に頼まれたら(頼んでません)…、こ、断れないじゃない…。/////」と風石を譲ってしまってもいいし、「イカン!」とか叫んだ後、太ももに苦無でも突き立てて「本当にすまないけど依頼人からの預かり物なんだ。」と遅すぎた爽やかさでやんわりと彼女をなだめてもよい。
  • 珍しい物を見つけた途端、「くれ!」ときたもんだ。天然なのか目敏いのか知らないが、この図々しさ(腹黒さ?)ならシトト交易所は安泰だろう。正直怖ェよ・・・
  • シトト嬢、お父さん大好きなんだなぁ。優しい子だ。純粋に何とかしてやりたいのだが野球ロボットならぬクエストロボットには譲る踏ん切りが付かない。歴史の偉人ならここで120%の答えを出すのだろうが、凡人というかゲームの仕様上ではそれができない。大体、日頃こっちの不要物ばかり押し付けてる癖に本当の意味での要望に答えられないとは何事なのか。もどかしい。こちとら日本は罪の文化ではなく恥の文化の国なのだ。仮にⅡがリメイクしたら、後ろめたいことなく彼女に風石を渡して良い誕生日を迎えられる方法も入れて欲しいもんである。…まぁ、こういう精神的な揺さぶり?を楽しんでもらおうというのが製作者方々の狙いというかアトラスのテイストなのだろうけどな!
  • 問題の香は「甘い匂いがする木の枝」らしい。イメージ的にはチンパンジーやオランウータンが持ってる木の枝。
  • 何度も逃げられるので非常に手間がかかる。そのくせ報酬はクソ。諦めてひまわりに売ったら酒場のオヤジに悪党呼ばわりされると、散々なクエスト。
  • あの翼人が供物をどうするのか気になる。やっぱり、「あま〜い!」とか言いながら舐めるんだろうか。
  • 売ってもたった200エンの供物(笑)
  • ↑×7 笑わせるなよw
  • だが断る。
  • 翼人とっとと受け取れよおねがいします。
  • ……じつは翼人ってガッチャ○ンじゃねーの?
  • 悩み抜いた挙げ句、幸運のネックレス全員フル装備したら、2回目で受け取ってくれた……(涙目
  • 飛べ! 飛べ飛べガッチ○マ〜ン♪(飛ばないでください
  • 努力次第で供物を変えられるなら良かったんだがどちらを選んでも罪悪感が拭えない精神的地雷クエスト
  • 「いつもおやっさんにはお世話になってるからさ!(キリッ」と風石をプレゼントすればまだ良かったものを、なまじっかシトト嬢から代金を貰ってしまったが為に「目先の利益のために依頼の品を売っ払った」カンジになってしまったような。
  • 糸買いにいってちょっとA連打したら売っちゃって「えぇ~・・」となったのはいい思い出
  • 新ではちょっとしたアレンジが加えられ、店に入る度にせがまれることはなくなった。旧作で悩みに悩み抜いてもなお100点の答えを出すことのできなかった先人達へのスタッフからのフォローと言えるか?
  • 呪術院怖い
  • 今回は売りつけようとしても買い取ってくれない。しかも報酬がショボくなるオマケ付き
  • 目的地は行き止まりにあると思ってると絶対見つけられない
  • ↑絶対袋小路にあると思い込んでしばらく瞳と牙の祠しか見つけられなかった奴がここに。あんな地味な角にあるとは・・・
  • 見えなくなるまで下がる→下がれるだけのスペースがあると考える事ができるかが鍵。それを前提にすれば袋小路は早い段階で候補から外れる。
コメント: