■宝箱

  • 世界樹の迷宮シリーズに共通して存在する仕掛け。調べることで中のアイテムを入手できる。
  • 3では中身を取り出したかどうか一目で分かるようになった。
  • 現在の所ミミック的なモンスターはいないが、調べようとうかつに近づいたところで襲いかかるタイプの罠は存在する。
  • 中身は消耗品が大半でたまに現金など。装備品が入っていることはほとんど無い。
  • ↑2以降は、装備品が入っていることが多くなった気がする。また、3では一品物の装備が入っていることも結構ある。
  • 1、2での中身の有難さはボアスピアソードが頂点だった…という気がしてならない。
  • 2の6Fのブロードソードや11Fのカットラスなども重宝する。しかし確かにボアスピアソード・・・
  • 防具なんかも大抵その時点で店売りしてるものより優秀なものが手に入るんだけど、ちょっと地味なんだよね…でも2の特定職のみは入れる部屋内の装備はなかなかステキだったと思う。
  • 誰も足を踏み入れた事のないはずの、樹海の最深層にも存在する。一体だれがそんな処に用意したのか。
  • ↑セルやらヨーコたんやら魔なんかがいそいそと……
  • そもそも3の6層って魔の体内・・・
  • 食ったのか?転送装置の故障か?フカビトからの供え物か?疑問は尽きない。
  • 6666enの罠。
  • 1は5層までのものには芽が出てるが、6層のには出てない
  • ↑6層は完全に汚染残ってるからかね?
  • 2の宝箱はなんだかよく分からない不思議な形をしている。
  • 3の6層の物には目玉が……。
  • Ⅳでは開かずの宝箱がある。最初に見た時点ではどうにもならないので、忘れないようにメモしておくのが吉。
  • ↑一応3にもあったよね
  • 3でそこかしこに(6層にさえ)点在する割引券…。つまりネイピア店主こそが裏で暗躍していた黒幕なんだよ!!
  • ↑な、なんあd
  • ↑↑おい……おい!
  • ↑↑↑世界樹が発見されてから大儲け、年齢にそぐわぬ外見、間者(妹)を深都に派遣、これらの符号が意味するものは一つ…!
  • ↑モンスターか
  • 新世界樹ではグリモアの入った宝箱も出てくる。有用なのもあるので、鑑定してもらおう。
  • 2の宝箱はもはや宝箱ではない。どうやって開けているのだろうか…
  • 無い金はたいて新調したばかりの装備品が入っていたときの虚しさはさほどでもない
  • 樹海に他冒険者の死体が落ちていてそこから使えそうな品物を頂戴するという方式なら、”なんでこんな所にこんなアイテムが?”という疑問を解消できそうだが…
  • ↑の方式で行くとすると、宝箱がすでに開いていると分かるのは、ボウケンシャーが弄った死体を覚えているのか、それともぱっと見で分かるくらい死体が…。恐るべし、ボウケンシャー…
  • なんだかんだで開けるときはわくわくする。RPGの楽しみの一つと言える。
  • 宝箱マークが追加されても四つ葉置いちゃうボウケンシャーもまだいるのではないだろうか
  • 新2では宝箱アイコンを置くと開封済みかどうか地図上で分かるようになった。ちなみにこのシステムはペルソナQからの逆輸入である。
  • 探索中でhageて毎回フルコンプ称号取るときに苦労してたから初めて見たとき感動を覚えたわ
  • ↑上から3つ目 とうとう新2でミミック的なFOEが登場した。だがエネミーアピアランスに反応するのでバレバレである
  • 一度開けたら用は無いからアイコンを置かない人も多いだろう。自分は2以降は黄色で塗って線で囲ってた。
  • ついにVで開けたらモンスターが出てくるタイプの宝箱が出現。
  • 新1か新2にミミックがいなかったっけか
  • 箱アイコンを置いた上さらにメモアイコンで中身を記録するボウケンシャーは結構な数がいる。hage後の取り直しや引き継ぎニューゲームでないと実利的な恩恵はとくに無いが、そういう理屈じゃない冒険の軌跡を書き残しておきたいんだというタイプも割合としては少数だが居る。
  • ↑5 エネミーアピアランスどころか、部屋に入った瞬間に他のFOEと同様ピコンと鳴り、宝箱から「!」まで出てくる。隠す気ゼロ。笑
  • ↑とは言えどんなに部屋が広かろうと部屋に入った瞬間しか反応しないため、結局最後の方の奴らはエネミーアピアランス頼りのマインスイーパーをやる必要がある
  • 隠しエリアの見落としが多過ぎて、宝箱コンプが裏ボス撃破後になる人もいる。俺です
  • ↑↑実はFOEの方は微妙に明るいのでよーく見れば宝箱と混じってても判別可能という
  • 4の鍵なし宝箱は2種類の形があったけど何か違いがあったのかな?
コメント: